デシル分析とは: 初心者向けに10分で解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

顧客の購買行動を理解し、マーケティング戦略を最適化するために、デシル分析が注目されています。デシル分析とは、売上データをもとに全顧客を累積の購入金額の高い方から10のランクに等分し、購入比率や売上高構成比、1人あたり購入金額などをランクごとに算出する分析方法です。この手法を用いることで、上位顧客層と下位顧客層の特徴を明らかにし、セグメントに応じたアプローチを検討することができます。本記事では、デシル分析の概要から手順、結果の見方まで、初心者の方にも分かりやすく解説します。データに基づくマーケティング意思決定を支援するデシル分析を活用し、売上拡大とロイヤルティ向上につなげましょう。

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

デシル分析とは何か

デシル分析の定義と概要

デシル分析とは、顧客を購入金額や利用頻度などの指標に基づいて10等分し、各グループの特徴を分析する手法です。デシルとは10分位数を意味し、顧客を10のグループに分けることから、この名称がつけられています。

具体的には、まず顧客を累積の購入金額が高い順に並べ、全体を10等分します。そして、各グループ(デシル)ごとに購入比率や売上高構成比、1人あたりの購入金額などを算出し、グループ間の差異を比較分析します。これにより、上位顧客層の特徴や購買行動、また下位顧客層の課題などを明らかにすることができます。

デシル分析の目的と意義

デシル分析の主な目的は、顧客セグメンテーションを行い、マーケティング戦略の最適化を図ることです。顧客を購入金額などの指標で分類し、各グループの特性を把握することで、より効果的なアプローチ方法を検討できます。

例えば、上位デシルの顧客は、全体の売上に大きく貢献している一方で、人数は限られています。この層に対しては、ロイヤルティプログラムの充実や特別な優遇措置を講じることで、さらなる売上拡大を目指すことができるでしょう。

一方、下位デシルの顧客は、購入金額や頻度が低く、売上への貢献度は小さいものの、将来的な成長の可能性を秘めているかもしれません。この層に対しては、購買を促進するためのキャンペーンや、ニーズに合ったレコメンデーションを行うなど、きめ細やかなアプローチが求められます。

このように、デシル分析は顧客の状況に応じたマーケティング施策の立案に役立ちます。画一的な施策ではなく、顧客の特性に合わせた最適なアプローチを行うことで、顧客満足度の向上とともに、売上やロイヤルティの向上につなげることができるのです。

デシル分析の活用場面

デシル分析は、小売業や通信業、金融業など、幅広い業界で活用されています。特に、以下のような場面で威力を発揮します。

  1. 顧客の優先順位付け:上位デシルの顧客を特定し、重点的にアプローチすることで、効率的な売上拡大を図ることができます。
  2. 商品開発やプロモーション戦略の立案:デシル別の購買傾向を分析することで、各グループに最適な商品開発やプロモーション戦略を立案できます。
  3. チャーン予測と防止:下位デシルの顧客は、離反リスクが高い傾向にあります。早期に対策を講じることで、顧客流出を防ぐことができます。
  4. 顧客生涯価値(CLV)の予測:デシル別の購買データを用いて、将来の顧客生涯価値を予測することができます。

以上のように、デシル分析は、データに基づく意思決定を支援し、マーケティング ROI の最大化に貢献する重要な手法といえます。顧客理解を深め、最適なマーケティング戦略を立案するために、ぜひデシル分析を活用してみてください。

デシル分析の手順

デシル分析を行うには、いくつかの手順を踏む必要があります。ここでは、デシル分析の一般的な手順について解説します。

顧客データの準備と前処理

デシル分析を行うためには、まず顧客の購買データを収集し、分析に適した形式に整えることが重要です。必要なデータには、顧客ID、購入日、購入金額などが含まれます。データのクリーニングや統合を行い、分析に耐えうる品質のデータを準備します。

前処理の過程では、以下のような作業が行われます。

  • 欠損値や異常値の処理
  • 重複データの削除
  • データの統合と整形
  • 分析に必要な変数の選択と加工

これらの作業を通じて、デシル分析に適したデータセットを用意します。

デシルの分割方法

次に、準備したデータをもとに、顧客を10のグループ(デシル)に分割します。分割の基準には、累積の購入金額や購入頻度などが用いられます。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. 顧客を累積の購入金額が高い順に並べる。
  2. 全体の顧客数を10で割り、各デシルの顧客数を決定する。
  3. 累積の購入金額が高い方から順に、各デシルに顧客を割り当てる。

例えば、全体の顧客数が1,000人の場合、各デシルには100人ずつ割り当てられます。累積の購入金額上位100人が第1デシル、次の100人が第2デシルというように分割されます。

各デシルの指標算出方法

デシルごとに分割された顧客データをもとに、各種指標を算出します。主な指標には以下のようなものがあります。

  • 購入比率:各デシルの顧客数が全体に占める割合。
  • 売上高構成比:各デシルの売上高が全体の売上高に占める割合。
  • 1人あたり購入金額:各デシルの平均購入金額。
  • 購入頻度:各デシルの平均購入回数。

これらの指標を算出することで、デシル間の差異を定量的に把握することができます。上位デシルと下位デシルの購買行動の違いや、売上への貢献度の差などが明らかになります。

算出された指標は、グラフや表を用いて可視化されることが多いです。デシル間の比較を行いやすくするために、棒グラフや折れ線グラフなどが活用されます。

以上が、デシル分析の基本的な手順です。顧客データの準備から、デシルの分割、指標の算出までを行うことで、顧客の購買行動の特徴を明らかにすることができます。得られた知見をもとに、マーケティング戦略の最適化を図っていきましょう。

デシル分析の結果の見方

デシル表の構成と読み方

デシル分析の結果は、通常、デシル表と呼ばれる形式で表現されます。デシル表は、顧客を累積の購入金額が高い順に10のグループ(デシル)に分割し、各デシルの特徴を示したものです。

デシル表の主な構成要素は以下の通りです。

  • デシル番号:累積の購入金額が高い方から順に、1〜10の番号が割り当てられます。
  • 購入比率:各デシルの顧客数が全体に占める割合を示します。
  • 売上高構成比:各デシルの売上高が全体の売上高に占める割合を示します。
  • 1人あたり購入金額:各デシルの平均購入金額を示します。
  • 購入頻度:各デシルの平均購入回数を示します。

デシル表を読み解くポイントは、上位デシルと下位デシルの差異に着目することです。売上高構成比や1人あたり購入金額などの指標を比較することで、上位顧客層と下位顧客層の購買行動の違いが明らかになります。

上位デシルと下位デシルの特徴

デシル分析の結果から、上位デシルと下位デシルの特徴を読み取ることができます。一般的に、以下のような傾向が見られます。

上位デシル(特に第1〜3デシル)の特徴:

  • 購入比率は低いが、売上高構成比は非常に高い。
  • 1人あたり購入金額が高く、購入頻度も多い。
  • ロイヤルカスタマーとして、売上に大きく貢献している。

下位デシル(特に第8〜10デシル)の特徴:

  • 購入比率は高いが、売上高構成比は低い。
  • 1人あたり購入金額が低く、購入頻度も少ない。
  • 売上への貢献度は小さいが、潜在的な成長の余地がある。

これらの特徴を踏まえ、上位顧客層には特別な優遇措置を講じ、下位顧客層には購買を促進するためのアプローチを行うなど、デシルごとに最適なマーケティング施策を立案することが重要です。

デシル分析から得られる気づきと示唆

デシル分析の結果から得られる主な気づきと示唆は以下の通りです。

  1. 顧客ごとの売上貢献度の差が明確になる:上位デシルの顧客が売上の大部分を占めていることが分かり、重点的に対応すべき顧客層が明らかになります。
  2. マーケティング施策の最適化に役立つ:デシルごとに購買行動の特徴が異なるため、セグメントに応じたアプローチを検討することができます。
  3. 顧客生涯価値(CLV)の予測に活用できる:デシル別の購買データをもとに、将来の顧客生涯価値を予測し、長期的な顧客戦略を立案することができます。
  4. チャーン予防策の立案に役立つ:下位デシルの顧客は離反リスクが高いため、早期の対応策を講じることが可能になります。

以上のように、デシル分析は顧客の購買行動の全体像を把握し、データに基づくマーケティング意思決定を支援する強力なツールです。分析結果を活用し、顧客セグメンテーションの精緻化やマーケティング施策の最適化を図ることで、売上の拡大とロイヤルティの向上につなげることができるでしょう。

まとめ

デシル分析は、顧客を購入金額順に10等分し、各グループの特徴を分析することで、マーケティング戦略の最適化に役立つ手法です。上位デシルの顧客は売上に大きく貢献する一方、下位デシルの顧客は将来の成長可能性を秘めています。デシル分析を活用することで、顧客セグメントごとに最適なアプローチを検討し、売上拡大とロイヤルティ向上につなげることができるでしょう。データに基づく意思決定を支援するデシル分析を、ぜひマーケティング施策に取り入れてみてください。

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次