ユニバーサルリンクとは?機能と仕組みを徹底解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

スマートフォンの普及に伴い、多くの企業がWebサイトだけでなくアプリも提供するようになりました。しかし、ユーザーがWebサイトとアプリを行き来する際には、利便性やユーザーエクスペリエンスの面で課題がありました。この問題を解決するために、Appleが提供しているのがユニバーサルリンクです。本記事では、ユニバーサルリンクの概要や仕組み、メリットとデメリットについて詳しく解説します。ユニバーサルリンクを導入することで、Webサイトとアプリのシームレスな連携が可能となり、ユーザー体験の向上とアプリの利用促進につながります。アプリ開発者やマーケターの方は、ぜひユニバーサルリンクの活用を検討してみてください。

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

ユニバーサルリンクとは

ユニバーサルリンクとは、Appleが提供している機能の一つで、iOSデバイス上でWebサイトのリンクをクリックした際に、対応するアプリがインストールされていれば自動的にそのアプリを起動させる仕組みです。従来のディープリンクと異なり、アプリのインストールが不要な点が大きな特徴となっています。本記事では、ユニバーサルリンクの概要や特徴、ディープリンクとの違いについて詳しく解説していきます。

ユニバーサルリンクの概要

ユニバーサルリンクは、iOS 9以降のiOSデバイスで利用可能な機能です。Webサイトとアプリを連携させることで、ユーザーがWebサイト上のリンクをクリックした際に、シームレスにアプリを起動させることができます。これにより、ユーザーはアプリのインストールを意識することなく、スムーズにアプリの特定のページにアクセスできるようになります。

ユニバーサルリンクを導入するには、以下の手順が必要です。

  1. Webサイトのドメインとアプリを関連付ける設定ファイル(apple-app-site-association)を作成し、Webサイトのルートディレクトリに配置する。
  2. アプリ側でユニバーサルリンクに対応するための設定を行う。
  3. アプリをApp Storeに提出し、審査を通過させる。

これらの設定が完了すると、ユーザーがWebサイト上のユニバーサルリンクをクリックした際に、対応するアプリが起動するようになります。

ユニバーサルリンクの特徴

ユニバーサルリンクには、以下のような特徴があります。

  • アプリのインストールが不要:ユニバーサルリンクは、アプリがインストールされていなくてもWebサイトのリンクから直接アプリを起動できます。これにより、ユーザーにアプリのインストールを促す必要がなくなります。
  • セキュアな連携:ユニバーサルリンクは、HTTPSで提供されるWebサイトとアプリの間で安全に連携が行われます。これにより、悪意のあるリンクによるアプリの不正な起動を防ぐことができます。
  • アプリの利用促進:ユニバーサルリンクを導入することで、Webサイトからアプリへのスムーズな誘導が可能となり、アプリの利用促進につながります。
  • ユーザーエクスペリエンスの向上:ユニバーサルリンクを使用することで、ユーザーはWebサイトとアプリをシームレスに行き来できるようになり、利便性が高まります。

ユニバーサルリンクとディープリンクの違い

ユニバーサルリンクと似た機能としてディープリンクがありますが、両者には以下のような違いがあります。

ユニバーサルリンク ディープリンク
アプリのインストール 不要 必要
リンクの形式 通常のHTTPSリンク カスタムURLスキーム
セキュリティ 高い 低い
対応OS iOS 9以降 iOS, Android

ディープリンクは、アプリ固有のカスタムURLスキームを使用してアプリを起動する手法です。ユーザーがリンクをクリックした際に、対応するアプリがインストールされていれば、そのアプリを起動し、特定のページを表示できます。しかし、ディープリンクはカスタムURLスキームを使用するため、セキュリティ面で脆弱性があり、アプリのインストールが必須となります。

一方、ユニバーサルリンクは通常のHTTPSリンクを使用し、アプリのインストールが不要であるため、ユーザーにとって利便性が高く、セキュリティ面でも優れています。ただし、ユニバーサルリンクはiOS 9以降のデバイスでのみ利用可能であるのに対し、ディープリンクはiOSとAndroidの両方で利用できるという違いがあります。

以上のように、ユニバーサルリンクはiOSアプリとWebサイトを連携させるための強力な機能であり、ユーザーエクスペリエンスの向上とアプリの利用促進に大きく貢献します。アプリ開発者にとっては、ユニバーサルリンクの導入を検討することで、アプリとWebサイトのシームレスな連携を実現し、ユーザーにより良いサービスを提供することができるでしょう。

ユニバーサルリンクの仕組み

ユニバーサルリンクは、AppleがiOSデバイス上でWebサイトとアプリを連携させるために提供している機能です。この仕組みにより、ユーザーはWebサイト上のリンクをクリックするだけで、シームレスにアプリの特定のページを開くことができます。ここでは、ユニバーサルリンクの設定方法、Appleのアプリ連携の仕組み、そしてユニバーサルリンクの動作フローについて詳しく解説していきます。

ユニバーサルリンクの設定方法

ユニバーサルリンクを利用するには、以下の手順が必要です。

  1. Webサイトのドメインとアプリを関連付ける設定ファイル(apple-app-site-association)を作成します。このファイルには、アプリのバンドルIDとアプリが処理できるパスを記述します。
  2. 作成した設定ファイルをWebサイトのルートディレクトリ、または/.well-known/ディレクトリに配置します。ファイルはSSL証明書で保護されたHTTPS経由で提供する必要があります。
  3. アプリ側でユニバーサルリンクを処理するためのコードを実装します。アプリのXcodeプロジェクトにおいて、Associated Domainsを有効にし、Webサイトのドメインを登録します。
  4. アプリをApp Storeに提出し、審査を通過させます。

これらの設定が完了すると、iOSデバイス上でWebサイトのリンクをクリックした際に、対応するアプリが起動するようになります。

Appleのアプリ連携の仕組み

Appleは、iOSデバイスとアプリの連携を強化するために、様々な技術を提供しています。ユニバーサルリンクもその一つであり、他にもHandoff、Siriの機能拡張、App Clipsなどがあります。これらの技術は、ユーザーがアプリを使用する際の利便性を高め、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現するために設計されています。

Appleのアプリ連携の仕組みは、iOSのシステムレベルで動作します。例えば、ユニバーサルリンクの場合、iOSはWebサイトから設定ファイルを取得し、アプリとの関連付けを認識します。これにより、Webサイト上のリンクがアプリに関連付けられたものであると判断された場合、そのリンクをクリックすると自動的にアプリが起動されるのです。

ユニバーサルリンクの動作フロー

ユニバーサルリンクが動作するまでのフローは、以下のようになります。

  1. ユーザーがiOSデバイス上でWebサイトのリンクをクリックします。
  2. iOSシステムがリンクのURLを解析し、そのURLがユニバーサルリンクに関連付けられているかどうかを判断します。
  3. URLがユニバーサルリンクに関連付けられている場合、iOSはアプリがデバイスにインストールされているかどうかを確認します。
  4. アプリがインストールされている場合、iOSはアプリを起動し、リンクに関連付けられたアプリ内の特定のページを開きます。
  5. アプリがインストールされていない場合、iOSはWebサイトのリンク先のページをSafariで開きます。

この動作フローにより、ユーザーはWebサイトとアプリをシームレスに行き来することができます。アプリのインストールが不要であるため、ユーザーにとって利便性が高く、アプリの利用促進にもつながります。

ユニバーサルリンクは、iOSアプリとWebサイトの連携を強化するために非常に有効な機能です。アプリ開発者は、ユニバーサルリンクの設定を適切に行うことで、ユーザーにとってより良いユーザーエクスペリエンスを提供することができるでしょう。同時に、ビジネスの観点からも、ユニバーサルリンクはアプリの利用率を向上させ、顧客エンゲージメントを高めるための重要な手段となります。

ユニバーサルリンクのメリットとデメリット

ユニバーサルリンクは、iOSデバイスでWebサイトとアプリをシームレスに連携させる機能であり、ユーザーにとって利便性が高く、アプリの利用促進にも効果的です。ここでは、ユニバーサルリンクのメリットとデメリット、そして導入時の注意点について詳しく解説します。

ユーザー体験の向上

ユニバーサルリンクの最大のメリットは、ユーザーエクスペリエンスの向上です。ユーザーはWebサイト上のリンクをクリックするだけで、シームレスにアプリの特定のページを開くことができます。アプリのインストールが不要であるため、ユーザーにとって非常に便利で、ストレスフリーなアプリ体験を提供できます。

例えば、ECサイトのアプリを持つ企業がユニバーサルリンクを導入した場合、ユーザーはWebサイト上の商品ページのリンクをクリックするだけで、アプリの該当商品ページに直接アクセスできます。これにより、ユーザーは商品の詳細情報を確認したり、アプリ内の決済機能を利用して迅速に購入したりすることができ、利便性が大幅に向上します。

アプリの利用率アップ

ユニバーサルリンクのもう一つの大きなメリットは、アプリの利用率向上です。ユーザーがWebサイトからアプリへとシームレスに移動できるため、自然とアプリの利用機会が増加します。特に、アプリのインストール率が低い場合や、アプリの認知度を高めたい場合には、ユニバーサルリンクの導入が効果的です。

また、ユニバーサルリンクを利用することで、アプリ内の特定のページへ直接ユーザーを誘導できるため、アプリ内のコンテンツやサービスを効果的にプロモーションすることも可能です。これにより、アプリのエンゲージメントを高め、ユーザーのアプリ滞在時間を増やすことができます。

ユニバーサルリンク導入の注意点

ユニバーサルリンクを導入する際には、いくつかの注意点があります。

  • Webサイトとアプリの連携:ユニバーサルリンクを機能させるためには、WebサイトとアプリのコンテンツやURLの構造を適切に設計する必要があります。Webサイトとアプリの連携が不十分な場合、ユーザーがリンクをクリックしてもアプリが起動しなかったり、意図しないページが表示されたりする可能性があります。
  • SSL証明書の導入:ユニバーサルリンクを利用するには、WebサイトがHTTPS(SSL証明書)で保護されている必要があります。SSL証明書の導入には追加のコストと手間がかかるため、事前に準備が必要です。
  • アプリのアップデート:ユニバーサルリンクの設定を変更する場合、アプリのアップデートが必要になります。アプリのアップデートには審査プロセスが伴うため、タイムリーな対応が難しい場合があります。

以上のような注意点はあるものの、ユニバーサルリンクのメリットは非常に大きく、iOSアプリを提供する企業にとって導入を検討する価値は十分にあると言えます。ユーザー体験の向上とアプリの利用率アップを実現するために、ユニバーサルリンクを活用し、Webサイトとアプリのシームレスな連携を実現することをおすすめします。

ユニバーサルリンクとは、Appleが提供するiOSアプリとWebサイトをシームレスに連携させる機能です。ユーザーがWebサイト上のリンクをクリックすると、そのリンクに関連付けられたアプリが自動的に起動し、アプリ内の特定のページが表示されます。アプリのインストールが不要なため、ユーザーにとって利便性が高く、ストレスフリーなアプリ体験を提供できます。また、ユニバーサルリンクを導入することで、アプリの利用率向上やユーザーエンゲージメントの強化にもつながります。ただし、導入にはWebサイトとアプリの適切な連携設計やSSL証明書の導入などの注意点があります。

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次