損保業におけるGoogle Analyticsの活用法: 初心者向けに10分で解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

損保業界では、デジタルマーケティングの重要性が高まる中、自社サイトの改善に向けてGoogle Analyticsの活用が注目されています。しかし、初めてGoogle Analyticsを導入する際、何から始めればよいのか戸惑う方も多いのではないでしょうか。本記事では、損保業におけるGoogle Analyticsの基本的な設定方法から、レポートの見方、活用方法までを初心者向けにわかりやすく解説します。データを活用して、サイトの課題発見や施策立案を効果的に行うためのポイントが満載です。これを読めば、10分でGoogle Analyticsの基礎が身につくこと間違いなしです!

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

損保業とGoogle Analyticsの基本

損保業界では、デジタルマーケティングの重要性が高まっています。顧客との接点がオンラインに移行する中、自社のWebサイトやアプリを通じて顧客とのコミュニケーションを図ることが不可欠です。そこで、効果的なデジタルマーケティング施策を実施するためのツールとして注目されているのが、Google Analyticsです。

損保業におけるデジタルマーケティングの重要性

損保業界は、従来の対面営業からオンラインチャネルへのシフトが加速しています。特に、ミレニアル世代を中心とした若年層は、保険商品の比較・検討からお申込みまで、すべてオンラインで完結することを好む傾向にあります。このような顧客の行動変化に対応するため、損保各社は自社Webサイトの充実化や、オンライン申込プロセスの簡素化など、デジタルマーケティング施策に力を入れ始めています。

デジタルマーケティングを推進する上で重要なのが、データドリブンな意思決定です。Webサイトやアプリ上での顧客の行動を分析し、それを基に施策を改善していくことが求められます。そのためのツールとして、Google Analyticsが広く活用されています。

Google Analyticsの概要と機能

Google Analyticsは、Googleが提供するWebサイト分析ツールです。Webサイトにタグを設置するだけで、訪問者数や滞在時間、閲覧ページ、流入元など、サイトの利用状況を詳細に把握できます。主な機能は以下の通りです。

  1. リアルタイムレポート:現在サイトを閲覧しているユーザー数や、閲覧ページなどをリアルタイムで把握できる
  2. 行動レポート:ページビュー数、直帰率、離脱率など、ユーザーの行動に関する指標を確認できる
  3. コンバージョン測定:申込み、資料請求など、目標達成数を測定できる
  4. ユーザー属性レポート:ユーザーの年齢、性別、興味関心などを把握できる

これらの機能を活用することで、自社サイトの課題を発見し、改善につなげることができます。

損保業でGoogle Analyticsを活用するメリット

損保業界では、以下のようなメリットを享受できます。

メリット 内容
ユーザー行動の可視化 サイト内のユーザー導線を把握し、離脱ポイントを特定できる。
マーケティング施策の効果測定 広告経由の流入がどの程度成果に結びついているかを定量的に評価できる。
顧客セグメンテーション ユーザー属性ごとの行動を分析し、ペルソナの最適化やターゲティング広告配信に役立てられる。
サイト改善の効果検証 サイトリニューアルなどの施策前後のデータを比較し、効果検証ができる。

Google Analyticsを導入することで、これまで感覚的に行われがちだったWebマーケティングを、データを基にPDCAを回す戦略的なマーケティングへと昇華できます。損保業のデジタルシフトを進める上で、Google Analyticsは今や欠かせないツールと言えるでしょう。

損保業におけるGoogle Analyticsの設定方法

損保業界でGoogle Analyticsを活用するためには、まず正しく設定を行うことが重要です。ここでは、Google Analyticsの設定方法について、初心者向けにわかりやすく解説します。

Google Analyticsアカウントの作成手順

Google Analyticsを利用するには、まずアカウントを作成する必要があります。以下の手順に従って、アカウントを作成しましょう。

  1. Google Analyticsの公式サイトにアクセスし、「アカウントを作成」をクリックします。
  2. Googleアカウントでログインします。まだアカウントを持っていない場合は、新規作成してください。
  3. アカウント名、Webサイトの名前、URL、業種、レポートのタイムゾーンを入力します。
  4. 利用規約に同意し、「トラッキングID取得」をクリックすると、アカウントが作成されます。

アカウントが作成できたら、次はWebサイトにトラッキングコードを設置する必要があります。

ウェブサイトへのトラッキングコードの設置

Google Analyticsでデータを取得するためには、Webサイトにトラッキングコードを設置する必要があります。トラッキングコードは、以下の手順で取得・設置できます。

  1. Google Analyticsの管理画面で、対象のアカウントとプロパティを選択します。
  2. 「プロパティ」カラムの「トラッキング情報」>「トラッキングコード」をクリックします。
  3. 表示されたトラッキングコードを、Webサイトのすべてのページの<head>タグ内にコピー&ペーストします。
  4. コードを設置したら、Webサイトを公開します。設定が正しければ、24時間以内にデータの取得が開始されます。

トラッキングコードの設置は、サイトを管理しているWeb担当者やエンジニアに依頼するのが一般的です。自社で設置する場合は、コードの誤設置にご注意ください。正しく設置されていないと、正確なデータが取得できません。

目標の設定とコンバージョントラッキング

Google Analyticsの大きな特徴の1つが、目標の設定とコンバージョントラッキングです。申込みや資料請求など、サイトで達成してほしいアクションを「目標」として設定することで、そのアクションが達成された数(コンバージョン数)を測定できます。

目標の設定手順は以下の通りです。

  1. Google Analyticsの管理画面で、対象のアカウントとプロパティ、ビューを選択します。
  2. 「ビュー」カラムの「目標」をクリックします。
  3. 「新しい目標」をクリックし、目標の名前と種類(宛先、期間、イベント、ページ/スクリーン)を選択します。
  4. 目標の詳細(宛先URLや、イベントの条件など)を設定します。
  5. 目標の値や目標到達までのファネルを必要に応じて設定し、保存します。

損保業の場合、代表的な目標としては、以下のようなものが挙げられます。

目標 設定方法
保険料試算 試算ページのURLを「宛先」に設定
資料請求 請求完了ページのURLを「宛先」に設定
申込み 申込み完了ページのURLを「宛先」に設定
コールセンターへの発信 電話番号のクリックを「イベント」に設定

目標を設定することで、サイトの最終的な成果を可視化できるようになります。各施策がどの程度コンバージョン獲得に貢献しているのか、データを基にマーケティング施策を最適化していきましょう。

以上が、損保業におけるGoogle Analyticsの設定方法の基本です。正しく設定することで、サイトの課題発見や施策立案に役立つデータを取得することができます。データドリブンなマーケティングを実践するために、ぜひGoogle Analyticsを活用してみてください。

損保業に役立つGoogle Analyticsのレポート活用法

Google Analyticsを導入したら、次はレポートを活用してサイトの改善につなげていくことが重要です。ここでは、損保業に役立つGoogle Analyticsのレポート活用法を3つ紹介します。

アクセス解析レポートの見方と活用ポイント

アクセス解析レポートは、サイトへのアクセス数や、ユーザーがどのページを閲覧しているかなどを把握するための基本的なレポートです。主なレポートと見方は以下の通りです。

レポート名 概要 見方・活用ポイント
ユーザー数 一定期間内にサイトを訪問したユニークユーザー数 サイトの認知度や集客力を測る指標。数値の推移を見ることで、キャンペーンなどの効果を確認できる。
セッション数 一定期間内のサイト訪問回数(同一ユーザーの複数回訪問も含む) サイトの利用頻度を測る指標。直帰率などと合わせて分析することで、サイトの満足度を推し量ることができる。
ページビュー数 ページの閲覧回数の合計 人気コンテンツを把握するための指標。ページ別のページビュー数を見ることで、ユーザーが求める情報が何かがわかる。
直帰率 1ページのみ閲覧して離脱したセッションの割合 ランディングページの精度を測る指標。直帰率が高いページは、ユーザーのニーズとマッチしていない可能性がある。
平均セッション時間 1セッションあたりの滞在時間の平均値 サイト全体の魅力度を測る指標。平均セッション時間が長いほど、サイトの情報がユーザーに価値を提供できている。

これらのレポートを定期的にチェックし、サイトの課題や改善点を見つけていきましょう。アクセス数が伸び悩んでいる場合は、集客施策を強化する必要があります。直帰率が高いページがある場合は、ページ内容を見直すことが求められます。

ユーザー行動分析レポートの活用方法

ユーザー行動分析レポートは、サイト内でのユーザーの導線や行動を可視化するためのレポートです。主なレポートと活用方法は以下の通りです。

レポート名 概要 活用方法
ページ分析 ページごとのページビュー数や直帰率、離脱率などを確認できる 離脱率の高いページを特定し、ページ内容や導線を改善する。
イベントフロー 特定のイベント(申込みなど)に至るまでの経路を可視化できる コンバージョンにつながりやすい導線を把握し、サイト設計に活かす。
行動フロー ユーザーがサイト内をどのように移動しているかを把握できる ユーザーの回遊パターンを分析し、目的のページへ誘導しやすくなるようサイト設計を見直す。

これらのレポートを活用することで、サイトの導線改善やコンテンツ最適化につなげることができます。特に、保険料試算や申込みなどのコンバージョンに至るまでの導線を整理することは、CVR向上のために非常に重要です。

獲得チャネル別のパフォーマンス分析

Google Analyticsでは、サイトへの流入元(獲得チャネル)ごとのアクセス状況を確認することができます。主な獲得チャネルは以下の通りです。

  • オーガニック検索(Google検索経由の流入)
  • ダイレクト(URLを直接入力しての流入)
  • リファラル(他サイトからのリンク経由の流入)
  • ディスプレイ広告(バナー広告などからの流入)
  • ペイド検索(リスティング広告からの流入)
  • ソーシャル(SNSからの流入)
  • メール(メルマガやメールリンクからの流入)

獲得チャネルごとに、セッション数、ユーザー数、直帰率、コンバージョン率などを確認することで、どの集客施策が効果的か、どのチャネルに課題があるかを把握することができます。例えば、リスティング広告からの流入は多いがコンバージョン率が低い場合、広告の配信対象や訴求内容を見直す必要があります。SNS経由の流入でセッション時間が長い場合、SNSとの親和性が高いコンテンツを増やすことで、さらなる集客が見込めるかもしれません。

獲得チャネル別のデータを定点観測し、集客施策の効果検証とPDCAサイクルを回していきましょう。

以上、損保業に役立つGoogle Analyticsのレポート活用法を紹介しました。アクセス解析、ユーザー行動分析、獲得チャネル別の分析を組み合わせることで、サイトの課題を多角的に把握し、改善施策につなげることができます。レポートは、定期的に確認する習慣をつけることが大切です。データに基づくPDCAサイクルを繰り返し、サイトを進化させていきましょう。

まとめ

Google Analyticsは、損保業のデジタルマーケティングに欠かせないツールです。自社サイトへのアクセス状況や、ユーザー行動を可視化することで、サイトの課題発見や改善につなげることができます。初心者でも、アカウントの作成、トラッキングコードの設置、目標の設定を行えば、すぐにデータの取得が可能です。レポートの活用では、アクセス解析、ユーザー行動分析、獲得チャネル別の分析がポイントです。データを定点観測し、PDCAサイクルを回していくことが、損保業のデジタルマーケティング成功の鍵となるでしょう。

参考文献

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次