建設業におけるGoogle Analyticsの活用法: 初心者向けに10分で解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

建設業界では、デジタルマーケティングの重要性が高まっており、Google Analyticsはウェブサイトの効果的な運用に欠かせないツールとなっています。しかし、建設業界の中には、Google Analyticsの活用方法がわからず、十分な効果を得られていない企業も少なくありません。そこで本記事では、建設業におけるGoogle Analyticsの活用方法について、初心者向けに10分で解説します。Google Analyticsを導入することで、ウェブサイトのアクセス解析、ユーザーの行動分析、マーケティング施策の効果測定など、データに基づいた意思決定が可能になります。建設業界でデジタルマーケティングを成功させるためには、Google Analyticsを活用し、PDCAサイクルを回していくことが重要です。

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

はじめに

建設業界では、近年デジタルマーケティングの重要性が高まっています。インターネットの普及により、多くの人々が建設会社の情報を検索エンジンやウェブサイトで探すようになりました。そのため、建設業界でもデジタルマーケティングを活用し、潜在顧客を獲得することが求められています。その中でも、Google Analyticsは建設業におけるウェブサイトの効果的な運用に欠かせないツールです。

建設業におけるデジタルマーケティングの重要性

建設業界では、従来の広告手法に加え、デジタルマーケティングの活用が重要になっています。その理由は以下の通りです。

  1. 潜在顧客がインターネットで情報を探している
  2. 競合他社がデジタルマーケティングを活用している
  3. cost対効果が高い
  4. 効果測定が可能

建設業界では、住宅建設や商業施設の建設など、大型プロジェクトが多くあります。これらのプロジェクトでは、多くの関係者が関わるため、情報共有や意思決定のスピードが重要になります。デジタルマーケティングを活用することで、プロジェクトの進捗状況や課題をリアルタイムで把握し、迅速な対応が可能になります。

Google Analyticsとは何か

Google Analyticsは、Googleが提供するウェブ解析ツールです。ウェブサイトへのアクセス状況や訪問者の行動を分析することができます。具体的には、以下のような情報を取得できます。

情報 説明
訪問者数 ウェブサイトを訪れた人の数
ページビュー数 ウェブサイト内で閲覧されたページの数
滞在時間 訪問者がウェブサイト内で過ごした時間
離脱率 1ページのみ閲覧して離脱した訪問者の割合
流入元 訪問者がどこからウェブサイトにアクセスしたか

これらの情報を分析することで、ウェブサイトの改善点を見つけ、マーケティング施策の効果を測定することができます。

Google Analyticsを使うメリット

建設業界でGoogle Analyticsを使うメリットは以下の通りです。

  1. ウェブサイトのアクセス状況を把握できる
  2. 潜在顧客の属性や行動を分析できる
  3. マーケティング施策の効果を測定できる
  4. ウェブサイトの改善点を見つけられる
  5. データに基づいた意思決定ができる

例えば、住宅建設を検討している30代の男性がどのようなキーワードで検索しているかを分析することで、ウェブサイトのコンテンツを最適化したり、広告の出稿先を選定したりすることができます。また、商業施設の建設プロジェクトのページへのアクセス状況を分析することで、関係者への情報共有の方法を改善することもできます。

建設業界では、大型プロジェクトが多く、多くの関係者が関わります。Google Analyticsを活用することで、プロジェクトの進捗状況や課題をデータに基づいて把握し、迅速な意思決定を行うことができます。また、マーケティング施策の効果を定量的に測定することで、限られた予算を最大限に活用することもできます。

建設業界でデジタルマーケティングを成功させるためには、Google Analyticsを活用し、データに基づいた意思決定を行うことが重要です。まずは、自社のウェブサイトにGoogle Analyticsを導入し、アクセス状況を把握することから始めましょう。そして、データを分析し、ウェブサイトの改善点を見つけ、マーケティング施策の効果を測定していきましょう。デジタルマーケティングの力を活用することで、建設業界でも競合他社に差をつけることができるはずです。

建設業でのGoogle Analytics活用方法

建設業界において、Google Analyticsは非常に有用なツールとなっています。ウェブサイトのアクセス解析、ユーザーの行動分析、マーケティング施策の効果測定など、様々な用途で活用できます。ここでは、建設業界でGoogle Analyticsを効果的に活用する方法について解説します。

Webサイトのアクセス解析

Google Analyticsを使えば、自社のウェブサイトがどのように閲覧されているかを詳細に分析することができます。具体的には以下のような情報が取得できます。

指標 説明
セッション数 一定期間内にウェブサイトを訪れたユーザーの数
ページビュー数 ウェブサイト内で閲覧されたページの総数
平均セッション時間 ユーザーがウェブサイト内で過ごした平均時間
直帰率 1ページのみ閲覧して離脱したセッションの割合

これらの指標を分析することで、ウェブサイトのパフォーマンスを評価し、改善点を見つけることができます。例えば、直帰率が高い場合は、ランディングページの内容や読み込み速度に問題がある可能性があります。セッション数やページビュー数が伸び悩んでいる場合は、集客方法を見直す必要があるでしょう。

また、流入元の分析も重要です。検索エンジン、ソーシャルメディア、リファラルサイトなど、どこからアクセスが来ているかを把握することで、効果的な誘導方法を見つけることができます。

ユーザーの行動分析

Google Analyticsでは、ウェブサイト訪問者の行動を詳細に分析することができます。以下のような情報が取得できます。

  • ページ別の閲覧数・滞在時間
  • ページ間の遷移パターン
  • どこで離脱しているか
  • 目標達成率(CV率)

これらの情報を分析することで、ユーザーがどのようにウェブサイト内を回遊しているかを把握できます。例えば、多くのユーザーが特定のページで離脱しているなら、そのページの内容やデザインを改善する必要があります。また、目標達成率が低い場合は、コンバージョンまでの導線を最適化しなければなりません。

さらに、ユーザーの属性情報(年齢、性別、地域、デバイスなど)も取得できるため、ペルソナ分析にも活用できます。自社の商品やサービスがどのようなユーザー層に訴求しているかを把握し、マーケティング戦略に反映させましょう。

マーケティング施策の効果測定

Google Analyticsは、様々なマーケティング施策の効果測定にも使えます。例えば以下のようなことが可能です。

  • 広告経由の流入数・CV数の測定
  • 特定のキャンペーンがどれだけ効果があったか
  • オフラインイベントとの連携
  • アトリビューション分析

Google広告やSNS広告など、様々な広告プラットフォームとGoogle Analyticsを連携させることで、広告経由の流入数やコンバージョン数を詳細に測定できます。また、キャンペーンURLを使えば、特定のキャンペーンがどれだけ効果があったかを分析することも可能です。

オフラインイベントとウェブサイトの行動を紐付けることで、イベントがウェブサイトへの流入にどれだけ貢献したかを測定することもできます。例えば、展示会に出展した後のウェブサイトへのアクセス数増加を分析すれば、展示会の効果を定量的に評価できるでしょう。

さらに、アトリビューション分析によって、コンバージョンに至るまでの各接点の貢献度を測定することもできます。これにより、どの施策が成果につながっているかを可視化し、マーケティング予算の最適化を図ることができます。

以上のように、Google Analyticsは建設業のデジタルマーケティングに欠かせないツールです。ウェブサイトの現状を把握し、改善点を見つけ、施策の効果を測定することで、限られたリソースを最大限に活用し、成果を最大化することができるでしょう。まずは自社サイトへの導入から始め、データに基づいたPDCAサイクルを回していきましょう。

建設業におけるGoogle Analytics導入のポイント

目的の明確化と KPIの設定

Google Analyticsを建設業で活用する際、まず明確にすべきなのが導入目的です。ウェブサイトの改善なのか、マーケティング施策の効果測定なのか、目的を明確にすることが重要です。その上で、目的達成のための具体的なKPI(重要業績評価指標)を設定しましょう。例えば、問い合わせ数の増加が目的なら、コンバージョン数をKPIに設定します。

KPIは、以下のような条件を満たすものが望ましいです。

  • 具体的で測定可能である
  • 目的達成に貢献する指標である
  • 経時的な変化を追えるものである

目的とKPIを設定したら、Google Analyticsでそれらを測定するための設定を行いましょう。目標の設定や、イベントトラッキングの実装などが必要になります。

適切なトラッキングコードの設置

Google Analyticsを使うには、ウェブサイトにトラッキングコードを設置する必要があります。トラッキングコードは、ウェブサイトの各ページのHTMLソースに埋め込むJavaScriptのコードです。これにより、ページの閲覧データがGoogle Analyticsに送信されます。

トラッキングコードの設置方法は、以下の2つがあります。

  1. ウェブサイトのテンプレートにコードを直接埋め込む
  2. GoogleタグマネージャーからAnalyticsタグを発行する

Googleタグマネージャーを使う場合、様々なタグを一元管理できるため、便利です。一方、直接コードを埋め込む場合は、開発者との連携が必要になります。ウェブサイトの構成や体制に合わせて、適切な方法を選択しましょう。

また、トラッキングコードはウェブサイトのすべてのページに設置する必要があります。1ページでも漏れがあると、正確なデータが取得できなくなるので注意が必要です。

レポートの作成と定期的なチェック

トラッキングコードを設置し、データの蓄積が始まったら、レポートを作成しましょう。Google Analyticsには、様々なレポートが用意されています。目的や関心に合わせて、必要なレポートを選択しましょう。

最初は、以下のようなレポートから確認するのがおすすめです。

  • リアルタイムレポート:アクセス状況をリアルタイムで確認できるレポート
  • 行動レポート:ページ別のPV数や滞在時間、離脱率などを確認できるレポート
  • コンバージョンレポート:目標達成数や達成率を確認できるレポート

レポートは定期的にチェックし、前期や前年同期と比較しながら、状況を把握することが重要です。改善すべき点が見つかったら、仮説を立てて施策を打ち、その効果をまた測定するというPDCAサイクルを回していきましょう。

Google Analyticsは非常に多機能で、使いこなすには一定の学習が必要です。しかし、建設業の課題を解決し、成果を上げるためには欠かせないツールと言えます。まずは基本的な機能を使いこなすことから始め、徐々にスキルを高めていきましょう。適切なデータ分析により、建設業のデジタルマーケティングをより強固なものにしていけるはずです。

まとめ

建設業におけるGoogle Analyticsの活用は、Webサイトの効果的な運用に欠かせません。アクセス解析、ユーザー行動分析、マーケティング施策の効果測定など、データに基づいた意思決定が可能になります。導入時は目的とKPIを明確にし、適切なトラッキングコードを設置することがポイントです。レポートを定期的にチェックし、PDCAサイクルを回すことで、建設業のデジタルマーケティングを成功に導くことができるでしょう。

参考文献

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次