福祉業におけるGoogle Analyticsの活用法: 初心者向けに10分で解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

福祉業界でウェブサイトを運営する方は多いですが、アクセス解析までは行えていないという方も少なくないのではないでしょうか。サイトを運営するだけでは、利用者のニーズを十分に把握することはできません。サイトの課題を発見し、継続的な改善を行うためには、Google Analyticsなどのアクセス解析ツールが欠かせません。

しかし、Google Analyticsを導入したものの、レポートの見方がわからず活用できていないという方もいるかもしれません。確かにGoogle Analyticsは多機能で、初めて使う人にとっては少し難しく感じるかもしれません。そこで本記事では、Google Analyticsの基本的な使い方を、初心者の方でもわかりやすく解説します。福祉業界特有の活用シーンや注意点も交えながら、Google Analyticsの導入から活用までの流れを追っていきます。

これを読むことで、福祉事業者がウェブサイトの運営状況を把握し、サービス利用者のニーズに合わせた情報発信を行えるようになります。データに基づく意思決定を通じて、より質の高い福祉サービスの提供につなげていきましょう。ウェブ解析は難しそうと感じるかもしれませんが、誰でも少しずつ始められる取り組みです。ぜひGoogle Analyticsを活用して、福祉業界のデジタル化を推進していきましょう。

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

はじめに

福祉業界におけるデジタル化の波は、近年ますます加速しています。高齢化社会の進展や福祉サービスの多様化に伴い、福祉事業者には効率的な業務運営と質の高いサービス提供が求められています。そんな中、ウェブサイトを活用した情報発信や集客は欠かせない存在となっています。しかし、ウェブサイトを運営するだけでは十分とは言えません。アクセス解析を行い、サイトの改善につなげていくことが重要なのです。

福祉業界におけるデジタル化の必要性

福祉業界では、従来の紙媒体による情報共有や手作業での業務処理が主流でした。しかし、業務の効率化や利用者へのサービス向上を図るためには、ITツールの導入が不可欠です。特に、ウェブサイトは福祉事業者にとって重要な情報発信の場であり、潜在的な利用者との接点となります。適切に運営することで、事業の認知度向上や問い合わせ増加につながるでしょう。

また、福祉サービスのニーズは多岐にわたります。障がい者支援、高齢者介護、児童福祉など、対象や内容によってサービスの特性が異なります。ウェブサイトを通じて、それぞれのニーズに合わせた情報提供を行うことが求められます。画一的な内容ではなく、利用者の関心や悩みに寄り添ったコンテンツ作りが欠かせません。

Google Analyticsとは何か

Google Analyticsは、Googleが提供するウェブ解析ツールです。ウェブサイトへのアクセス状況を計測し、サイト運営者に有益なデータを提供します。具体的には、以下のような情報を把握できます。

  • サイトへのアクセス数(PV数、セッション数)
  • サイト訪問者の属性(年齢、性別、地域、使用デバイスなど)
  • 流入元(検索エンジン、他サイトからのリンク、SNSなど)
  • 人気のあるページや滞在時間
  • 目標達成率(問い合わせ数、資料請求数など)

これらのデータを分析することで、ウェブサイトの改善点や利用者のニーズを把握することができます。例えば、特定のページからの離脱率が高い場合、コンテンツの見直しが必要かもしれません。新たなコンテンツを追加した際の効果測定にも役立ちます。

Google Analyticsの利点は、無料で利用できる点にあります。サイトにタグを設置するだけで、誰でも簡単に始められます。大規模なサイトでも、中小規模のサイトでも活用できるのです。福祉事業者にとっても、コストをかけずにウェブ解析を始められるメリットは大きいでしょう。

本記事の目的と対象読者

本記事では、福祉業界でウェブサイトを運営する方を対象に、Google Analyticsの基本的な使い方を解説します。福祉事業者がウェブ解析を行う際の手順やポイントを、初心者にもわかりやすく紹介していきます。

本記事の目的は以下の3つです。

  1. Google Analyticsの設定方法を理解してもらうこと
  2. 基本的なレポートの見方を身につけてもらうこと
  3. ウェブサイト改善のヒントを得てもらうこと

福祉業界では、ウェブ解析に馴染みのない方も多いかもしれません。しかし、Google Analyticsを使いこなすことで、サイト運営の質を大きく高めることができます。本記事を通じて、データに基づいたウェブサイト運営の重要性を感じていただければ幸いです。

それでは、次章から具体的な使い方を見ていきましょう。Google Analyticsを活用して、福祉事業者としてのウェブサイト運営をレベルアップしましょう。

Google Analyticsの基本的な設定方法

Google Analyticsを利用するには、まずアカウントを作成する必要があります。Googleアカウントをすでにお持ちの方は、そのアカウントを使用できます。アカウントを作成したら、以下の手順でウェブサイトの設定を行います。

  1. Google Analyticsにログインし、「アカウントを作成」をクリック
  2. アカウント名とウェブサイトのURLを入力
  3. トラッキングIDを取得
  4. ウェブサイトにトラッキングコードを設置

トラッキングコードは、サイトのHTMLソースに貼り付ける必要があります。WordPressなどのCMSを使用している場合は、プラグインを利用することで簡単に設置できます。プラグインを使わない場合は、タグの直前にコードを貼り付けましょう。

設定が完了すると、24時間以内にデータの収集が始まります。アクセス数や訪問者の属性などが自動的に記録されるようになります。設定後は、Google Analyticsにログインすることでレポートを確認できます。

ここで注意したいのは、個人情報の取り扱いです。Google Analyticsでは、IPアドレスの匿名化処理を行うことができます。利用者のプライバシーに配慮し、適切な設定を行うことが大切です。また、サイトのプライバシーポリシーにGoogle Analyticsの利用を明記しておくことをおすすめします。

レポートの見方と分析のポイント

Google Analyticsのレポートは、大きく以下の4つのセクションに分かれています。

  • リアルタイム:現在のサイト状況をリアルタイムで確認できる
  • オーディエンス:サイト訪問者の属性や行動を確認できる
  • 集客:サイトへの流入元や経路を確認できる
  • 行動:サイト内の各ページの分析ができる

それぞれのレポートには、さまざまな指標が表示されます。ここでは、特に重要な指標を紹介します。

指標名 説明
セッション数 一定期間内のサイト訪問回数。新規訪問と再訪問の合計。
PV数 ページビュー数。サイト内の各ページへのアクセス数。
直帰率 サイトに訪問後、何も操作せずに離脱した割合。
平均セッション時間 訪問者が平均でサイトに滞在した時間。
流入元 検索エンジン、他サイト、SNSなど、訪問者がどこからきたか。

これらの指標を確認することで、サイトの現状を客観的に把握することができます。数字の変化を定期的にチェックし、サイト運営の改善に役立てましょう。

特に重要なのは、サイトの目的に合わせた分析を行うことです。福祉事業者の場合、以下のような視点を持つとよいでしょう。

  • 問い合わせ数や資料請求数は増えているか
  • サービス紹介ページの閲覧数や滞在時間は十分か
  • 集客施策(広告、SEOなど)の効果はあるか
  • サイト訪問者の属性は想定通りか

レポートから得られる示唆をもとに、具体的なアクションにつなげることが大切です。数字を見るだけでなく、サイトの改善や運営方針の決定に活かしていきましょう。

ウェブサイトの改善につなげるヒント

Google Analyticsのレポートをチェックする中で、サイトの改善につながるヒントが見つかることがあります。ここでは、福祉事業者のウェブサイトに役立ちそうな改善策を紹介します。

1. コンテンツの見直し

オーディエンスレポートや行動レポートを確認し、人気のあるコンテンツとそうでないコンテンツを比較してみましょう。閲覧数が少ないコンテンツは、内容や見せ方を工夫する必要があるかもしれません。サービス内容の説明を詳しくしたり、図表を用いてわかりやすくしたりするのも一案です。また、ブログ記事などを定期的に更新し、新鮮な情報を提供し続けることも大切です。

2. 内部リンクの最適化

サイト内の各ページから、他のページへの導線を増やすことで、滞在時間の増加や離脱率の低下につながります。行動レポートで、離脱率の高いページをチェックし、関連するページへの内部リンクを追加してみましょう。トップページからの導線が少ないページも、内部リンクを活用して見つけやすくすることができます。

3. モバイル対応の強化

オーディエンスレポートでデバイス別の指標をチェックし、スマートフォンでのアクセス状況を確認しましょう。直帰率が高い場合は、モバイルフレンドリーな対応が必要かもしれません。スマートフォンでも読みやすいレイアウトに変更したり、ページの表示速度を上げたりすることで、ユーザーエクスペリエンスを高められます。

4. 集客施策の見直し

集客レポートを確認し、サイトへの流入元を分析しましょう。検索エンジンからの流入が少ない場合は、SEO対策を強化する必要があります。サービスに関連するキーワードを洗い出し、コンテンツに盛り込んでいくとよいでしょう。SNSからの流入が少ない場合は、SNSでの情報発信を増やすことで、新たな集客が見込めます。

以上のような改善策を実行する際は、必ず数値の変化を確認しながら進めることが大切です。Google Analyticsのレポートを定期的にチェックし、PDCAサイクルを回していきましょう。アクセス解析を行うことで、福祉事業者としてのウェブサイト運営を継続的に改善していくことができるのです。

おわりに

本記事では、福祉業界でのGoogle Analytics活用法について解説してきました。ウェブサイトの運営において、アクセス解析は欠かせない存在です。Google Analyticsを使いこなすことで、データに基づいた意思決定が可能になります。サイトの改善につなげ、福祉サービスの利用者により良い情報を届けられるようになるでしょう。Google Analyticsの基本機能と導入方法

Google Analyticsは、Googleが提供する無料のウェブ解析ツールです。ウェブサイトへのアクセス状況を計測し、サイト運営者に有益なデータを提供します。福祉事業者にとっても、サイトの現状を把握し、改善につなげるために欠かせないツールと言えるでしょう。

Google Analyticsの主な機能は以下の通りです。

  • アクセス数(PV数、セッション数)の計測
  • サイト訪問者の属性(年齢、性別、地域、使用デバイスなど)の分析
  • 流入元(検索エンジン、他サイトからのリンク、SNSなど)の把握
  • 人気コンテンツや滞在時間の確認
  • 目標達成率(問い合わせ数、資料請求数など)の設定と追跡

これらの情報を活用することで、ウェブサイトの課題を発見し、改善策を講じることができます。また、サイトの運営方針を決める際の判断材料にもなります。

アカウント作成とトラッキングコードの設置

Google Analyticsを利用するには、まずGoogleアカウントを作成する必要があります。アカウントをお持ちの方は、そのまま利用可能です。

アカウント作成後は、以下の手順でウェブサイトの設定を行います。

  1. Google Analyticsにログインし、「アカウントを作成」をクリック
  2. アカウント名とウェブサイトのURLを入力
  3. トラッキングIDを取得
  4. ウェブサイトにトラッキングコードを設置

トラッキングコードは、サイトのHTMLソースに貼り付ける必要があります。WordPressなどのCMSを利用している場合は、専用のプラグインを使うことで簡単に設置できます。プラグインを使用しない場合は、タグの直前にコードを貼り付けましょう。

設定が完了すると、24時間以内にデータの収集が開始されます。アクセスデータはGoogle Analyticsのレポートから確認できるようになります。

主要なレポートの概要と見方

Google Analyticsのレポートは、大きく4つのセクションに分かれています。

  • リアルタイム:現在のサイト状況をリアルタイムで確認できる
  • オーディエンス:サイト訪問者の属性や行動を把握できる
  • 集客:サイトへの流入元や経路を確認できる
  • 行動:サイト内の各ページの分析ができる

それぞれのレポートには、サイト運営に役立つ指標が表示されます。特に重要な指標は以下の通りです。

指標名 説明
セッション数 一定期間内のサイト訪問回数。新規訪問と再訪問の合計。
PV数 ページビュー数。サイト内の各ページへのアクセス数。
直帰率 サイトに訪問後、何も操作せずに離脱した割合。
平均セッション時間 訪問者が平均でサイトに滞在した時間。
流入元 検索エンジン、他サイト、SNSなど、訪問者がどこからきたか。

これらの数字を定期的にチェックし、変化を追っていくことが重要です。自社サイトの傾向を把握し、他サイトとの比較も行いながら、サイト運営の改善につなげていきましょう。

目標設定とコンバージョントラッキング

Google Analyticsでは、ウェブサイトの目標を設定し、その達成率を測定することができます。これを「コンバージョントラッキング」と呼びます。

例えば、福祉事業者のサイトであれば、以下のような目標が考えられます。

  • 問い合わせフォームの送信数
  • 資料請求数
  • サービス申込数

これらの目標を設定することで、サイトがどの程度成果を上げているかを確認できます。目標の達成率が低い場合は、サイトの改善点を探り、対策を講じる必要があります。

コンバージョントラッキングを行うには、以下の手順で設定を行います。

  1. Google Analyticsの管理画面から「目標」を選択
  2. 「新しい目標」をクリックし、目標の名前と詳細を入力
  3. 目標到達のための条件(URL、滞在時間など)を設定
  4. 必要に応じて、目標の価値を入力

目標の設定が完了したら、レポートから達成率を確認できるようになります。目標の設定は、サイト運営の成果を測る上で非常に重要な作業です。サイトの目的に合わせて、適切な目標を設定しましょう。

また、目標の達成率が芳しくない場合は、サイトの課題を分析する必要があります。アクセス解析の結果を参考に、改善策を検討していきましょう。

以上が、Google Analyticsの基本的な機能と設定方法の概要です。ウェブサイトの運営において、データに基づく意思決定は欠かせません。Google Analyticsを活用し、サイトの現状を把握しながら、継続的な改善を行っていきましょう。福祉サービスの情報発信を通じて、より多くの人々に貢献できるはずです。

福祉業界におけるGoogle Analyticsの活用シーン

ウェブサイトのユーザー行動分析

福祉業界においても、ウェブサイトは重要な情報発信ツールとなっています。サービス利用者や家族、関係者などがサイトを訪れ、必要な情報を得ています。Google Analyticsを活用することで、これらのユーザーがサイト内でどのように行動しているかを分析できます。

例えば、以下のような点を確認することができます。

  • サイトの訪問者数や滞在時間
  • 人気のあるコンテンツやページ
  • サイト内の導線(ユーザーの動き)
  • 問い合わせフォームなどの目標達成率

これらのデータを分析することで、サイトの改善点を見つけ出すことができます。ユーザーのニーズに合ったコンテンツの作成や、使いやすいサイト設計につなげられるのです。

広告効果の測定と最適化

福祉事業者の中には、サービス利用者の獲得に向けて、ウェブ広告を活用するケースもあるでしょう。Google Analyticsを使えば、広告経由でサイトを訪れたユーザーの行動を追跡できます。

具体的には、以下のようなデータを確認できます。

  • 広告経由のサイト訪問数
  • 広告経由のユーザーの滞在時間や導線
  • 広告経由の問い合わせ数や申込数
  • 広告の費用対効果(ROI)

これらのデータを分析することで、広告施策の効果を測定し、改善につなげることができます。より費用対効果の高い広告配信や、ターゲットユーザーに刺さるクリエイティブの作成などに役立つでしょう。

サービス改善のためのデータ活用

Google Analyticsは、福祉サービスそのものの改善にも活用できます。ウェブサイト上の情報から、利用者のニーズや関心事を把握できるからです。

例えば、以下のようなデータが参考になります。

  • 人気のあるサービス紹介ページ
  • よく検索されているキーワード
  • 資料請求の多いサービス分野
  • 問い合わせ内容の傾向

これらの情報を分析することで、利用者が求めているサービスや情報がわかります。新たなサービス開発や既存サービスの改善に役立てられるでしょう。また、ウェブサイトやパンフレットの内容を、利用者の関心に合わせて最適化することもできます。

福祉サービスは、利用者一人ひとりに寄り添ったものである必要があります。Google Analyticsを活用して利用者の声に耳を傾けることで、より質の高いサービス提供につなげていけるはずです。

以上のように、Google Analyticsは福祉業界でも幅広く活用できるツールです。ウェブサイトの運営状況を客観的に把握し、データに基づいた改善を行うことが重要です。サイトの目的や課題に合わせてデータを分析し、具体的なアクションににつなげていきましょう。

Google Analyticsを活用することで、福祉事業者はサービスの質を高め、利用者により良い体験を提供できるようになります。ウェブサイトを通じた情報発信の重要性が増す中で、アクセス解析は欠かせない取り組みと言えるでしょう。

福祉業界のデジタル化を進める上で、Google Analyticsは強力な味方になってくれるはずです。ぜひ活用を検討し、データドリブンな事業運営を目指しましょう。利用者に寄り添った、質の高い福祉サービスの提供につながります。

Google Analyticsを活用する上での注意点

Google Analyticsは非常に便利なツールですが、活用する上でいくつか注意すべき点があります。特に福祉業界では、利用者のプライバシーへの配慮が欠かせません。ここでは、Google Analyticsを使う際の注意点を3つ紹介します。

個人情報の取り扱いとプライバシーポリシー

Google Analyticsでは、サイト訪問者のIPアドレスや属性情報などを収集します。これらの情報は個人情報に該当する可能性があるため、慎重な取り扱いが必要です。サイトのプライバシーポリシーに、Google Analyticsの利用と収集するデータの範囲を明記しておきましょう。利用者に対して、データ収集の目的と利用方法を説明する必要があります。

また、Google Analyticsにはプライバシーに関する設定項目があります。IPアドレスの匿名化や、データの保持期間の設定などを行うことができます。利用者のプライバシー保護に配慮し、適切な設定を行うことが大切です。

データの信頼性を確保するための設定

Google Analyticsのデータは、サイトの改善に役立つ反面、設定次第では信頼性に欠けるものになってしまいます。例えば、自社からのアクセスを除外しないと、実際の数値よりもアクセス数が多くカウントされてしまいます。

また、プライバシー保護ブラウザの利用が増えていることで、一部のデータが正確に取得できない可能性もあります。正確なデータを得るためには、社内からのアクセスを除外するフィルタ設定や、プライバシー保護の影響を考慮した分析が必要です。

専門性を要する分析とその対処法

Google Analyticsは初心者でも使いやすいツールですが、高度な分析になると専門的な知識が必要になります。データの解釈を誤ったり、見落としがあったりすると、事業判断を誤る恐れがあります。

社内にウェブ解析の専門家がいない場合は、セミナーへの参加や書籍での学習を通じて、スキルの向上を図ることをおすすめします。それでも不安な場合は、外部の専門家に相談するのも一つの方法です。Google Analyticsの導入支援を行っている会社もあるので、検討してみると良いでしょう。

Google Analyticsは非常に有用なツールですが、適切に活用しなければその恩恵を十分に受けることはできません。特に福祉業界では、利用者のプライバシーに配慮し、データの信頼性を確保することが大切です。また、データ分析の専門性を高め、根拠に基づいた事業判断を行うことが求められます。

これらの点に注意しながら、Google Analyticsを活用していきましょう。データに基づいたPDCAサイクルを回すことで、福祉事業者としてのウェブサイト運営力を高めていくことができるはずです。

まとめ

福祉業界におけるGoogle Analytics活用の意義

福祉業界においても、ウェブサイトを通じた情報発信の重要性が高まっています。サービス利用者や関係者に向けて、必要な情報を適切に届けるためには、ウェブサイトの運営状況を把握し、継続的な改善を行うことが欠かせません。Google Analyticsは、そのための強力な味方となるツールです。

Google Analyticsを活用することで、サイトの課題を発見し、改善につなげることができます。ユーザーの行動を分析し、ニーズに合ったコンテンツの提供や使いやすいサイト設計を行えるようになります。また、広告施策の効果測定や、サービス改善のためのデータ収集にも役立ちます。

データに基づいた意思決定を行うことで、福祉事業者は利用者により良いサービスを提供できるようになるのです。Google Analyticsは、福祉業界のデジタル化を進める上で、欠かせないツールと言えるでしょう。

導入から活用までの流れの振り返り

本記事では、Google Analyticsの基本的な機能と導入方法から、活用シーンや注意点まで、幅広く解説してきました。改めて、その流れを振り返ってみましょう。

  1. Google Analyticsの基本機能と導入方法を理解する
  2. 主要なレポートの見方を把握し、自社サイトの傾向を掴む
  3. 目標設定とコンバージョントラッキングで、サイトの成果を測定する
  4. 福祉業界での活用シーンを参考に、自社での活用方法を検討する
  5. 個人情報の取り扱いなど、注意点に配慮しながらGoogle Analyticsを活用する

Google Analyticsの導入は、決して難しいものではありません。まずは基本的な機能を使いこなすところから始め、徐々に活用の幅を広げていくことをおすすめします。ウェブサイトの運営方針や課題に合わせて、必要なデータを収集・分析していきましょう。

Google Analyticsを活用するためには、データ分析のスキルを高めることも重要です。社内での学習や、専門家への相談など、様々な方法で知識を深めていきましょう。データに強くなることで、福祉事業者としての強みを増していくことができるはずです。

データ活用を通じた福祉サービスの向上への展望

Google Analyticsの活用は、福祉事業者にとって大きなメリットをもたらします。サイトの改善を通じて、サービス利用者とのコミュニケーションを円滑化できるからです。ウェブサイトからの問い合わせ増加や、利用者の満足度向上などが期待できるでしょう。

また、サイトの分析で得られた知見は、オフラインのサービス改善にも役立ちます。利用者のニーズを汲み取ることで、新たなサービス開発や既存サービスのブラッシュアップにつなげることができます。データに基づいて利用者の声に耳を傾けることは、福祉サービスの質を高めることにほかなりません。

福祉業界のDXは、まだ始まったばかりです。Google Analyticsは、その第一歩を踏み出すためのツールと言えるでしょう。ウェブサイトの可能性を最大限に引き出し、データ活用力を高めていくことで、福祉業界の発展に寄与していきたいものです。

利用者に寄り添い、質の高いサービスを提供する。それが福祉事業者の使命であり、Google Analyticsを活用する目的でもあります。データを味方につけ、福祉業界のデジタル化をさらに前へ進めていきましょう。

福祉業界におけるGoogle Analyticsの活用は、利用者に寄り添った質の高いサービス提供につながります。サイトの現状を把握し、データに基づいた意思決定を行うことで、ウェブを通じた情報発信の効果を最大化できるのです。導入のハードルは低くありません。まずは基本的な機能から使いこなすことをおすすめします。データ分析のスキルを高め、サイト運営の改善を継続していきましょう。それが、福祉業界のデジタル化を加速させ、利用者の満足度を高める近道となるでしょう。

参考文献

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次