Googleの検索アルゴリズムが漏洩? 内容とSEO最適化のためのヒントを徹底解説

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

Googleの検索アルゴリズムに関する大量の内部文書が流出したとされ、SEO業界に衝撃が走っています。2024年3月にGithub上に開示された文書には、検索ランキングを決定する上で重要な要素が詳細に記されており、リンク、コンテンツ、エンティティ、Chromeデータなどが実際にどのように使われているのかが示されておりました。

本記事では、漏洩されたとされる文書の内容やそこから得られる示唆、SEO対策のための戦略について詳しく解説します。本記事を通じて、Googleのランキングアルゴリズムの仕組みを理解し、SEOで成果をあげる助けになればと考えています。

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

Google検索アルゴリズム漏洩の概要

漏洩の経緯と規模

2024年3月13日、Github上で自動化されたボット「yoshi-code-bot」によって、Googleの内部コンテンツAPIウェアハウスと思われる場所から数千ものドキュメントが流出しました。この大規模な漏洩は、検索エンジン最適化(SEO)業界にとって前代未聞の出来事であり、Googleの検索アルゴリズムの内部構造を垣間見ることができる貴重な機会となっています。

漏洩情報の信憑性と鮮度

漏洩したドキュメントは3月時点の情報であり、最新性が高いと考えられます。ドキュメントには2,596のモジュールが含まれ、14,014の属性が表現されています。ただし、各ランキング要素の重み付けについては明記されていないため、それらが単に存在することが確認できるのみです。

また、「Twiddler」と呼ばれる再ランキング機能も存在し、ドキュメントの情報検索スコアを調整したり、ランキングを変更したりすることができるようです。コンテンツは、リンクの不一致やSERPシグナルによるユーザー不満、製品レビュー、ロケーション、完全一致ドメイン、ポルノなどの理由で降格される可能性があります。

SEO業界にとっての重大性

今回の漏洩により、Googleのランキングアルゴリズムがどのように機能しているかを垣間見ることができ、SEOの専門家にとって非常に価値のある情報が得られました。2023年にはYandexの検索ランキング要因が流出し、その年の大きなニュースとなりましたが、今回のGoogleドキュメントの漏洩は、SEOとGoogle検索の歴史の中で最も重要な出来事の1つになるでしょう。

ドキュメントによると、リンクの多様性と関連性が引き続き重要であり、PageRankはGoogle のランキング機能の中で今でも非常に重要な役割を果たしています。また、ユーザーの行動(クリック)も重要で、badClicks、goodClicks、lastLongestClicks、unsquashedClicksなどの様々な測定基準が使用されています。

ドキュメントをレビューしたKing氏は、「より多くの成功したクリックを幅広いクエリで獲得し、より多様なリンクを獲得する必要がある」と述べています。優れたコンテンツはそれを可能にするため、より適格なトラフィックをより良いユーザーエクスペリエンスに誘導することで、Googleにそのページがランクインに値することを示すシグナルを送ることができます。

また大きな発見として、「ブランドがすべてを凌駕する」という点が挙げられます。オーガニック検索のランキングとトラフィックを広く改善したいマーケターへの普遍的なアドバイスは、Google検索以外の空間で、著名で人気があり、広く認知されたブランドを構築することです。

また、著者情報がコンテンツに関連付けて保存され、エンティティが文書の作成者であるかどうかが判断されるなど、エンティティの重要性も明らかになりました。Googleは「siteAuthority」と呼ばれるものを使用しており、サイトの一部の低品質なコンテンツがサイト全体のランキングに影響を与える可能性があります。

その他の興味深い発見としては、新鮮さが重要であり、Googleは bylineDate、syntacticDate、semanticDate を使って日付を確認していること、ChromeInTotalというモジュールからChromeブラウザのデータがランキングに使用されていること、選挙やCOVIDに関連するドメインをホワイトリスト化していることなどが挙げられます。

ただし、これらの要素がどの程度重み付けされているかは不明であり、引き続き調査と分析が必要です。今回の漏洩は、GoogleのSEOコミュニティにとって非常に重要な出来事ですが、情報の信頼性と解釈については慎重に議論を重ねていく必要があるでしょう。いずれにせよ、ユーザーにとって価値のある優れたコンテンツを作成し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることが、検索順位を上げるための王道であることに変わりはありません。

Google検索ランキング要素の詳細

漏洩資料によると、Googleはリンク、コンテンツ、エンティティ、Chromeデータなど、様々な要素を検索ランキングに活用していることが分かりました。SEO業界にとって、ランキングアルゴリズムの仕組みを知ることは非常に価値があります。この記事では、漏洩資料から明らかになったGoogle検索の重要なランキング要素について詳しく解説していきます。

リンクの重要性と評価方法

漏洩資料から、リンクの多様性と関連性が検索ランクに大きな影響を与えていることが明らかになりました。PageRankは依然としてGoogleのランキング要素の中で重要な位置を占めており、ウェブサイトのホームページに対するPageRankはすべてのページで考慮されています。

また興味深いことに、Googleは過去にインデックスしたページの全バージョンを保存しており、ページの変更履歴を追跡できるようです。ただし、リンク分析の際には直近20回分の変更のみが使用されるとのことです。

リンクはランキングに欠かせない要素ですが、その重要度は他の要素との兼ね合いで決まります。資料からは各要素の重み付けまでは分かりませんでしたが、質の高いリンクを獲得することがSEOでは引き続き重要だと言えるでしょう。

ユーザー体験シグナルの活用

漏洩資料によると、Googleは「badClicks」「goodClicks」「lastLongestClicks」「unsquashedClicks」など、クリック関連の様々な指標を用いてユーザー体験を測定していることが分かりました。上位表示されるには、優れたコンテンツとUXを提供し続ける必要があります。

iPullRankのマイケル・キング氏は、「より多くの検索クエリで成功したクリックを獲得し、リンクの多様性を高めることが、継続的に上位表示されるために必要だ」と述べています。質の高いコンテンツはこれらのシグナルを自然に生み出すため、適格なトラフィックとUXを重視することで、Googleにそのページの価値を示せるとのことです。

また米国司法省とGoogleの反トラスト法裁判の資料からも、Googleがクリックをランキングに使用していることが裏付けられました。特に「Navboost」というシステムは、ランキングに重要なシグナルの1つとされています。

コンテンツ品質の測定基準

漏洩資料から、Googleがコンテンツ品質を測定するために様々な基準を用いていることが明らかになりました。

まず、記事の文字数によって扱いが異なるようです。長い記事は途中で切り捨てられる一方、短い記事はオリジナリティに基づいてスコア(0~512)が付けられます。また、健康やニュースなどのYMYL(Your Money Your Life)コンテンツにもスコアが付与されています。

新鮮さも重要な要素で、Googleは記事の執筆日(bylineDate)、URL(syntacticDate)、ページ内容(semanticDate)の日付を見ています。そのほか、ページがウェブサイトのコアトピックであるかを判断するために、ページとサイトのベクトル化を行い、ページの埋め込み(siteRadius)とサイトの埋め込み(siteFocusScore)を比較しているようです。

ページタイトルも依然として重要で、クエリとの一致度を測定する「titlematchScore」という機能が存在します。また、ドキュメント内の用語のフォントサイズ(avgTermWeight)やアンカーテキストの重み付き平均も計測されています。

ブランド認知度の影響力

スパークトロ共同設立者のランド・フィッシュキン氏は、漏洩資料から得た最大の教訓は「ブランドはどの要素よりも重要である」ということだと述べています。

フィッシュキン氏は、「検索ランキングとトラフィックを広く改善したいマーケターに普遍的なアドバイスがあるとすれば、それは『Google検索以外で、その分野で注目され、人気があり、認知度の高いブランドを構築すること』だ」と語っています。

漏洩資料からは、Googleが著者情報をコンテンツに関連付けて保存し、エンティティが文書の著者であるかを判断しようとしていることも分かりました。つまり、オーサーシップは生きているのです。

またGoogleは「siteAuthority」と呼ばれる指標を使用しており、サイトの一部の低品質なコンテンツがサイト全体のランキングに影響を与える可能性があります。ただし近年、Googleはウェブサイト権限スコアの存在を否定しているので、その詳細は不明です。

このように、Googleは検索品質の向上のために、ウェブサイトとブランドの権威性を測定する様々な手法を採用していることが漏洩資料から伺えます。SEO担当者は自サイトのコンテンツだけでなく、ブランディングにも力を入れる必要がありそうです。

以上、Googleの検索ランキングアルゴリズムの内部構造について、漏洩資料から明らかになった主要な要素をまとめました。リンク、ユーザー体験シグナル、コンテンツ品質、ブランド認知度など、様々な観点から総合的にランキングが決定されていることが分かります。

ただし、各要素の具体的な重み付けは不明なので、単に1つの要素を強化するだけでは不十分でしょう。SEOでは引き続き、優れたコンテンツ、ユーザー体験、ブランディングに注力し、それによって自然にランキングシグナルを強化していくことが肝要だと言えます。

今回の漏洩は、SEOの歴史に残る大きな出来事になるかもしれません。新たに得られた知見を活用し、Googleの意図に沿ったサイト作りを心掛けることが、これからのSEO成功の鍵を握っていると言えるでしょう。

Googleのランキング調整機能

Googleの検索アルゴリズムの内部文書が大量に流出し、SEO業界に衝撃が走っています。リークされた文書から、Googleがウェブページのランキングを決定する際に使用している重要な要素が明らかになりました。今回の記事では、流出文書から判明したGoogleの秘密のランキング調整機能について詳しく解説します。

Twiddlerによるスコア調整

リークされた文書によると、Googleは「Twiddler」と呼ばれる再ランキング機能を使用しています。Twiddlerは、ウェブページの情報検索スコアを調整したり、ランキングを変更したりすることができるツールです。つまり、Googleはアルゴリズムによる自動ランキング付けだけでなく、人為的な介入によってもランキングを操作できるということです。

Twiddlerの存在は、Googleがウェブページの品質や関連性だけでなく、その他の要因も考慮してランキングを決定していることを示唆しています。ただし、TwiddlerがSEOにどの程度影響を与えているのかは不明です。

特定コンテンツの降格ロジック

流出文書からは、Googleが特定のコンテンツを意図的に降格させるロジックを持っていることも判明しました。例えば、以下のようなケースでコンテンツが降格される可能性があります。

  • リンク先のサイトと一致しない
  • 検索結果ページのシグナルがユーザーの不満を示している
  • 商品レビュー
  • ロケーション
  • 完全一致ドメイン
  • アダルトコンテンツ

これらの要因は、ウェブページの品質や関連性とは直接関係ありませんが、Googleはユーザーエクスペリエンスを重視しているため、問題のあるコンテンツを意図的に降格させていると考えられます。

ページ履歴の保持と評価

もう一つ興味深い発見は、Googleがインデックスしたすべてのページの履歴を保持しているという点です。つまり、Googleはページに加えられたすべての変更を「記憶」しているのです。ただし、リンク分析の際にはURLの最新20回分の変更しか使用しないそうです。

ページ履歴を保持することで、Googleはウェブサイトの変遷を追跡し、品質の変化を評価することができます。これは、コンテンツの鮮度や更新頻度がSEOに影響を与える可能性を示唆しています。

また、流出文書によると、Googleは著者情報もコンテンツに関連付けて保存しているそうです。記事の執筆者が誰なのかを特定し、その情報をランキングに活用している可能性があります。

リンクとクリックの重要性

Googleがランキング要因として重視しているのは、やはりリンクとクリックのようです。流出文書でも、リンクの多様性と関連性が重要であることが示されています。また、PageRankもGoogleのランキング機能の中で現役で使われ続けているとのことです

一方、クリックに関しては、ユーザーの満足度を測る指標としてGoogleが重視しているようです。badClicks、goodClicks、lastLongestClicks、unsquashedClicksなど、様々な測定基準が使われています。

SEO対策としては、多様で関連性の高いバックリンクを獲得し、ユーザーのクリック行動を改善することが有効だと言えるでしょう。質の高いコンテンツとユーザーエクスペリエンスに注力することで、Googleに「このページはランキングに値する」とアピールできるはずです。

ブランド構築の重要性

流出文書を分析したRand Fishkin氏は、ブランド構築の重要性を強調しています。Fishkin氏は「検索ランキングとトラフィックを広範囲に改善したいマーケターへのアドバイスは、Google検索以外の場所で注目され、人気があり、認知度の高いブランドを構築することだ」と述べています

つまり、オンラインだけでなくオフラインも含めて、業界で存在感のあるブランドを確立することが、SEOの観点からも非常に重要だということです。ブランド力は、リンクやソーシャルシグナルなどにも好影響を与えるでしょう。

その他の興味深い発見

流出文書からは、他にも興味深い事実が明らかになっています。

  • Googleはページタイトルとクエリのマッチ度を測定している
  • Chromeのデータがランキングに使われている
  • 選挙やCOVIDに関連するドメインがホワイトリストに登録されている
  • 小規模な個人サイトやブログに対する特別な評価基準がある

これらの情報は断片的ですが、Googleのランキングロジックが非常に複雑で多岐にわたることを物語っています。完全な全貌は明らかになっていませんが、少なくともSEOの方向性を考える上で重要なヒントにはなるでしょう。

著者情報とサイト信頼性評価

著者エンティティの判定

漏洩文書によると、Googleは各コンテンツに紐づく著者情報を保存し、そのコンテンツの著者がどのようなエンティティ(人物や組織など)なのかを判定しようとしています。著名な専門家や権威者による記事は、検索ランキングでより高く評価される可能性があります。

SEO対策としては以下のような取り組みが有効と考えられます。

  • 著者プロフィールページを整備し、専門性の高さをアピールする
  • 著者のSNSアカウントやWikipediaページなどを充実させ、エンティティとしての信頼性を高める
  • 著名メディアへの寄稿やインタビュー掲載など、外部からの権威付けを獲得する

サイト単位の品質スコア

リーク文書の中で注目を集めているのが、”siteAuthority”と呼ばれる指標の存在です。これはサイト全体の品質を評価したスコアだと推測され、低品質なコンテンツが多いサイトは総合的に評価を下げられる可能性があります。

サイト運営者は以下の点に留意すべきでしょう。

  • サイト内の全ページにおいて、高品質で価値あるコンテンツを提供する
  • 記事の重複や薄いコンテンツを排除し、オリジナリティの高さを保つ
  • ユーザビリティやサイトスピードなどの改善に継続的に取り組む

特定ジャンルのホワイトリスト

漏洩情報によれば、選挙関連やCOVID-19関連など、一部のジャンルについてはGoogleがホワイトリストを設けており、権威サイトを優遇している可能性があります。つまり、どんなに最適化を施しても、これらのジャンルではホワイトリストに入っていないサイトが上位表示されるのは難しい、ということです。

とはいえ、ホワイトリスト入りを狙うのは現実的ではありません。むしろユーザーファーストのコンテンツ作りに注力し、長期的に信頼を獲得していくことが重要だと言えるでしょう。特にYMYL(Your Money Your Life)に関するジャンルでは、以下のようなEATの高さを示す取り組みが欠かせません。

  • 執筆者の経歴や実績、資格などを明示する
  • 信頼できる情報ソースを引用し、根拠に基づいた主張を展開する
  • 専門家によるレビューを受けるなど、第三者の視点を取り入れる

今回のリーク情報からは、Googleが表向きには明かしてこなかった数々のランキング指標が浮き彫りになりました。しかし、根本的なSEO対策の方向性は変わりません。ユーザーにとって価値のある良質なコンテンツを作り続けることが何より重要だと、今回の一件は示唆しているのです。

ブランド力や専門性の向上、サイト品質の維持、ホワイトハットSEOの実践。これらの地道な努力を重ねることで、自ずとランキングは上がっていくはずです。Googleのアルゴリズムがどう変化しようと、基本に立ち返り、ユーザーのためになるコンテンツを真摯に発信し続けること。それがSEOの王道であり、普遍的な真理だと言えるでしょう。

著者情報の重視、サイト信頼性の評価、そしてジャンル特性に応じたSEO対策。リーク文書から明らかになったこれらのポイントを踏まえ、自社のウェブサイトをどう改善すべきかを見直してみてはいかがでしょうか。アルゴリズムの内部事情に一喜一憂するのではなく、ユーザー目線に立ち、コンテンツの充実に注力する。それが検索上位表示への最短ルートだと、私は確信しています。

Chromeデータの活用実態

記事「HUGE Google Search document leak reveals inner workings of ranking algorithm」で言及されていたように、流出したGoogleの内部文書より、Googleが検索順位付けにおいてChromeブラウザから収集したデータを利用していることが明らかになりました。ChromeInTotalというモジュールの存在から、Googleがユーザーの閲覧行動を追跡し、そのデータをランキングアルゴリズムに組み込んでいることが窺えます。

ユーザー行動データの収集

Googleは世界で最もシェアの高いウェブブラウザであるChromeを通じ、ユーザーのオンライン上の行動を幅広く把握することができます。具体的には以下のような情報を収集していると考えられます。

  • 検索クエリ
  • クリック挙動
  • 滞在時間
  • スクロール深度
  • ブックマーク
  • 訪問頻度

これらのビッグデータを分析することで、各ウェブページの関連性や有用性を推し量ることが可能です。例えば、ある検索クエリに対して特定のページへのクリック率が高く、滞在時間も長ければ、そのページは検索意図に合致した良質なコンテンツを提供していると評価できるでしょう。

ランキングへの反映方法

流出文書中のgoodClicks、badClicks、lastLongestClicksといった指標から、Googleがユーザーのクリック満足度をランキングに反映させていることが分かります。適切なサイトへ導くリンクが多いページは高く評価され、一方で不適切なリンクを多く含むページは減点対象となるでしょう。

またGoogleは、ページの表示速度やモバイルフレンドリー度など、ユーザーエクスペリエンスに関わる要素を重視しています。ChromeのデータからUX評価を行い、ランキング上位に表示されるべきページを判定していると推測されます。

ただし、ChromeInTotalを含む個々の指標がどの程度ウェイト付けされているのかは不明です。あくまで検索品質向上のための多角的なアプローチの一環と捉えるべきでしょう。

プライバシー問題との兼ね合い

Googleによるユーザー追跡には批判の声もあります。過度な行動監視がプライバシー侵害に当たるのではないかという懸念です。実際、2020年の個人情報保護法改正により、ユーザー情報の取り扱いには一層の注意が求められるようになりました。

しかし見方を変えれば、適切に匿名化・統計化されたビッグデータの利活用は、パーソナライズされたサービス提供につながります。検索における利便性を犠牲にすることなく、いかにプライバシーとのバランスを取るかが重要な課題と言えるでしょう。

Googleは、収集したデータからユーザーを特定できる情報を削除するなど、プライバシーに配慮した取り組みを進めています。同時に、データ活用の透明性を高め、オプトアウトの選択肢を用意するなど、ユーザーのコントロール権も尊重しているようです。

今回のリーク文書は、Googleの巨大なデータ資産と高度なアルゴリズムの一端を垣間見せてくれました。Chromeから得られる情報は、検索エンジンをより賢くするための重要なピースと位置付けられています。ユーザープライバシーとのバランスを取りつつ、どこまでそのポテンシャルを活かせるか。Googleの動向から目が離せません。

記事中の他のポイントも、興味深い考察を与えてくれます。リンクやコンテンツ、ブランド力などは従来から指摘されてきた重要な要素ですが、Googleがデータを元により精緻な評価を行っていることが分かります。文書構成や表記の新しさ、著者情報など、ウェブ上のあらゆるシグナルを検索品質向上に役立てているのでしょう。

検索順位は常に変動し、アルゴリズムも日々進化を遂げています。SEO担当者にとっては、基本に立ち返りつつ最新トレンドにも柔軟に対応していく姿勢が欠かせません。このようなリーク情報から示唆を得ながら、ユーザーファーストな視点を忘れずに最適化に取り組んでいきたいものです。

コンテンツ関連の新発見

鮮度シグナルの多様な取得

Googleは記事の鮮度を判断するために、執筆者名の日付(bylineDate)、URL内の日付(syntacticDate)、本文中の日付(semanticDate)など、様々な場所から日付情報を取得していることが分かりました。これにより、記事の鮮度をより正確に判断し、新しくて価値の高いコンテンツを上位に押し上げることができるのでしょう。

SEO対策としては、記事の公開日や更新日を適切な場所に明記し、Googleにアピールすることが有効と言えます。例えば以下のような施策が考えられます。

  • 執筆者情報に日付を入れる
  • URL構造に日付を含める(例: example.com/2024/05/28/article)
  • 本文中に公開日・更新日を記載する

ただし、意図的に日付を操作して新しく見せかけるのはペナルティを受ける可能性もあるので、あくまで自然な形で日付を明示するのが賢明です。

ページとサイトの関連性判定

Googleは個々のページがそのサイトの中心的なトピックに関連しているかどうかを、ページとサイト全体のベクトル化と比較によって判定していることが明らかになりました。

つまり、サイト全体の中でどの程度そのページが関連性や重要度が高いかが、ランキングに影響を与えている可能性が高いということです。キーワードを詰め込んだページを大量に作るだけでは意味がなく、サイトのコアトピックに沿った関連性の高いコンテンツを作ることが求められます。

SEOとしては、サイト全体のトピックを明確にし、各ページがそれにマッチしたものになるよう意識することが大切です。例えば以下のような手法が有効でしょう。

  • サイトのミッションやコンセプトを明確にする
  • コアトピックに関連する質の高いコンテンツを定期的に投稿する
  • 内部リンクでページ間の関連性を高める
  • メインキーワードを適切に配置し、ページとサイトの関連性を示す

ページ単体ではなくサイト全体での関連性や統一性を重視することで、Googleからも高く評価されるはずです。

ドメイン登録情報の保持

Googleはドメインの登録情報(RegistrationInfo)も内部で保持していることが判明しました。これがどのようにランキングに使われているのかは定かではありませんが、ドメインの信頼性や権威性を測る指標の1つとして活用されている可能性はあります。

例えば、長年使われている企業ドメインと、怪しげな個人が取得した新しいドメインでは、前者の方がGoogleから信頼される傾向にあるのかもしれません。企業はできるだけ社名に関連したドメインを長期的に使い続けるのが望ましいでしょう。

一方、個人サイトの場合はドメインの継続性よりもコンテンツの質や他サイトからの評価を重視すべきです。ドメイン登録情報だけでサイトの優劣が決まるわけではないので、過度に気にする必要はないと思われます。

今後のSEO戦略への示唆

上位表示のための指針

以上のように、流出文書から明らかになった情報は、今後のSEO戦略を考える上で重要な示唆に富んでいます。King氏は次のようにアドバイスしています。

  • 様々なクエリでクリック率を高め、リンクの多様性を確保する
  • 検索流入の質を高め、ユーザー体験を改善する
  • これらを達成できる強力なコンテンツを制作する

つまり、ユーザーファーストな視点に立ち、価値あるコンテンツを発信し続けること。それこそがGoogleからの評価を高め、検索上位を獲得するための王道だと言えるでしょう。

ブランド力強化とEAT対策

また、先に触れたブランド力の重要性は、EAT対策とも深く結びついています。オーソリティある著者による良質なコンテンツは、それ自体がブランド力の向上につながります。

サイト全体の評価を高めるためには、個々のコンテンツのEATを強化しつつ、サイト全体で一貫したテーマと専門性を打ち出すことが肝要です。各ページの品質を高めると同時に、サイトとしてのオーソリティを確立することを心がけましょう。

ユーザーシグナルの活用

そして、ユーザー行動データがランキングに影響することを考えれば、アクセス解析を活用した改善サイクルがより重要になるはずです。レポートから得られる指標をもとに、ユーザビリティの向上を図る必要があります。

たとえば、直帰率が高いページの滞在時間を伸ばしたり、人気コンテンツからの遷移率を上げたり。ユーザーを引き込み、サイト内回遊を促す工夫が求められるでしょう。データに基づくPDCAサイクルを回し、ユーザーにとって価値ある体験を提供し続けることが、検索上位表示の近道となるはずです。

まとめ

今回のGoogle検索アルゴリズムの大規模リークは、SEO業界に衝撃をもたらしました。明らかになった情報からは、これまで憶測の域を出なかったランキング要因の全容が判明しつつあります。

流出文書が示唆するのは、リンクやコンテンツ、ユーザー行動など、多岐にわたる要素がアルゴリズムで考慮されているということ。そして、それらを支配する本質的な要因が、ブランド力とEATだと言えるでしょう。

SEOの究極的なゴールは、検索ユーザーに求められるブランドになること。専門性の高い良質なコンテンツを通じて、ユーザーとGoogleの両方から高い評価を獲得すること。それこそが、検索上位表示のための王道戦略だと考えられます。

今後も、流出文書から明らかになる新たな情報に注目が集まることでしょう。ブランディングとEATを意識した本質的なSEO戦略を追求しつつ、随時新しい知見を取り入れていくことが重要と言えそうです。

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次