新聞業におけるBPRの重要性: 初心者向けに10分で解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

新聞業界では、デジタル化の進展や読者ニーズの多様化に伴い、従来の業務プロセスを抜本的に見直す必要性が高まっています。発行部数の減少や広告収入の落ち込みといった構造的な課題を克服するには、単なる効率化にとどまらず、付加価値の高い事業への転換が不可欠です。そこで注目されているのが、ビジネスプロセス・リエンジニアリング(BPR)です。本記事では、新聞業界におけるBPRの意義や適用分野、成功のポイントについて、初心者にもわかりやすく解説します。

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

新聞業界におけるBPRとは

新聞業界は、デジタル化の進展や読者ニーズの多様化など、大きな変革期を迎えています。こうした中で、業界全体の競争力を高め、持続的な成長を実現するためには、業務プロセスを抜本的に見直し、効率化と高付加価値化を図ることが不可欠です。それを実現するための手法の一つが、ビジネスプロセス・リエンジニアリング(BPR)です。

BPRの定義と概要

BPRとは、業務の本来の目的に立ち返り、既存の組織や制度にとらわれずに、プロセスの視点から職務、業務フロー、管理機構、情報システムなどを抜本的に見直し、再設計することを指します。単なる業務の効率化ではなく、顧客価値の創造や競争優位性の確立を目指すところに特徴があります。

BPRを進める上では、以下のようなステップが重要となります。

  1. 現状の業務プロセスを可視化し、問題点を明らかにする
  2. 業務の本来の目的を再定義する
  3. 目的達成に向けた理想的なプロセスを設計する
  4. 新たなプロセスを実装し、運用する
  5. PDCAサイクルを回し、継続的な改善を図る

新聞業界が直面する課題

新聞業界は現在、構造的な課題に直面しています。主な課題は以下の通りです。

課題 内容
発行部数の減少 インターネットの普及などにより、新聞離れが進んでいる
広告収入の減少 発行部数の減少に伴い、紙面広告の売上が落ち込んでいる
コスト構造の硬直化 印刷や流通のコストが高止まりしており、収益を圧迫している
デジタル化への対応の遅れ オンライン上での情報発信や課金モデルの構築が十分でない

こうした課題に対応するには、従来の業務プロセスを抜本的に見直し、付加価値の高い事業への転換を図る必要があります。

BPRが新聞業界に必要な理由

新聞業界がBPRに取り組む意義は、以下の3点に集約されます。

  1. コスト削減と生産性向上
    非効率な業務プロセスを刷新することで、コストを大幅に削減し、生産性を高めることができます。例えば、印刷工程の自動化や配送ルートの最適化などが考えられます。
  2. 付加価値の創出
    単なる紙面の提供にとどまらず、読者に価値ある情報やサービスを提供することで、差別化を図ることができます。例えば、オンライン上での有料コンテンツの拡充やイベントの開催などが挙げられます。
  3. 組織の変革
    部門間の壁を取り払い、柔軟で機動的な組織へと変革することで、環境変化に迅速に対応できるようになります。例えば、編集と広告の連携強化やデジタル人材の育成などが重要となります。

以上のように、BPRは新聞業界が直面する構造的な課題を克服し、新たな価値を創出するための有効なアプローチといえるでしょう。各社がBPRの取り組みを加速し、業界全体の変革を進めていくことが求められています。

新聞業界でのBPR適用分野

新聞業界におけるBPRの適用分野は多岐にわたりますが、大きく分けると編集・制作工程、印刷・発送プロセス、デジタル化対応の3つに集約されます。これらの分野で業務プロセスを抜本的に見直し、効率化と高付加価値化を進めることが、新聞社の競争力強化につながります。

編集・制作工程の効率化

記事の取材から編集、レイアウトに至るまでの一連の工程は、従来、手作業に頼る部分が多く、非効率な面がありました。BPRでは、記者の働き方改革や編集システムの刷新などを通じて、業務フローを最適化することが求められます。

具体的には、以下のような取り組みが考えられます。

  • 取材活動の効率化(オンラインでの取材の活用、情報共有の促進など)
  • 原稿作成プロセスの改善(クラウド型の編集システムの導入、テンプレートの活用など)
  • レイアウト作業の自動化(AIを活用した紙面のデザイン、記事の自動配置など)

これらの施策により、編集・制作にかかる時間とコストを削減し、人的リソースを高付加価値な業務に振り向けることが可能となります。

印刷・発送プロセスの最適化

印刷から読者への配達に至るプロセスには、多くの関係者が関与しており、ムダやロスが生じやすいのが実情です。BPRでは、各工程の自動化・省力化を進めるとともに、全体最適の観点からプロセス改革を図ることが重要となります。

印刷・発送の最適化に向けては、以下のようなアプローチが有効です。

  • 輪転機の自動化・省人化(IoTの活用、リモート監視体制の整備など)
  • 配送ルートの見直し(GPSを活用した最適ルートの設定、配送拠点の再編など)
  • 流通プロセス全体の可視化(RFIDタグの活用、トレーサビリティの向上など)

こうした取り組みを通じて、人手不足の解消や配送コストの削減を実現し、収益性の改善につなげることができるでしょう。

デジタル化への対応とマルチチャネル展開

新聞のデジタル化は今や不可避の課題であり、紙とデジタルの両立を図るマルチチャネル戦略が求められています。BPRでは、従来の紙の新聞にとらわれない発想で、新たなビジネスモデルや提供価値を創出することが重要となります。

デジタル化の推進とマルチチャネル展開に向けては、以下のような取り組みが考えられます。

  • デジタルコンテンツの拡充(有料会員サービスの拡大、動画コンテンツの強化など)
  • オンライン広告の強化(ネイティブ広告の拡販、データ活用の高度化など)
  • 他業界との連携(キュレーションサービスの展開、EC事業の強化など)
  • オフラインイベントの開催(読者参加型のイベント、セミナー・講演会の実施など)

紙の新聞にはない価値を提供し、読者との接点を多様化することで、新たな収益源の確保と顧客ロイヤルティの向上を図ることができるはずです。

BPRを通じて、新聞社は編集・制作、印刷・発送、デジタル化の各分野で変革を進め、新たな価値創造を実現していく必要があります。そのためには、部門の垣根を越えた連携と、トップのリーダーシップが不可欠です。業界の枠組みにとらわれない発想で、新聞社の進むべき道筋を描いていくことが求められているのです。

新聞業界におけるBPR導入のステップ

新聞業界がBPRを導入する際には、段階的なアプローチが重要となります。現状の課題を正しく認識し、目標を明確にした上で、新しいプロセスを設計・実装していく必要があります。ここでは、BPR導入の主なステップについて解説します。

現状分析とボトルネックの特定

BPRの第一歩は、現状の業務プロセスを可視化し、問題点や非効率な部分を明らかにすることです。具体的には、以下のような手法を用いて現状分析を行います。

  • プロセスマッピング(業務フローの図式化)
  • タイムスタディ(作業時間の計測と分析)
  • ヒアリング(現場の担当者からの聞き取り)
  • ベンチマーキング(他社との比較分析)

こうした分析を通じて、ボトルネックとなっている工程や、ムダな作業を特定することができます。例えば、記事の校閲に時間がかかり過ぎている、印刷工程での手待ち時間が長いなどの問題が浮かび上がってくるでしょう。

目標設定とKPIの設定

現状分析を踏まえ、BPRの目標を明確に設定することが重要です。目標は、単なる効率化にとどまらず、顧客価値の向上や競争優位性の確立につながるものでなければなりません。

目標設定に当たっては、以下のような点を考慮します。

  • どのような価値を提供するのか(情報の質の向上、読者との接点強化など)
  • どの程度の効率化を目指すのか(コスト削減率、リードタイムの短縮率など)
  • どのようなスキルやノウハウが必要か(デジタル人材の育成、先進技術の導入など)

また、目標達成度を測る指標(KPI)を設定し、定期的に進捗をモニタリングすることが求められます。例えば、記事の生産性(記者一人当たりの記事本数)や、紙面の満足度(読者アンケートの結果)などが考えられます。

新しいプロセスの設計と実装

目標が明確になったら、次は新しい業務プロセスの設計に着手します。設計に当たっては、現場の担当者を巻き込みながら、理想的なプロセスを可視化していくことが重要です。

新しいプロセスを設計する際のポイントは、以下の通りです。

  • シンプルで分かりやすいプロセスにする
  • ムダな作業を徹底的に排除する
  • ITツールを活用して自動化・省力化を図る
  • 関係部署間の連携を円滑にする

設計が完了したら、実際に新しいプロセスを実装に移します。その際、ポイントとなるのが、以下の2点です。

  1. トップのリーダーシップによる全社的な推進
    社長自らがBPRの意義を社内に発信し、全社一丸となって取り組む体制を整備します。
  2. 段階的な導入とPDCAサイクルの徹底
    一度に全ての工程を変えるのではなく、部分的に導入した上で、効果を検証しながら改善を重ねていきます。

さらに、実装後も継続的なモニタリングと改善が欠かせません。定期的に成果を確認し、PDCAサイクルを回しながら、より高い次元でのプロセス改革を追求していくことが求められるのです。

以上のように、BPRは一朝一夕で達成できるものではありません。トップのコミットメントの下、現場が一体となって取り組んでいくことが何より重要です。新聞業界が変革期を乗り越え、新たな時代を切り拓くためには、BPRの着実な遂行が不可欠だと言えるでしょう。

BPR成功のポイントと留意点

新聞業界におけるBPRを成功に導くためには、いくつかの重要なポイントと留意点があります。トップのリーダーシップ、部門間連携、継続的改善などが鍵を握ります。ここでは、BPR推進に当たって特に意識すべき点を解説します。

トップのリーダーシップと明確なビジョン

BPRは、組織や業務プロセスの抜本的な見直しを伴うため、トップのリーダーシップが何より重要となります。社長自らがBPRの意義を社内に発信し、変革への強い意志を示すことが求められます。

また、BPRの目標を明確に定め、将来のあるべき姿を示すことも欠かせません。部門の壁を越えて、全社一丸となって取り組む体制を整備する必要があります。トップは、以下のような役割を果たすことが期待されます。

  • BPRの必要性と目的を明確に伝える
  • 現場の声に耳を傾け、課題認識を共有する
  • 改革を阻害する要因を取り除く
  • 必要なリソース(予算、人材など)を確保する

変革への不安や抵抗を払拭し、社員のモチベーションを高めていくことも重要です。トップが率先して行動を示すことで、組織全体に変革の機運が醸成されていくのです。

部門間連携とコミュニケーション

BPRでは、部門間の壁を取り払い、組織横断的なコミュニケーションを活性化させることが重要なポイントとなります。編集、営業、システムなど、各部門が連携しながらプロセスの改善を進めていく必要があります。

部門間連携を円滑に進めるためには、以下のような取り組みが有効です。

  • プロジェクトチームの編成(各部門のキーパーソンを集める)
  • 定期的な進捗会議の実施(情報共有と課題の議論)
  • 合同研修の実施(相互理解とコミュニケーションの活性化)
  • 成果の共有と表彰(連携の成果を可視化し、モチベーションにつなげる)

従来の「縦割り」の発想を転換し、プロセス起点で物事を捉えられるよう、意識改革を図ることが肝要です。連携が進むことで、ムダな作業や重複した工程を排除し、全体最適を実現することができるでしょう。

継続的な改善とPDCAサイクル

BPRは一時的なプロジェクトではなく、継続的な取り組みとして位置付けることが重要です。新しいプロセスを設計・導入した後も、運用状況を定期的にモニタリングし、PDCAサイクルを回しながら改善を重ねていく必要があります。

具体的には、以下のようなPDCAサイクルを確立することが望まれます。

  1. Plan(計画)
    改善すべき課題を特定し、達成目標と実行計画を策定する。
  2. Do(実行)
    計画に基づき、新しいプロセスを実行に移す。小さく始めて、徐々に範囲を広げていく。
  3. Check(評価)
    事前に設定したKPIに基づき、定期的に進捗や効果を検証する。必要に応じてプロセスを微調整する。
  4. Act(改善)
    評価結果を踏まえ、プロセスの見直しや新たな施策の立案を行う。PDCAを継続的に回していく。

PDCAサイクルを回すためには、現場の主体的な関与が欠かせません。小さな改善でも、着実に積み重ねていくことが、業務プロセス全体の最適化につながります。失敗を恐れずにチャレンジし、学びを次の改善につなげていく文化を根付かせることが重要です。

以上のように、BPRの成功には、トップのリーダーシップ、部門間連携、継続的改善が不可欠です。変革への強い意志を持ち、従来の殻を破る発想で、新しい業務プロセスを追求していくことが求められます。地道な積み重ねの先に、新聞業界の変革の道が拓けるはずです。

新聞業界のBPR成功事例

近年、新聞業界ではビジネスプロセス・リエンジニアリング(BPR)の取り組みが活発化しています。デジタル化の進展や読者ニーズの多様化といった環境変化に対応するため、業務プロセスを抜本的に見直し、効率化と高付加価値化を図る動きが加速しているのです。ここでは、国内外の新聞社によるBPR成功事例を紹介します。

某全国紙のBPR事例と成果

国内大手の某全国紙では、編集・制作工程の効率化に向けたBPRを実施しました。従来の紙とペンによる記事執筆から、クラウド型の編集システムに移行。記者は外出先からスマートフォンで原稿を書き、編集者とリアルタイムで共有できるようになりました。その結果、記事の執筆から校了までのリードタイムを30%短縮することに成功。記者の生産性が向上しただけでなく、締め切り間際の残業も大幅に減りました。

さらに、同社ではAIを活用した自動レイアウトシステムも導入。熟練の紙面デザイナーの知見をAIに学習させることで、紙面の自動生成を可能にしました。この取り組みにより、レイアウト作業の工数を半減させつつ、紙面の品質を維持することができたのです。人的リソースを編集業務に集中させることで、記事の質の向上にもつなげています。

某ローカル紙のBPR事例と成果

地方の某ローカル紙では、印刷工程と流通プロセスの最適化に注力。輪転機にIoTセンサーを設置し、印刷の進捗状況をリアルタイムで把握できる仕組みを構築しました。これにより、印刷部数の予測精度が向上し、印刷用紙のロス率を5%削減することに成功。コスト削減効果は年間数千万円に上ります。

発送業務では、配送ルートの見直しに着手。新聞販売店との連携の下、GPSデータを活用して最適な配送ルートを設計しました。その結果、配送コストを15%削減しつつ、読者への配達時間を10分短縮することができました。朝刊の到着時間が早まったことで、読者満足度の向上にもつながっています。

海外の新聞社におけるBPR事例

BPRの先進事例として、海外の新聞社の取り組みも注目に値します。例えば、米国のあるメディア企業では、報道と経営の連携強化を目的としたBPRを断行。ニュースルームと経営陣が一体となって戦略を立案する体制を整備し、意思決定の迅速化を実現しました。記者クラブ制度がない同国では、他メディアとの競争が激しく、スピード経営が求められます。経営サイドが報道の最前線の声を迅速に吸い上げ、果敢な経営判断を下せる組織作りを進めているのです。

また、英国の高級紙では、事業の多角化を見据えたBPRに着手。新聞の発行だけでなく、オンライン動画やポッドキャスト、ウェビナーの制作にリソースを投下し、新たな収益源の開拓を進めています。デジタル時代に即した組織改革とスキルシフトを推進することで、従来の新聞社の枠を超えたメディア企業への進化を遂げつつあります。

このように、新聞業界におけるBPRの成功事例は、国内外で数多く見られます。各社が、自社の置かれた環境や強みを踏まえながら、業務プロセスの抜本的な改革に挑戦。ムダを排除し、付加価値を高める取り組みを地道に積み重ねることで、着実な成果を上げているのです。今後も、デジタル化の進展や読者ニーズの変化を見据えた不断の業務改善が欠かせません。他社の成功事例に学びつつ、自社の変革の道筋を描いていくことが求められます。

新聞業界におけるBPRとは

新聞業界は、デジタル化の進展や読者ニーズの多様化など、大きな変革期を迎えています。こうした中で、業界全体の競争力を高め、持続的な成長を実現するためには、業務プロセスを抜本的に見直し、効率化と高付加価値化を図ることが不可欠です。それを実現するための手法の一つが、ビジネスプロセス・リエンジニアリング(BPR)です。

BPRの定義と概要

BPRとは、業務の本来の目的に立ち返り、既存の組織や制度にとらわれずに、プロセスの視点から職務、業務フロー、管理機構、情報システムなどを抜本的に見直し、再設計することを指します。単なる業務の効率化ではなく、顧客価値の創造や競争優位性の確立を目指すところに特徴があります。

BPRを進める上では、以下のようなステップが重要となります。

  1. 現状の業務プロセスを可視化し、問題点を明らかにする
  2. 業務の本来の目的を再定義する
  3. 目的達成に向けた理想的なプロセスを設計する
  4. 新たなプロセスを実装し、運用する
  5. PDCAサイクルを回し、継続的な改善を図る

新聞業界が直面する課題

新聞業界は現在、構造的な課題に直面しています。主な課題は以下の通りです。

課題 内容
発行部数の減少 インターネットの普及などにより、新聞離れが進んでいる
広告収入の減少 発行部数の減少に伴い、紙面広告の売上が落ち込んでいる
コスト構造の硬直化 印刷や流通のコストが高止まりしており、収益を圧迫している
デジタル化への対応の遅れ オンライン上での情報発信や課金モデルの構築が十分でない

こうした課題に対応するには、従来の業務プロセスを抜本的に見直し、付加価値の高い事業への転換を図る必要があります。

BPRが新聞業界に必要な理由

新聞業界がBPRに取り組む意義は、以下の3点に集約されます。

  1. コスト削減と生産性向上
    非効率な業務プロセスを刷新することで、コストを大幅に削減し、生産性を高めることができます。例えば、印刷工程の自動化や配送ルートの最適化などが考えられます。
  2. 付加価値の創出
    単なる紙面の提供にとどまらず、読者に価値ある情報やサービスを提供することで、差別化を図ることができます。例えば、オンライン上での有料コンテンツの拡充やイベントの開催などが挙げられます。
  3. 組織の変革
    部門間の壁を取り払い、柔軟で機動的な組織へと変革することで、環境変化に迅速に対応できるようになります。例えば、編集と広告の連携強化やデジタル人材の育成などが重要となります。

以上のように、BPRは新聞業界が直面する構造的な課題を克服し、新たな価値を創出するための有効なアプローチといえるでしょう。各社がBPRの取り組みを加速し、業界全体の変革を進めていくことが求められています。

新聞業界でのBPR適用分野

新聞業界におけるBPRの適用分野は多岐にわたりますが、大きく分けると編集・制作工程、印刷・発送プロセス、デジタル化対応の3つに集約されます。これらの分野で業務プロセスを抜本的に見直し、効率化と高付加価値化を進めることが、新聞社の競争力強化につながります。

編集・制作工程の効率化

記事の取材から編集、レイアウトに至るまでの一連の工程は、従来、手作業に頼る部分が多く、非効率な面がありました。BPRでは、記者の働き方改革や編集システムの刷新などを通じて、業務フローを最適化することが求められます。

具体的には、以下のような取り組みが考えられます。

  • 取材活動の効率化(オンラインでの取材の活用、情報共有の促進など)
  • 原稿作成プロセスの改善(クラウド型の編集システムの導入、テンプレートの活用など)
  • レイアウト作業の自動化(AIを活用した紙面のデザイン、記事の自動配置など)

これらの施策により、編集・制作にかかる時間とコストを削減し、人的リソースを高付加価値な業務に振り向けることが可能となります。

印刷・発送プロセスの最適化

印刷から読者への配達に至るプロセスには、多くの関係者が関与しており、ムダやロスが生じやすいのが実情です。BPRでは、各工程の自動化・省力化を進めるとともに、全体最適の観点からプロセス改革を図ることが重要となります。

印刷・発送の最適化に向けては、以下のようなアプローチが有効です。

  • 輪転機の自動化・省人化(IoTの活用、リモート監視体制の整備など)
  • 配送ルートの見直し(GPSを活用した最適ルートの設定、配送拠点の再編など)
  • 流通プロセス全体の可視化(RFIDタグの活用、トレーサビリティの向上など)

こうした取り組みを通じて、人手不足の解消や配送コストの削減を実現し、収益性の改善につなげることができるでしょう。

デジタル化への対応とマルチチャネル展開

新聞のデジタル化は今や不可避の課題であり、紙とデジタルの両立を図るマルチチャネル戦略が求められています。BPRでは、従来の紙の新聞にとらわれない発想で、新たなビジネスモデルや提供価値を創出することが重要となります。

デジタル化の推進とマルチチャネル展開に向けては、以下のような取り組みが考えられます。

  • デジタルコンテンツの拡充(有料会員サービスの拡大、動画コンテンツの強化など)
  • オンライン広告の強化(ネイティブ広告の拡販、データ活用の高度化など)
  • 他業界との連携(キュレーションサービスの展開、EC事業の強化など)
  • オフラインイベントの開催(読者

    まとめ:新聞業界の未来とBPRの重要性

    新聞業界は今、大きな変革期を迎えています。デジタル化の進展や読者ニーズの多様化に対応するには、従来の業務プロセスを抜本的に見直し、効率化と高付加価値化を実現することが不可欠です。そのための有効な手法の一つが、ビジネスプロセス・リエンジニアリング(BPR)です。

    新聞業界が生き残るためのBPRの必要性

    BPRは、業務の本来の目的に立ち返り、既存の組織や制度にとらわれずに、プロセスの視点から職務、業務フロー、管理機構、情報システムなどを抜本的に見直し、再設計する取り組みです。新聞業界が発行部数の減少や広告収入の落ち込みといった構造的な課題を克服するには、コスト構造の見直しと付加価値の創出が欠かせません。BPRは、まさにそのための有効なアプローチと言えるでしょう。

    編集・制作工程の効率化、印刷・発送プロセスの最適化、デジタル化への対応など、BPRの適用分野は多岐にわたります。各社が自社の強みを生かしつつ、業務プロセスの改革に着手することで、競争力の強化と収益性の改善を実現することができるはずです。

    BPRを通じた新聞社の変革と競争力強化

    BPRを成功に導くためには、トップのリーダーシップと強いコミットメントが不可欠です。部門の垣根を越えて、全社一丸となって変革に取り組む体制を整備する必要があります。加えて、現場の主体的な関与を促し、PDCAサイクルを回しながら継続的な改善を図ることが重要となります。

    国内外の新聞社の事例を見ると、BPRによって大きな成果を上げた例が数多くあります。記事制作の生産性向上、印刷コストの削減、配送時間の短縮など、具体的な改善効果が報告されています。従来の業界の常識や慣行にとらわれない発想で、新たな付加価値を生み出す取り組みも注目されます。

    読者視点に立った価値提供とサービス向上

    BPRは、単なる効率化の手法ではありません。究極的な目的は、読者により良い価値を提供し、満足度を高めることにあります。デジタルシフトの加速や読者ニーズの変化を踏まえ、紙の新聞にはない新たな価値を創出していく必要があります。

    オンラインでの有料コンテンツの拡充、アプリを通じたパーソナライズされた情報配信、読者参加型のイベント開催など、読者視点に立った多様なサービスが求められています。単なるニュース提供者から、読者に寄り添う情報のナビゲーターへ。新聞社の役割そのものを問い直すことが、これからの時代を生き抜く上で欠かせません。

    変革の道のりは平坦ではありませんが、BPRはその実現に向けた強力な武器となるはずです。業界の垣根を越えた連携も視野に入れながら、新聞社自身が変革のロールモデルとなること。それが新聞業界の未来を切り拓く鍵となるでしょう。各社がBPRの取り組みを加速し、新たな時代にふさわしい新聞像を追求していくことを期待したいと思います。

    まとめ

    新聞業界は今、デジタル化や読者ニーズの変化に伴う大きな変革期にあります。発行部数の減少や広告収入の落ち込みなどの構造的な課題を克服するには、業務プロセスを抜本的に見直し、効率化と高付加価値化を実現するBPRが不可欠です。編集・制作、印刷・発送、デジタル対応など、様々な分野でムダを排除し、付加価値を高める取り組みが求められます。トップのリーダーシップの下、部門間の連携を密にし、PDCAサイクルを回しながら継続的な改善を進めることが成功の鍵となります。BPRを通じて、新聞社は読者により良い価値を提供し、競争力を強化していくことができるでしょう。変革の道のりは平坦ではありませんが、新聞業界の未来を切り拓くために、各社のBPRへの取り組みに大きな期待が寄せられています。

    参考文献

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次