SEOを外注して失敗しないために気をつけるべき、たった1つのこととは?

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

SEO対策を外注する際、依頼者側も最低限のSEO知識を持つことが重要です。SEO業者からの提案が自社の目的や課題解決に適しているかを判断するためです。キーワードの順位が上がっても、セッション数や売上につながらないといった、期待した成果が得られないケースもあります。これは、依頼者とSEO業者の間で目的や施策の認識にズレがあることが原因の一つです。失敗を避けるには、依頼者側が受け身ではなく、基礎知識を把握した上で能動的に依頼することが肝要です。SEO対策のゴールや目的を明確化し、作業範囲や費用の妥当性を見極められるよう準備しましょう。一方で、外注にはリソース削減やプロの知見活用などのメリットもあります。自社の状況に合わせて検討し、信頼できる業者とコミュニケーションを取りながら、効果的なSEO施策を実現していくことが重要です。

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

SEO対策を外注する前に理解すべき基本知識

SEO対策会社からの提案内容を見極めるために必要な知識

SEO対策を外注する際、依頼者側も最低限のSEO知識を持つことが重要です。なぜなら、SEO業者からの提案が自社の目的や課題解決に適しているかを判断するためです。キーワードの順位が上がっても、セッション数や売上につながらないといった、期待した成果が得られないケースもあります。これは、依頼者とSEO業者の間で目的や施策の認識にズレがあることが原因の一つです。

失敗を避けるには、依頼者側が受け身ではなく、基礎知識を把握した上で能動的に依頼することが肝要です。SEO対策会社からの提案内容を適切に見極めるためには、SEOの基本的な仕組みや主要な施策について理解しておく必要があります。

SEO業者の提案が適切かどうかを判断するポイント

SEO対策会社に依頼する前に、依頼者が事前に把握しておくべき内容は以下の通りです。

  1. SEO対策の目的やゴールが明確化されているか
  2. 施策における作業領域や責任範囲が明確か
  3. 提案内容や費用の妥当性が理解できるか

SEO対策の目標が曖昧な状態だと、SEO対策会社の提案精度にも影響が出ます。本質から外れた施策を実施されたり、必要以上に費用が高くなったりするリスクがあります。提案された施策の内容や費用が妥当であるかどうかを判断できるよう、基礎知識は身につけておきましょう。

施策の目的や方向性を共有することの重要性

SEO対策を成功させるには、依頼者とSEO業者が施策の目的や方向性を共有することが重要です。自社サイトをどのキーワードで上位化したいのか、どの程度の期間で成果を出したいのかといった目標を事前に明確にしておくことで、施策をスムーズに進められます。

一方、上位化させたいキーワードが不明確だと、施策の戦略立てがうまくいかず、精度の低い状態で進めることになりかねません。目的やゴールを明確化することで、SEO対策の結果は大きく変わるのです。依頼時には、自社サイトの課題や目的をしっかりと整理しておきましょう。

SEO対策を外注する際のポイントを抑えておくことで、ズレのない施策を実行でき、望む成果につなげることができるでしょう。SEOは奥が深く、すべてを把握するのは難しいですが、基本的な考え方は理解しておくことをおすすめします。依頼者とSEO業者が二人三脚で取り組むことで、Webサイトの価値を高め、ビジネスの成長を加速させましょう。

SEO対策を外注しても失敗しやすい原因

SEO対策を外注しても、思うような成果が得られないことがあります。その主な原因は以下の3つです。

SEO対策のゴールや目的が明確でない

SEO対策の目標が曖昧だと、施策の方向性がブレてしまいます。どのキーワードで上位表示を狙うのか、どの程度の期間で成果を出したいのかを明確にしておかないと、SEO業者も的確な提案ができません。

目的を明確にすることで、最適な施策を立てられ、結果が大きく改善する可能性があります。依頼時には、自社サイトの課題や目標を整理しておくことが重要です。

施策の作業領域や責任範囲が曖昧

SEO施策の作業範囲や責任分担が不明確だと、依頼者の期待と業者の認識にズレが生じます。例えば、内部対策の提案はしてもらえるが、実装作業は依頼者側の担当だと思い込んでいると、なかなか進捗しません。

施策を依頼する際は、業者の担当範囲を確認し、明文化しておくことをおすすめします。双方の責任領域を明確にすることで、円滑に施策を進められるでしょう。

提案内容や費用の妥当性が判断できない

SEOの知識が乏しいと、業者からの提案内容や見積もりの適否を判断できません。そのため、不要な施策を勧められたり、高額な費用を請求されたりするリスクがあります。

提案内容をしっかりと吟味し、費用対効果を考えて依頼することが肝心です。専門的で分からないことは遠慮せずに質問し、納得してから業者に発注しましょう。

SEO対策の外注では、依頼者側の基礎知識と、業者とのコミュニケーションが成否を分けるポイントです。失敗しないために、しっかりと準備して臨むことが大切だといえるでしょう。

SEO対策を外注するメリット

SEO対策の外注には、以下のようなメリットがあります。

社内リソースの削減ができる

SEO対策には、戦略立案、キーワード選定、コンテンツ制作、内部対策、外部対策、アクセス解析など、多岐にわたる作業が必要です。これらを社内で行うとなると、専任の担当者を置いたり、必要なスキルを持つ人材を育成したりする必要があり、コストと手間がかかります。

一方、SEO対策を外注すれば、社内リソースを割くことなく、専門家による高度な施策を実行できます。人件費を抑えつつ、効果的なSEO対策を行えるのが外注の大きなメリットです。

Googleの変化に合わせた対策ができる

Googleのアルゴリズムは常にアップデートされており、SEO対策もそれに合わせて変化させる必要があります。しかし、専門的な知識がないと、その変化を読み取り、適切に対応することは難しいでしょう。

SEO業者は日々の研究により、アルゴリズムの変化を予測し、素早く対策を打つことができます。自社で対応するには限界がある部分を、ノウハウを持つ専門家に任せられるのは心強いポイントです。

SEOのプロからアドバイスがもらえる

SEO対策は、サイト運営者の思い込みだけで行うと、効果が限定的になることがあります。客観的な視点からのアドバイスは、施策の精度を高めるために欠かせません。SEO業者は、様々なサイトを見てきた経験から、適切な助言をしてくれます。

SEOのプロの意見は、自社の視点だけでは気づけないポイントを指摘してくれるので、施策の質を高めることにつながるでしょう。社内にはないノウハウを提供してもらえるのも、外注の大きなメリットだといえます。

高品質で継続的なSEO対策を実現できる

SEO対策は地道な積み重ねが必要で、一朝一夕には成果が出ません。長期的視点を持ち、高品質な施策を継続的に行うためには、それなりの体制と専門性が求められます。

SEO業者に依頼することで、人員や知識の不足を補いつつ、安定した品質のSEO対策を続けていくことができます。SEO対策を継続的に行える点も、外注の大きな強みだといえるでしょう。

最新ツールや技術を活用できる

SEO対策では、最新のデータ分析ツールやマーケティング技術を活用することで、施策の精度を高めることができます。しかし、そのためのシステムを個別に導入するとなると、初期費用も維持費用もかさみます。

SEO業者はこれらのツールを既に導入している場合が多く、依頼者は追加コストなしに活用できます。分析の精度や施策の効率を高められるのは、外注ならではのメリットだといえます。

以上のように、SEO対策の外注には、社内リソースの削減、専門性の高い施策、客観的なアドバイス、継続的な対策、ツールの活用など、様々な利点があります。自社の体制や目的に合わせて外注を検討し、SEO施策の効果を最大化していきましょう。

SEO対策を外注しても失敗しやすい原因

SEO対策会社に依頼した場合であっても、満足のいく結果にならないケースもあります。SEO対策会社へ施策を丸投げでも良いのですが、より施策の失敗を避けるためには依頼者側も最低限押さえておくべき内容があります。

SEO対策会社に依頼する前に、依頼者が事前に把握しておくべき内容は以下の通りです。

  1. SEO対策の目的やゴールが明確化されていない
  2. 施策のおける作業領域が不明確な状態にある
  3. 提案内容の費用における妥当性が理解できていない

SEO対策のゴールや目的が明確でない

自社サイトをどのキーワードで上位化したいのか、あるいはどのキーワードの検索順位を改善したいのかといった目的を予め決めておくことで、施策を実行しやすくなります。

上位化させたいターゲットキーワードが明確ではない状態だと、施策の戦略立てがスムーズに行えなくなり、施策精度が高くない状態で進めることになります。

目的やゴールを明確化することで、結果は大きく変わってくるので、依頼する際には自社サイトのSEOにおける課題、目的を整理しておきましょう。

施策の作業領域や責任範囲が曖昧

施策の作業領域が明確でない場合においても、SEO対策が失敗する可能性が増します。

作業の責任領域を明確にすることによって、施策はスムーズに進められます。例えば、施策の一つである内部修正の施策には反映作業が付帯します。

依頼者側は修正の対応も行ってくれる認識だったのに、実際は作業内容に含まれておらず、作業が行えない状態なんてケースもあります。SEO対策会社で各会社ごとに作業範囲は異なる場合があるので、依頼する前は必ずSEO会社の担当者へ作業範囲の確認をおこなった上、施策を進めることをおすすめします。

提案内容や費用の妥当性が判断できない

SEO対策の目標が曖昧な状態であると、SEO対策会社の提案精度に影響が生じます。本質から外れた施策を実施されることや、費用が高くなることもあるため、提案された施策の内容ならびに費用が妥当であるかどうかは理解しておきましょう。

今回ご紹介するケースを知っておくことができれば、望まぬ結果を予め避けることができます。

SEO対策を外注するメリット

SEO対策を社内で行うには、多大なリソースや専門知識が必要です。費用が抑えられる内製化は魅力的ですが、人件費や施策にかかる労力を考えると外注した方が安く済むことも多いです。

ここからは、SEO対策を外注するメリットを紹介します。

社内リソースの削減ができる

SEO対策を行う際は、以下のような作業が必要です。

  • 戦略立案
  • Webサイトの構築
  • 内部対策
  • 外部対策
  • キーワード選定
  • コンテンツ制作
  • アクセス解析

いずれも一度作業をすれば終わりではなく、PDCAを回しながら新たな施策を打ち続けたり、改善したりする必要があります。どれも一朝一夕でできる作業ではないため、多くのリソースを必要とします。

また、準備を行わずに対策を始めると効果を得られる可能性が極めて低くなります。そのため、WebマーケターやエンジニアなどのSEOの有識者が社内にいない場合、新たに採用コストも発生します。

SEO業者に依頼すれば、専門的な作業を一任できるため、上記の問題をすべて解決できます。人件費を抑えつつ、高度な対策を行える点がSEOを外注する最大のメリットです。

Googleの変化に合わせた対策ができる

SEO対策は、主にGoogleの検索エンジンでの上位表示を目指す施策です。そのため、Googleのアップデートや方針、仕様の変更などの情報を常に収集しなければいけません。

しかし、Googleからの発表には専門用語も多く、理解するには勉強が必要です。また、情報をすべて開示してくれるケースは少ないため、高度な分析力や総合的なWebリテラシーも求められます。

SEOの専門業者であれば、日頃から考察を行なっているので、急なアップデートにも迅速に対応できます。ノウハウを駆使し、時代の変化に柔軟に対応しながら対策を行なってくれるでしょう。

SEOのプロからアドバイスがもらえる

SEO対策を外注して業者とつながりができれば、専門的な意見が聞けます。

単にSEOに詳しくなるだけであれば、本やWebコンテンツで勉強できます。しかし、本当に有効な施策やノウハウは、実践で試行錯誤を繰り返さなければ身につきません。

専門業者は多様なジャンルのWebサイトの順位データや、多くの施策を試した経験を持っています。社内では得られない活きた意見を客観的な視点から述べてくれるため、施策を成功させる上で良きパートナーとなるでしょう。

高品質で継続的なSEO対策を実現できる

自社でSEO対策を行う場合、SEOに関する知識や経験が豊富な社員が必要です。また、最新のアルゴリズムやトレンドを常に把握しなければいけません。しかし、多くの企業では、SEOに関する専門知識や経験を持った人材を確保することが難しいのが現状です。

SEO対策を外注する場合、専門知識や経験が豊富なプロフェッショナルに依頼できます。外注先の企業は対策に精通したスタッフが多く在席しているので、最新のアルゴリズムやトレンドにも常にアップデートされています。そのため、自社で行うよりも効果的なSEO対策を実施できるでしょう。

最新ツールや技術を活用できる

自社でSEO対策を行う場合、最新の技術やツールを導入・運用するためには、コストや手間がかかります。

例えば、SEO対策で重要な要素の一つに、質の高いコンテンツの作成があります。しかし、コンテンツ作成には、膨大な時間と労力がかかるのが現実です。

SEO対策を外注すれば、最新の技術やツールを活用して、質の高いコンテンツを効率的に作成できます。Webサイトの分析・改善の精度向上、効果測定・改善のスピード向上に関しても同じことが言えるでしょう。

以上のように、SEO対策を外注することで得られるメリットは多岐にわたります。自社のリソース状況や目的に合わせて、外注の是非を検討してみてはいかがでしょうか。一方で、外注にはデメリットもあるため、注意点をしっかり理解した上で依頼先を選ぶことが肝要です。

SEO対策会社に依頼する際は、事前にゴールや予算を明確にしておくことが大切です。また、依頼内容や報告頻度なども確認し、コミュニケーションを密に取れる会社を選ぶのがおすすめです。外注のメリットを最大限に活かし、効果的なSEO対策を実施していきましょう。

まとめ

SEO対策を外注する前に基礎知識を身につけることは、適切な施策の提案や目的達成のために重要です。SEO業者選びで失敗を避けるには、事前の情報整理とコミュニケーションが鍵となるでしょう。依頼内容や報告頻度を明確にし、真摯に向き合ってくれる信頼できる業者を選ぶことがポイントです。SEOは長期的な取り組みですが、将来のインハウス化も見据えて二人三脚で進めることで、費用対効果の高い施策を実現できるはずです。

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次