HTTPSとは?HTTPとの違いや移行が求められる理由、移行方法、SEOへの影響を解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

デジタル時代において、ウェブサイトのセキュリティはビジネスの成功に不可欠です。そこで、HTTPSへの移行が注目されています。この記事では、HTTPSへ変更することの意義と、SEOに及ぼす影響について詳しく解説します。ビジネスパーソンに向けて、HTTPSの基本からSSL証明書の取得、そして移行後のSEO対策まで、ステップごとにわかりやすく説明していきます。さらに、移行に伴う一般的な問題や対応策、そして実践的なチェックリストやベストプラクティスも紹介。SEOを最適化して検索エンジンで上位にランクされるように、それぞれの段階を丁寧にご案内します。安全で信頼性の高いウェブサイト運営に向けて、始めるべき第一歩について、一緒に考えていきましょう。

目次

ChatGPT研修サービスのご案内

HTTPSとは

HTTPS(Hyper Text Transfer Protocol Secure)は、インターネット上の安全な通信を実現するために設計されたプロトコルです。HTTPに比べて、SSL(Secure Socket Layer)またはTLS(Transport Layer Security)というセキュリティプロトコルを使用することで、データの暗号化を行い、ユーザーとサーバー間の情報が保護されます。

このプロトコルは、ユーザーがウェブサイトに送信する情報(クレジットカード情報やログイン情報など)を第三者による盗聴や改ざんから守ります。HTTPSは、特に電子商取引サイトやオンラインバンキングなど、個人情報の取り扱いが多いウェブサイトで不可欠です。

ウェブサイトがHTTPSを使用している場合、ブラウザのアドレスバーに鍵のアイコンが表示され、そのウェブサイトのURLは「http://」ではなく、「https://」で始まります。これはサイトが安全であることの指標となります。

HTTPSとSEOの関係

HTTPSはSEO(検索エンジン最適化)においても重要な役割を果たします。Googleなどの主要な検索エンジンは、ユーザーにより安全なウェブ体験を提供することを目的として、HTTPSを使っているサイトを検索結果で優遇しています。

HTTPSを採用することは、サイトの信頼度を高めることに繋がります。検索エンジンは安全なウェブサイトをユーザーに推奨するため、HTTPSサイトは検索結果の上位に表示されやすくなります。そのため、ウェブサイトの所有者はHTTPSへの移行を検討することが重要です。

加えて、HTTPSを採用することにより、サイトの訪問者に対しても、サイトが信頼できるものであることを示すことができます。これは、訪問者のサイト滞在時間やコンバージョン率の向上につながる可能性があります。

SEOについては、下記の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
SEOとは:検索エンジン最適化の基本を理解しよう Web上でのビジネス成功の鍵を握る「SEO基礎」について、皆さんはどれほど理解していますか?この記事では、初心者から中級者を対象に、検索エンジン最適化(SEO)の基本...

HTTPSの基本的な仕組み

HTTPSはHTTPに対して、SSL/TLSによる暗号化層を追加することで機能します。この暗号化により、送受信されるデータの秘密性と完全性が保証されます。

通信を暗号化する際には、サーバーとクライアントの間で暗号化キーの交換が行われます。このプロセスは「SSLハンドシェイク」と呼ばれ、安全な通信チャネルの確立を行います。ハンドシェイク中に共有される暗号化キーは、それぞれのセッションで一意に生成されるため、通信の安全性が高まります。

また、HTTPSはデータの完全性を確保することも重要です。データが改ざんされることなく、正確に送受信されることを保証します。例えば、ウェブサイトからダウンロードするファイルが途中で改ざんされることは大きなセキュリティリスクですが、HTTPSを用いることでこのようなリスクを軽減することが可能です。

HTTPからHTTPSへの移行が求められる理由

インターネットのセキュリティリスクは激増しており、ウェブサイトに対する様々な攻撃が日々進化しています。このため、ウェブサイトのセキュリティを強化し、利用者を保護するためにHTTPSへの移行が強く求められています。

HTTPSを採用する最大の理由は、データ保護です。情報が暗号化されるため、悪意ある攻撃者が情報を盗み取ることが難しくなります。さらに、ウェブサイトの信頼性を高め、ユーザーエクスペリエンスを改善することも期待できます。

また、前述の通り、HTTPSはSEO評価にも影響します。安全なウェブサイトを優遇する検索エンジンの方針により、HTTPSへの移行はウェブサイトの検索エンジンにおける認知やアクセス数の向上にも寄与します。

HTTPSへの移行プロセス

移行前の準備作業

HTTPSへの移行を始める前に、まずウェブサイトの現状を把握し、必要な準備を行うことが重要です。全てのウェブページとリソースが対象となるため、ウェブサイトの構造や外部リンクを含むすべてのリソースを詳細に把握しておくことが求められます。これにより、移行プロセス中に発生可能な問題を事前に特定できます。

準備作業としてウェブサイトのバックアップを取ることも重要です。万が一のため、HTTPSへの移行作業を始める前に完全なウェブサイトのバックアップを取っておくと安心です。また、サーチコンソールの設定も見直し、HTTPS移行後の追跡がスムーズに行えるようにしておくと良いでしょう。

最後に、移行作業に影響を与える可能性のあるプラグインやモジュールがある場合は、予め更新または削除することをお勧めします。この段階で問題を特定し、解決しておくことで、移行プロセスが滞りなく進むことに繋がります。

SSL証明書の選び方と取得方法

HTTPSへの移行では、SSL証明書の選択が非常に重要です。SSL証明書には、ドメイン認証のみのものから、組織認証、さらには拡張認証まで、さまざまなレベルがあります。ウェブサイトの種類や必要とされるセキュリティレベルに応じて最適なものを選びましょう。

SSL証明書は、信頼できる認証局(CA)から取得します。多くのウェブホスティングサービスでは、SSL証明書を無料で提供している場合がありますので、まずは利用しているホスティングサービスに問い合わせてみることをお勧めします。有料のSSL証明書の場合は、認証局のウェブサイトから直接申し込むことができます。

取得方法は、認証局によって異なりますが、一般的にはウェブサイト所有者が認証局に申請し、ドメインの所有権を確認した後、SSL証明書が発行されます。このプロセスには数日から数週間かかる場合がありますので、早めに手続きを開始することが望ましいです。

ウェブサイトへのSSL証明書の実装

SSL証明書を取得した後、次はウェブサイトにセットアップする作業が必要です。これには、ウェブサーバーにSSL証明書をインストールし、適切に設定することが含まれます。この作業は技術的な知識を必要とするため、不慣れな方はIT専門家に依頼することをお勧めします。

SSL証明書の実装後は、ウェブサイトが正しくHTTPSプロトコルで動作しているかどうかを確認する必要があります。ブラウザのアドレスバーにて、URLが「https://」で始まり、ブラウザによる警告メッセージが表示されないことを確認しましょう。

また、外部リソースのロードにも注意が必要です。例えば、画像やJavaScriptなどのリソースがHTTPS経由で提供されていない場合、内容がブロックされるか、「混在コンテンツ」として警告が表示されることがあります。それらの問題を事前に解消しておくことが重要です。

リダイレクトの設定と管理

HTTPSへ完全に移行した後、既存のHTTP URLからHTTPS URLへ訪問者を適切にリダイレクトさせることが重要です。これにより、ユーザー体験が向上し、SEO影響も最小限に抑えることができます。リダイレクトはウェブサーバーの設定ファイルを通じて、301リダイレクトを設定することで行います。

301リダイレクトは、検索エンジンが旧URLから新URLへのリンク価値(リンクジュース)を引き継ぐための永久的なリダイレクトです。適切に設定することで、SEOランキングへの影響を抑えつつ、セキュリティの向上を図ることができます。

リダイレクトの実装に加え、全ての内部リンクがHTTPS URLを指していることを確認し、必要に応じて更新します。さらに、外部サイトに掲載されているリンクも可能な限りHTTPS URLに更新するように協力を依頼することが望ましいです。

リダイレクトについては、下記の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
リダイレクトとは?種類や使い方、SEO効果を解説 ウェブサイト運用において、変化は避けられないものですが、それに伴うページの移動や削除は、SEOに影響を与えます。そこで重要になるのが、「リダイレクト」の正しい使...

HTTPS移行後のSEO対策

Googleサーチコンソールでの設定変更

HTTPSへ移行した後、最初に行うべき対策の一つがGoogle Search Consoleでの設定変更です。これは、Googleに対してあなたのサイトがHTTPSに移行したことを通知し、インデックスを更新してもらうために必要なステップです。

まず、新しいHTTPSプロパティをGoogle Search Consoleに追加します。これにより、GoogleはHTTPS版のサイトを新たなサイトと認識し、クロールとインデックスのプロセスを開始します。既存のHTTPプロパティとは別にHTTPSプロパティを管理し、両方のプロパティのデータを比較することが可能です。

次に、サイトマップを更新し、HTTPS版のURLを含む新しいサイトマップを提出します。これにより、Googleのクローラーが新しいHTTPSサイトをより効率的にクロールし、インデックスする手助けになります。

Googleサーチコンソールについては、下記の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
Googleサーチコンソールとは?初心者にも分かりやすく解説 ウェブサイトの視認性を高めるにはどうすれば良いか、皆さんはSEO(検索エンジン最適化)の重要性を理解していますか?今回のテーマは、Googleのサーチコンソールを効果...

内部リンクのHTTPSへの更新

サイト内部のリンクをすべてHTTPSに更新することも重要です。内部リンクが古いHTTPのURLを指していると、ユーザー体験が悪化し、サイトのセキュリティが低下する恐れがあります。

HTMLコードやコンテンツ管理システムを直接編集し、内部リンクのURLをHTTPSバージョンに一括で更新することをお勧めします。この作業は手間がかかるかもしれませんが、サイトのセキュリティとSEOパフォーマンスの向上のためには非常に重要です。

また、リダイレクトルールを設定し、旧URLから新URLへのスムーズな移行を保証することも忘れないでください。301リダイレクトを適切に設定することで、リンクジュースの損失を防ぎ、SEOに悪影響を与えることなくHTTPSへの移行を完了できます。

内部リンクについては、下記の記事で詳しく解説しています。

外部リンクの確認と修正要請

サイトへの外部リンクはSEOに大きな影響を与えるため、HTTPSへ移行した後、これらの外部リンクがHTTPSのURLを指しているか確認することが重要です。

他のウェブサイト運営者に連絡を取り、あなたのサイトへのリンクをHTTPS版に更新してもらうことを要請します。すべての外部リンクを変更することができない場合でも、主要なリンクのみでもHTTPSに更新することはSEOにとって有益です。

このプロセスは時間と労力を要しますが、外部リンクの質と関連性はSEOにおいて非常に重要な要素であるため、この機会にリンク先を最適化し、サイトの信頼性と認知度を高めることができます。

外部リンクについては、下記の記事で詳しく解説しています。

キャッシュのクリアとサイトのページ表示速度チェック

HTTPSへの移行後にサイトのキャッシュをクリアすることで、古いHTTPコンテンツがユーザーやサーチエンジンに表示されるのを防ぎます。キャッシュのクリアは、ブラウザやサーバーに保存された古いデータを削除し、サイトのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

また、HTTPSへ移行する際に、サイトの速度に影響が出ないよう注意することが重要です。HTTPSはセキュリティのレイヤーを追加するため、場合によってはサイトの読み込み速度が遅くなることがあります。サイトの速度を測定し、必要ならば最適化を行い、ユーザー体験を保護することが大切です。

画像の圧縮、CSSおよびJavaScriptファイルの最小化、読み込みを遅延させるリソースの特定など、サイトの速度を改善するためのさまざまな手法を検討してください。サイトの速度はSEOランキングにも影響を与えるため、HTTPS移行後も高速なウェブ体験を提供することが重要です。

ページ表示速度については、下記の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
ページ表示速度のSEOへの影響と改善方法を解説 Webサイトの成功には、ユーザーエクスペリエンスと検索エンジン最適化(SEO)が鍵を握ります。では、ページ表示速度はSEOにどのような影響を与えるのでしょうか?今回は...

HTTPS移行に伴う問題点と解決策

一般的な問題点とその影響

HTTPSへの移行には多くの利点があるものの、実行にあたってはいくつかの問題点が存在します。主な問題点としては、既存のリソースへの影響、検索エンジンのインデックス、また移行プロセスにおける技術的なエラーの可能性が挙げられます。

特に、SEOの観点からは重要な問題があります。HTTPSへの移行は、一時的にウェブサイトの検索エンジン結果におけるランキングを低下させる可能性があります。これは、検索エンジンが新しいプロトコルでのサイトを再評価し、インデックスを更新する必要があるためです。

さらに、リダイレクトの設定ミスがSEOに悪影響を及ぼす可能性があります。HTTPSへ正しくリダイレクトしない場合、ページランクが分散され、サイトへの訪問率が低下する可能性があります。

混在コンテンツの特定と修正

HTTPSへの移行中によく見られる問題の一つが、混在コンテンツの存在です。混在コンテンツとは、HTTPSで保護されたページ上にHTTP(非保護)で読み込まれるコンテンツのことを指します。これはセキュリティ上のリスクを構成するだけでなく、ユーザーにセキュリティ警告が表示される原因ともなります。

解決策としては、まずすべての内部リンクがHTTPSを使用していることを確認することです。次に、外部のリソースを読み込む場合にも、できる限りHTTPS対応のURLを使用するよう努める必要があります。また、ツールを使ってサイト上の混在コンテンツを自動的に検出し、それぞれ修正する手法も有効です。

このプロセスは時間がかかる場合がありますが、ユーザーの信頼性とサイトのセキュリテイを守るためには非常に重要です。

SSL証明書の更新と管理

HTTPSを実装するためには、SSL証明書の取得が必須です。しかし、証明書の選択、更新、そして管理には様々な注意点があります。特に、証明書の有効期限が切れた場合、ユーザーに警告が表示され、サイトの信頼性に影響を与えるため注意が必要です。

証明書の更新忘れを避けるためには、証明書の有効期限前に自動で更新するシステムを設定するか、管理者にとって分かりやすいリマインダーを設定することが推奨されます。また、複数のサイトを管理する場合には、各サイトで使用している証明書の種類や有効期限を一覧で管理することも重要です。

加えて、証明書を提供する信頼できる認証局を選択することも、サイトの安全性を保つ上で重要な要因です。

セキュリティ警告への対応

HTTPSへの移行後も、様々な理由でユーザーにセキュリティ警告が表示されることがあります。例えば、証明書の問題、古いプロトコルの使用、混在コンテンツなどが原因である場合が多いです。

この問題に対応するためには、まず、ウェブサイトが適切な証明書を使用しており、全てのコンテンツがHTTPSを経由して配信されるようにする必要があります。Webブラウザの開発者ツールを使用して警告の原因を特定することができ、それに基づいて修正を行います。

さらに、ウェブサイトが使用している暗号化プロトコルが最新のものであることを確認することも大切です。これにより、ユーザーが安全なブラウジング環境を享受できるようになります。

HTTPS移行のSEO効果

HTTPSへの移行はWebサイトのセキュリティを強化し、ユーザー体験を改善する重要なステップです。しかし、その価値はセキュリティだけにあらず、SEOにも大きな影響を及ぼします。

検索順位への影響

HTTPSへの移行が検索順位に与える影響は決して軽視できません。Googleは、セキュアなウェブを推進するために、HTTPSを検索ランキングのシグナルの一つとして取り入れています。これは、セキュリティが確保されたサイトが検索結果の上位に表示されやすくなることを意味します。

HTTPSへの完全な移行には時間がかかることもありますが、その努力は十分に報われるでしょう。特に、競合他サイトがまだHTTPを使用している場合、HTTPSへの移行はあなたのサイトを差別化し、検索結果での優位性を確保する一つの方法となります。

また、HTTPSへの移行は一時的にサイトの検索順位を下げる可能性がありますが、適切なリダイレクト戦略と正確な実装を行えば、この影響は最小限に抑えられます。

ユーザーの信頼とセキュリティの向上

HTTPSの最も明白な利点は、セキュリティの向上です。データの暗号化により、ユーザー情報の漏洩や改ざんを防ぎます。このセキュリティの向上は、ユーザーの信頼感を高めることに直接的に結びつきます。

ユーザーが安全であると感じるサイトは、より高いエンゲージメントやコンバージョン率をもたらします。その結果、ユーザーの滞在時間が増え、サイトへの訪問頻度が上がります。これらのユーザー信号は、Googleのランキングアルゴリズムが評価する重要な要素であるため、間接的にSEOに良い影響をもたらします。

さらに、多くのインターネットブラウザは、HTTPSではないサイトにアクセスした際に警告を表示します。このような警告はユーザーを遠ざけ、サイトの信頼性を損なうことになります。

モバイルサイトのパフォーマンス改善

HTTPSはモバイルサイトのパフォーマンスにもプラスの影響を及ぼします。特に、HTTP/2のサポートにより、データのロード速度が向上します。HTTP/2はHTTPS上でのみ利用可能で、サイトの速度とパフォーマンスの大幅な向上を実現します。

モバイルファーストインデックスが標準となっている現在、モバイルサイトのパフォーマンスはSEOにとって非常に重要です。高速なサイトは、ユーザー体験を向上させるだけでなく、Googleの検索結果においても有利に働きます。

加えて、セキュアなモバイルサイトは顧客の信頼を勝ち得やすく、特にEコマースサイトにおいては、コンバージョン率の向上に直結します。

将来的なSEO戦略への貢献

HTTPSへの移行は、将来的なSEO戦略への投資と考えることができます。セキュリティとユーザー体験は、検索エンジンにとってますます重要な要素になっています。HTTPSへの移行は、これらの要素を強化し、長期的なSEOの成功に貢献します。

Googleはセキュアなウェブを推奨しており、今後もHTTPSサイトを優遇する動きは加速するでしょう。早期にHTTPSへ移行することで、技術的な要求やユーザーの期待に対応し、競合他社に先んじることが可能です。

最終的に、HTTPSへの移行はただの選択肢ではなく、現代のウェブサイトに必要不可欠な要件です。セキュリティ、ユーザー体験、そしてSEOの観点からも、HTTPSへの移行はサイト運営者にとって賢明な決断と言えるでしょう。

HTTPS移行チェックリストとベストプラクティス

HTTPS移行チェックリスト

HTTPSへの移行は、ウェブサイトの信頼性を高め、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために欠かせないステップです。以下のチェックリストを参考にして、スムーズな移行を実現させましょう。

1. 購入または更新されたSSL証明書のインストール: ウェブサイトのセキュリティと暗号化を保証するために必要です。

2. ウェブサーバーの設定変更: HTTPSプロトコルが適切に機能するように、サーバーの設定を調整してください。

3. 内部リンクの更新: ウェブサイト内の全てのリンクがHTTPSを指すようにしてください。これは、リダイレクトの数を減らし、サイトのロード時間を最適化するのに役立ちます。

セキュリティを保つための継続的な行動

HTTPSへの移行後も、ウェブサイトのセキュリティを維持するために、継続的な行動が必要です。以下は、そのためのいくつかの行動です。

1. SSL証明書の更新: 証明書の有効期限が切れる前に更新し、暗号化が常に機能するようにしてください。

2. セキュリティのベストプラクティスの適用: XSS攻撃やSQLインジェクションといったセキュリティ脅威からウェブサイトを保護するための対策を実施してください。

3. レギュラーなセキュリティチェック: 定期的なセキュリティテストと監視を行い、脆弱性や不備がないか確認してください。

SEOの観点から見たベストプラクティス

HTTPSへの移行は、検索エンジンのランキングにも影響します。SEOを強化するためのベストプラクティスをいくつかご紹介します。

1. 301リダイレクトの利用: HTTPからHTTPSへの移行を検索エンジンに伝えるためには、301リダイレクトを適切に設定することが必要です。

2. サイトマップの更新と再送信: HTTPSへ完全に移行した後は、更新されたURLを反映させたサイトマップをGoogle Search Consoleなどに再送信してください。

3. ミックスドコンテンツの回避: HTTPSページ内で未暗号化のHTTPコンテンツ(画像、スクリプトなど)が混在していると、セキュリティ警告が表示されることがあります。すべてのコンテンツがHTTPSを通じて提供されるようにしてください。

HTTPS移行に関するよくある質問とその回答

Q: HTTPSへの移行はSEOにどのような影響を与えますか?

A: HTTPSに移行することで、検索エンジンによる信頼性が向上し、最終的には検索結果のランキングが改善される可能性があります。

Q: すべてのウェブサイトがHTTPSへ移行する必要がありますか?

A: 特に、個人情報や支払情報などの機密性の高いデータを扱うサイトではHTTPSへの移行が推奨されます。しかし、セキュリティを向上させるためには、全てのウェブサイトがHTTPSへ移行を検討すべきです。

Q: HTTPSへの移行コストはどの程度ですか?

A: SSL証明書のコストは提供元や種類によって異なりますが、無料で提供されるLet’s Encryptなどのサービスも存在します。移行作業にかかるコストは、ウェブサイトの規模や複雑さによって変わります。

まとめ

HTTPSへの移行はビジネスウェブサイトにとって不可欠です。このまとめでは、HTTPSの基本、移行プロセス、SEOへの影響、さらに移行に伴う問題点とその解決策まで、ビジネスパーソンの皆様がHTTPSを理解し、効率的に移行するための一連のステップをガイドします。安全かつ信頼性の高いウェブ体験をユーザーに提供し、SEOランキングを向上させるため、しっかりと準備し、計画的なアプローチを取りましょう。この時代、HTTPSはもはやオプションではなく必須です。TwitterやFacebookでシェアして、同僚や業界関係者との知識の共有を深めましょう。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次