ネットワークエンジニアとは何か?スキルと業務内容を解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

目次

ChatGPT研修サービスのご案内

1. ネットワークエンジニアとは

1.1 ネットワークエンジニアとは何か

ネットワークエンジニアとは、ネットワークに関わる様々な業務を担当する専門職です。主な業務は、ITインフラの基盤であるネットワークの設計、構築、運用、管理などです。

特にビジネスの現場では、インターネットや企業の内部ネットワーク(イントラネット)の適切な運用が不可欠となりますが、それらを支えるのがネットワークエンジニアの役割となります。

ネットワークエンジニアはITコンサルタント、システムエンジニア(SE)、システムデベロッパーなどと並ぶ、IT業界の中核的な職種の一つです。

1.2 ネットワークエンジニアが果たす役割

ネットワークエンジニアが果たす役割は、大きく分けて三つあります。一つ目は、ネットワークの設計・構築です。企業の業務効率を向上させるためには、適切なネットワークの設計と実装が不可欠です。

二つ目は、ネットワークの運用・監視です。ネットワークが安定して稼働し続けるためには、常にネットワークの状態を監視し、障害が発生した場合は迅速な対応が求められます。

三つ目は、ネットワークの最適化です。業務効率やセキュリティ向上のためには、常に最新のネットワーク技術を取り入れ、ネットワークシステムを最適化することが求められます。

1.3 ネットワークエンジニアの仕事の流れ

ネットワークエンジニアの仕事は、プロジェクトの始まりから終わりまで、多岐にわたります。まず、必要となるネットワークの種類や規模、システム要件などをヒアリングし、それに基づいた設計を行います。

次に、設計に基づいてネットワークを物理的または論理的に構築します。この段階では、様々なネットワーク機器の設定や組織内のPCやサーバの接続設定など、具体的なハードウェアとソフトウェアの操作が含まれます。

ネットワークの構築後は、安定した運用を実現するために、定期的なメンテナンスや状況監視、不具合のトラブルシューティングを行います。ここでは、技術的スキルだけでなく、柔軟な思考力や迅速な意思決定能力が求められます。

1.4 ネットワークエンジニアに求められる基本的な知識

ネットワークエンジニアには、コンピュータネットワーク全般に関する深い知識が求められます。具体的には、TCP/IPやLAN、WAN、ルーター、スイッチといったネットワークに関する基本的な知識や技術が必須です。

また、セキュリティに関する知識も不可欠です。情報セキュリティに関する知識や、ファイアウォールの設定・管理、VPNの使用など、ネットワークセキュリティに関する深い理解が求められます。

さらに、IT業界の最新トレンドをキャッチアップし続ける能力も必要です。クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、モバイル通信などの進化に対応するため、常に新しい知識を学び続ける姿勢が求められます。

2. ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアとは、インターネットや企業内のコンピュータネットワークシステムを設計、構築、運用する専門家を指します。業務は幅広く、必要なスキルも多岐にわたります。

この専門分野では、効率的かつ安全な通信環境を保つために、ネットワーク機器の選定から設定、保守、トラブルシューティングまで、多様な業務に対応することが求められます。

以下では、主な仕事内容について詳しく解説します。

2.1 ネットワーク設計・構築

ネットワークエンジニアの主な業務の一つが、ネットワークの設計と構築です。これは、企業のビジネスニーズに合わせて、最適なネットワーク環境を創り上げるための作業です。

設計段階では、企業の要望や業務内容に合わせたネットワークの構造を考え、必要な機器の選定や設定を行います。構築段階では、設計した通りにネットワークを組み上げ、作動確認を行います。

ネットワーク設計・構築は、広範で緻密な知識とスキルが求められる重要な業務です。

2.2 ネットワーク監視・運用

ネットワークの安定運用を保つために、ネットワークエンジニアは絶えずネットワークの状態を監視します。これは、通信速度の低下や接続不良など、ネットワークに異常が発生しないようにするための作業です。

異常が発生した場合、それが何に由来するものかを素早く特定し、適切な対応を行います。また、予防的な観点から定期的なメンテナンスも行います。

安定したネットワーク環境の提供は、企業の業績や品質向上に直結するため、非常に重要な業務です。

2.3 ネットワークトラブル対応

ネットワークエンジニアの大切な業務の一つが、ネットワークトラブルの対応です。トラブルは予期せぬタイミングで発生するため、エンジニアはスピーディな対応を求められます。

トラブルが発生した際には、まず原因を特定します。それによって解決策を立案し、問題を修正するための実際の作業を行います。

高いトラブルシューティング能力は、ネットワークエンジニアにとって重要なスキルの一つです。

2.4 ネットワークセキュリティ管理

企業の重要な情報がネットワークを通じてやり取りされる現代、セキュリティ対策は必須の業務となっています。ネットワークエンジニアはこれを管理し、情報漏洩やサイバー攻撃からネットワークを保護します。

セキュリティ管理の一環として、ファイアウォールの設定やアクセス制御、ウイルス対策、不正アクセスの検知など、さまざまな対策を実施します。

情報セキュリティスキルは、ネットワークエンジニアにとって欠かせないものであり、厳格な管理と対応力が求められます。

3. ネットワークエンジニアが必要とするスキル

ネットワークエンジニアが求められるスキルは大きく二つに分類できます。一つは、どのようにしてネットワークシステムを構築・維持するかを理解するための「テクニカルスキル」、もう一つは、その技術をうまく活用し、同僚やクライアントなどと円滑にコミュニケーションを行うための「ソフトスキル」です。

これらのスキルは、ネットワークエンジニアの業績を左右するため、積極的に身に付けていくべきだと言えます。

ここでは、それぞれのスキルを分解し、具体的にどのような能力が求められるのかを考察します。

3.1 テクニカルスキル:ネットワーク技術

まずは、ネットワークエンジニアの肝となるテクニカルスキル:ネットワーク技術についてです。これは、ネットワークの構築や運用、障害発生時の対応など、業務の基盤となる知識です。

具体的には、TCP/IP、LAN/WAN、VPN、ルータやスイッチ等のネットワーク機器の操作法、ファイアウォールや負荷分散装置の理解などがこれに当たります。

また、シスコやネットワーク技術者向けの国際資格を取得することで、スキルを具体的に証明できます。

3.2 テクニカルスキル:プログラミング言語

次に、テクニカルスキル:プログラミング言語の理解も重要です。近年では、ネットワーク環境の自動化や大規模化が進み、システム管理ツールを自己開発するケースも増えています。

そのため、PythonやRubyなどのスクリプト言語を利用して独自のツールを作れると、効率的なネットワーク管理が可能になります。

これらのプログラミングスキルを身につけることは、ネットワークエンジニアだけでなく、より広範なIT分野への進出にもつながります。

3.3 ソフトスキル:コミュニケーション能力

さて、技術的なスキルだけでなく、ソフトスキル:コミュニケーション能力も大切な能力の一つです。

ネットワークエンジニアは、組織内の他部署や外部のクライアントと連携しつつ仕事を進めることが多いため、意思疎通を円滑に行うためのスキルは必要不可欠です。

具体的には、自分の考えをうまく伝えるプレゼンテーション能力、また他者の意見を理解し反映するリスニング能力などがあります。

3.4 ソフトスキル:問題解決能力

最後に、ソフトスキル:問題解決能力が求められます。これは、発生した問題や障害に対して、迅速かつ適切に対処するためのスキルです。

例えば、システムダウンや障害発生時に原因を特定し、対策を立てるための分析能力、それを実行するための決断力が必要となります。

これらのソフトスキルは、ネットワークエンジニアの仕事を円滑に進め、結果的に組織全体のパフォーマンスを高めるための重要な要素です。

4. ネットワークエンジニアのキャリアパス

ネットワークエンジニアは、そのスキルと知識を活用して、多方面でのキャリアパスを追求することが可能です。後に述べるようなキャリアパスは多く、自分自身の興味、スキル、専門知識に基づいて最良の選択を行うことができます。

キャリアアップには、技術の深堀りや他の関連する知識の習得が求められます。それぞれのパスには特別なスキルや経験が必要となるため、何を目指すかにより学ぶべきことが変わります。

それでは、具体的なキャリアパスについて解説していきます。

4.1 ネットワークエンジニアからシステムエンジニアへ

ネットワークエンジニアからシステムエンジニアへの移行は、自然なプログレッションといえます。システムエンジニアは、ITシステム全体の設計や管理を担当し、その視野はネットワークだけでなく、サーバーやソフトウェアなど幅広い領域に及びます。

システムエンジニアになるためには、他のITスキルの習得が求められます。システムエンジニアリングには、ソフトウェア開発やデータベースマネージメントの知識が活かされます。

ネットワークエンジニアの経験は、一部門だけでなくビジネス全体をサポートするシステムエンジニアーとしてのスキルを磨く上で非常に有用です。

4.2 ネットワークエンジニアからプロジェクトマネージャーへ

もう一つのキャリアパスとして、ネットワークエンジニアからプロジェクトマネージャーへのステップアップがあります。プロジェクトマネージャーは技術的なスキルだけでなく、プロジェクトの組織化、計画、監督などの管理スキルも必要とされます。

このキャリアパスは、技術的な作業から離れ、よりリーダーシップや管理に焦点を当てたいと考えているネットワークエンジニアにとって理想的です。

プロジェクトマネージャーへの道では,コミュニケーション能力やリーダーシップ, プロジェクト管理の経験が重要になります。

4.3 ネットワークエンジニアからセキュリティエンジニアへ

サイバーセキュリティの分野は成長を続けているため、ネットワークエンジニアからセキュリティエンジニアへのキャリアパスは魅力的な選択肢といえます。

セキュリティエンジニアは、ネットワークの安全性を保つために重要な役割を果たします。そのため、ネットワークエンジニアの経験と知識は、脆弱性の特定やセキュリティシステムの監視、適切な対策の立案といったセキュリティエンジニアの業務に直結します。

このキャリアを追求する場合、セキュリティ関連の専門知識とスキルを身につけることが必要となります。

4.4 ネットワークエンジニアからフリーランスへ

最後に、ネットワークエンジニアとしての知識とスキルを生かして、フリーランスとして活動する道も選択肢の一つです。

フリーランスとして働くメリットとしては、自分のスキルを最大限に生かすことができるだけでなく、自分の時間を自由にコントロールすることができます。

ただし、フリーランスとして成功するためには、自己マネジメント、顧客獲得、引き合いの維持などのビジネススキルも必要となります。

5. ネットワークエンジニアに有利な資格

ネットワークエンジニアとして一線で活躍するには、広範で深い知識と技術が求められます。そのため、関連する資格の取得はスキルアップの一助だけでなく、自身の能力を証明するための有効な手段となります。ここでは、ネットワークエンジニアに特に有利とされる4つの資格をご紹介します。

ネットワークスペシャリストCCNA / CCNPCISSP、そしてLPICです。これらの資格は、各々異なる領域の深い知識や理解を証明し、ネットワークの設定・運用から保護・改善まで幅広いスキルを具備していることを示します。

それでは、それぞれの資格について詳しく見ていきましょう。

5.1 ネットワークスペシャリスト

日本でよく知られている情報通信技術の資格であり、ネットワークの設計や構築、運用に関する幅広い知識を証明する資格です。国家資格であるため、その認知度と信頼性は非常に高いです。

エントリーレベルのネットワークエンジニアから中堅エンジニアまで、ネットワーク業務に関与する多くの方々がこの資格を目指します。これを持つことで、業務におけるコミュニケーションやチームワークがスムーズに進められるでしょう。

この資格を取得するには、一定の試験範囲を網羅した知識と、それを実際の業務に活用できる能力が必要とされます。

5.2 CCNA / CCNP

Cisco Systems社が提供する、国際的に認められた定評ある認定資格です。CCNA (Cisco Certified Network Associate)はエントリーレベルの認定で、一方CCNP (Cisco Certified Network Professional)はより高度なスキルと深い理解を示す上位認定です。

これらの資格は、Cisco製品に対する深い理解とスキルを証明します。世界中の多くの企業で利用されているCisco製品に対応できる人材は、大変重宝されます。

資格取得には、専門的な知識だけでなく豊富な実践経験も求められ、取得者のレベルは一般的に高く評価されます。

5.3 CISSP

情報セキュリティに特化した資格で、CISSP (Certified Information Systems Security Professional)は高度なセキュリティスキルと専門知識を証明します。

ネットワークエンジニアだけでなく、システムエンジニアやセキュリティエンジニアなども目指すこの資格は、IT業界全体で高い信頼を得ています。

ネットワークを安全に保つための専門知識が求められる昨今、この資格を持つネットワークエンジニアは大変有用とされています。

5.4 LPIC

このLPIC (Linux Professional Institute Certification)は、オープンソースのOSであるLinuxに関する深い知識と実践スキルを証明します。

サーバー運用からIoT、クラウド環境などに至るまで、Linuxはさまざまな領域で活用されています。LPICを持つエンジニアは、その広範なアプリケーションで高いパフォーマンスを発揮します。

基礎から上級まで段階的な認定があり、知識とスキルのレベルに応じた資格取得が可能です。

6. ネットワークエンジニアへの転職・就職について

6.1 ネットワークエンジニアへの転職市場

技術進化の一方で、その基盤となるネットワークの需要は高まる一方です。この動向は、ネットワークエンジニアという職種の転職市場にも影響を与えています。引き続き高い需要が予測されるネットワークエンジニアの転職市場は、活況を呈しています。

しかし、ネットワークエンジニアとして成功するためには多様なスキルや知識が求められます。そのため、技術者としての経験や資格が高く評価され、それが報酬にも直結する傾向にあります。

また、新たな技術の導入は常に求められています。したがって転職市場で成功するためには、自己学習を通じて最新の技術動向を追い続ける柔軟性が不可欠となります。

6.2 ネットワークエンジニアとして活躍するための心構え

ネットワークエンジニアとして活躍するためには、単に技術力だけではなく、絶えず技術動向を学び続ける姿勢が重要です。また、問題解決能力やコミュニケーションスキルも大切な要素です。

ネットワークは組織の活動を支える重要な要素であり、万が一トラブルが発生すれば大きな影響を及ぼします。それゆえに、冷静かつ迅速に対処できる判断力と行動力が求められます。

さらに、チームでの業務が多く、部門や組織を問わず関係者と適切にコミュニケーションをとることが求められます。これらのスキルを身につけることで、ネットワークエンジニアとしての更なる成功が期待できます。

6.3 ネットワークエンジニアへの就職方法

ネットワークエンジニアへの就職方法は、主に三つあります。一つ目は、大手IT企業やSIer(システムインテグレータ)等に新卒または中途で入社する方法です。

二つ目は、IT関連のスクールや専門学校で学んだ後、企業に就職する方法です。こうした教育機関では、最初からネットワークエンジニアを目指す方々に対する授業が提供されています。

三つ目は、まず一般的なITエンジニアとして就職し、その後でネットワーク関連の業務に従事することで、ネットワークエンジニアへとスキルアップする方法です。これらはそれぞれ特色と対象者があり、自分の状況や目指す道によって選択するのが良いでしょう。

6.4 ネットワークエンジニアとして働く魅力とは

ネットワークエンジニアとして働く魅力は、技術の進化に対応して自己成長ができる点や、他の人々や組織の業務を支えることで得る達成感です。自身のスキルが認められ、それが報酬に直結する面も魅力の一つです。

また、ネットワークエンジニアはITの基盤を扱うだけあって、企業のあらゆる業務やサービスを深く理解するチャンスがあります。その結果、幅広い視野や知識を身に着けることができます。

業績や業務効率を向上させるといった成果を直接出すことができるため、自分の働きが組甔の成長に繋がっていると実感することもできます。これらがネットワークエンジニアとして働く魅力となります。

参考文献

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次