建設業におけるKGIの設定方法: 用語の解説から設定のポイントまで徹底解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

建設業界では、受注や完工といった業績に直結する指標をKGI(Key Goal Indicator)として設定し、経営目標の達成度を測ることが重要です。しかし、KGIの設定方法や活用方法については、まだ十分に理解されていないのが現状です。本記事では、建設業におけるKGIの定義や意義から、設定方法、達成のためのポイントまでを徹底的に解説します。KGIを適切に設定し、モニタリングすることで、経営戦略の策定や意思決定の質を高め、建設業界の発展につなげていくことができるでしょう。

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

建設業におけるKGIとは何か

KGIの定義と意義

KGI(Key Goal Indicator)とは、企業の経営目標達成度を測定するための重要な指標のことです。KGIは、企業の全体的な目標に直結した指標であり、その達成度合いが企業の成功を左右する重要な要素となります。建設業界においても、KGIを適切に設定し、モニタリングすることが、経営戦略の策定や意思決定に不可欠です。

KGIを設定する意義は以下の通りです。

  1. 経営目標の明確化:KGIを設定することで、企業の目指すべき方向性が明確になります。
  2. 進捗状況の把握:定期的にKGIを確認することで、目標達成に向けた進捗状況を把握できます。
  3. 問題点の早期発見:KGIの達成度が芳しくない場合、その原因を分析し、早期に改善策を講じることができます。
  4. 社員のモチベーション向上:KGIを社員と共有することで、目標達成に向けた意識の統一が図れます。

建設業界特有のKGIの特徴

建設業界では、プロジェクトの受注や完工が業績に直結するため、受注額や工事完成高がKGIとして重要視されます。また、建設業界は労働集約型産業であるため、労働生産性の向上もKGIの一つとして設定されることが多いです。

建設業界におけるKGIの例として、以下のようなものが挙げられます。

KGIの例 説明
受注額 新規に受注した工事の金額の合計
工事完成高 完成した工事の金額の合計
売上高経常利益率 売上高に対する経常利益の割合
労働生産性 従業員一人当たりの売上高や付加価値額

KGIと他の指標(KPI、KSFなど)との違い

KGIと混同されやすい指標として、KPI(Key Performance Indicator)やKSF(Key Success Factor)があります。これらの指標の違いを理解することが重要です。

  • KPI:KGIを達成するための中間的な指標で、各部門や業務プロセスのパフォーマンスを測定するものです。例えば、営業部門の訪問件数、工事部門の原価率などがKPIに当たります。
  • KSF:事業の成功に不可欠な要因のことで、競合他社と差別化できる強みや、事業環境の変化に対応するための鍵となる要素を指します。建設業界では、技術力、人材、ブランド力などがKSFに該当します。

KGIはあくまで最終的な目標を示す指標であり、KPIやKSFはその目標達成のための手段や要因ということができます。これらの指標を適切に組み合わせ、モニタリングすることが、建設業界における経営管理に求められます。

建設業でのKGIの設定方法

KGI設定のステップ

建設業においてKGIを設定する際は、以下のようなステップを踏むことが有効です。

  1. 経営ビジョンの明確化:企業の長期的な目標や目指すべき方向性を明らかにします。
  2. 事業環境の分析:自社の強みや弱み、機会や脅威を分析し、事業戦略を策定します。
  3. KGIの設定:経営ビジョンや事業戦略に基づいて、達成すべき目標を具体的な数値で表現します。
  4. KPIの設定:KGIを達成するための中間的な指標を設定し、各部門や業務プロセスの目標を明確にします。
  5. モニタリングと改善:定期的にKGIとKPIの達成状況を確認し、必要に応じて改善策を講じます。

KGIを設定する際は、過去の実績や業界平均などを参考にしつつ、自社の状況に合わせて現実的かつ挑戦的な目標を設定することが重要です。また、KGIは経営環境の変化に応じて適宜見直しを行い、常に最適な目標設定を心がける必要があります。

建設業におけるKGI設定時の注意点

建設業界では、以下のような点に注意してKGIを設定する必要があります。

  • 工事の長期性:建設プロジェクトは長期にわたることが多いため、単年度だけでなく、中長期的な目標設定が重要です。
  • 外部要因の影響:景気動向や資材価格、労務費の変動など、外部要因がKGIに大きな影響を与える可能性があります。
  • 安全性とコンプライアンス:建設業では安全管理とコンプライアンスが重要であり、これらに関連する指標もKGIに組み込む必要があります。
  • 人材の確保と育成:熟練技能者の高齢化や若手人材の不足が課題となっている中、人材に関する指標も重要です。

KGIを設定する際は、自社の事業特性や課題を十分に理解し、バランスのとれた指標体系を構築することが求められます。また、KGIを社内に浸透させ、全社一丸となって目標達成に取り組む体制を整えることも重要な要素です。

建設業界の事例から学ぶ効果的なKGIの設定

建設業界の先進的な企業の事例から、効果的なKGIの設定方法を学ぶことができます。以下に、いくつかの事例を紹介します。

企業名 KGIの事例 効果
A社 工事利益率を5%以上に設定 原価管理の徹底と生産性向上により、利益率が改善した
B社 年間の重大事故件数をゼロに設定 安全管理体制の強化により、事故件数が大幅に減少した
C社 女性技術者の割合を10%以上に設定 多様な人材の活用により、イノベーションが促進された

これらの事例に共通しているのは、自社の課題や目指すべき方向性を明確にし、それに沿ったKGIを設定している点です。また、KGIの達成に向けて、組織全体で取り組む体制を整えていることも特徴的です。

建設業界でKGIを設定する際は、これらの事例を参考にしつつ、自社の状況に合わせてカスタマイズすることが重要です。KGIの設定は一朝一夕にできるものではありませんが、継続的な取り組みを通じて、経営目標の達成と企業価値の向上につなげていくことが可能となります。

建設業界は、社会インフラの整備や維持に不可欠な役割を担っており、その重要性は今後ますます高まっていくと予想されます。激化する競争環境の中で生き残るためには、KGIを軸とした経営管理体制の構築が欠かせません。自社の強みを生かしつつ、時代の変化に柔軟に対応できるKGIの設定に取り組むことが、建設業界の発展につながるでしょう。

建設業におけるKGI達成のためのポイント

KGI達成に向けた組織的な取り組み

建設業界でKGIを達成するためには、組織全体で目標に向かって取り組む体制づくりが不可欠です。経営層はKGIを明確に設定し、社員に対して目標を浸透させることが重要です。そのためには、以下のような取り組みが有効です。

  • KGIを社内に周知徹底し、全社的な目標共有を図る
  • 各部門のKPIをKGIに紐づけ、部門間の連携を強化する
  • 定期的な進捗報告会を開催し、目標達成に向けた課題を共有する
  • 目標達成に貢献した社員を評価・表彰し、モチベーションを高める

また、KGI達成のためには、社員一人ひとりが自らの役割を認識し、主体的に行動することが求められます。そのためには、社員教育や研修を通じて、KGIに対する理解を深めることが重要です。加えて、組織風土の醸成にも注力し、チャレンジ精神や改善意欲を育むことが必要でしょう。

KGIモニタリングと評価方法

KGIを設定したら、その達成状況を定期的にモニタリングし、評価することが重要です。モニタリングの頻度は、KGIの性質や事業環境によって異なりますが、少なくとも四半期に1回は実施することが望ましいでしょう。モニタリングの際は、以下のような点に注意が必要です。

  1. KGIの達成状況を定量的に把握する
  2. 目標未達の場合、その原因を分析する
  3. 必要に応じて、KPIや施策の見直しを行う
  4. モニタリング結果を社内で共有し、改善策を検討する

KGIの評価方法としては、目標値に対する達成率を用いるのが一般的です。ただし、単年度の達成率だけでなく、中長期的な趨勢も考慮することが重要です。また、定性的な評価も加味し、KGI達成に向けた組織的な取り組み状況を総合的に判断することが求められます。

KGIを活用した建設業の経営戦略

KGIは、建設業の経営戦略を立案する上で、重要な指針となります。KGIを起点として、事業ポートフォリオの最適化や資源配分の意思決定を行うことが可能です。例えば、以下のような戦略が考えられます。

戦略 内容
受注拡大戦略 KGIの受注額目標を達成するため、営業力強化や新規顧客開拓に注力する
収益性向上戦略 利益率のKGIを改善するため、原価管理の徹底や生産性向上施策を実施する
人材育成戦略 KGIの労働生産性目標を達成するため、人材教育や働き方改革に取り組む

KGIを経営戦略に活用することで、目標達成に向けた具体的なアクションプランを策定することができます。また、KGIを事業環境の変化に応じて適宜見直すことで、戦略の柔軟性を確保することも可能です。

建設業界は、技術革新や社会ニーズの多様化など、大きな変革期を迎えています。このような環境下で競争力を維持・強化するためには、KGIを軸とした経営管理が不可欠です。自社の強みを生かしつつ、時代の変化に適応したKGIを設定し、組織一丸となって目標達成に取り組むことが、建設業の持続的成長につながるでしょう。

KGIは、建設業の経営における羅針盤であり、未来を切り拓くための重要なツールです。KGIを活用し、建設業界の発展に貢献していくことが、我々に課された使命といえるでしょう。建設業に携わる一人ひとりが、KGIの重要性を認識し、目標達成に向けて行動することが求められています。

まとめ

建設業におけるKGIは、受注額や工事完成高など業績に直結する指標を設定し、経営目標の達成度を測ることが重要です。KGIを適切に設定し、モニタリングすることで、経営戦略の策定や意思決定の質を高められます。KGIを達成するには、組織全体で目標を共有し、定期的な進捗確認と改善が必要です。KGIを経営戦略に活用し、建設業界の変革に対応することが、持続的成長につながるでしょう。

参考文献

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次