Google Ads、新規検索キャンペーンでブロードマッチをデフォルト設定に変更

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

Google Adsで新規の検索キャンペーンを作成する際、従来はブロードマッチ機能がデフォルトでオフに設定されていましたが、最近の変更によりデフォルトで有効化されるようになりました。ブロードマッチは、入力したキーワードに関連する幅広い検索クエリに広告を配信する機能です。この変更は、AIによる自動化・最適化キャンペーン運用の一環と考えられ、新規広告主の簡便なキャンペーン設定を支援する目的があるものと推察されます。一方で、ブロードマッチを有効にすると、関連性の低い不要な検索クエリにも広告が出稿されてしまう可能性があり、経験豊富な広告主には一定の影響がある可能性があります。

目次

ChatGPT研修サービスのご案内

ブロードマッチの概要

ブロードマッチとは広範囲の関連クエリに広告を配信する機能です。キーワードマッチングの種類やブロードマッチの機能と特徴について説明します。

ブロードマッチとは

ブロードマッチは、入力したキーワードに加えて、関連するクエリやニュアンス、単複数形、綴りの類似性も含めて広範囲の検索クエリに広告を配信する機能です。

キーワードマッチングの種類

Google Adsではキーワードとクエリのマッチングには主に以下の3種類があります。

  • ブロードマッチ:関連するクエリに広く広告を配信
  • フレーズマッチ:キーワードの単語の順序が含まれるクエリに広告を配信
  • 完全一致:キーワードと完全に一致するクエリのみに広告を配信

ブロードマッチの機能と特徴

ブロードマッチの大きな特徴は、入力したキーワードに関連する幅広いクエリに対して効率よく広告を配信できる点です。一方で、関連性が低いクエリにも広告が配信されるリスクがあり、適切な対策が必要となります。

例えば、「靴」というキーワードを設定した場合、「靴 通販」「ランニングシューズ」「子供靴」などの関連クエリに加え、意図しない「車の靴」といったマイナスキーワードの設定が重要になります。

このように、ブロードマッチは幅広いリーチを狙える一方で、キャンペーン設計やマイナスキーワード対策の注意深い運用が求められます。慎重な管理と継続的な最適化を行うことで、希望する成果を効率よく達成できる可能性があります。

Google Adsのブロードマッチ変更

Google Adsでは新しい検索キャンペーンの作成時に、ブロードマッチ機能がデフォルトで有効になるよう変更されました。この変更の背景と影響について説明します。

変更の背景と理由

この変更は、Google Adsが推進するAIによる自動化・最適化キャンペーン運用の一環と考えられます。新規広告主の簡便なキャンペーン設定を支援する目的があるものと推察されます。

デフォルト設定変更の影響

ブロードマッチを有効にすることで、キーワードに関連するより広範囲の検索クエリに広告が配信されるようになります。一方で、関連性の低い検索クエリにも広告が出稿されてしまう恐れがあります。

つまり、ブロードマッチによる配信範囲の拡大は、広告費の増加リスクにもつながる可能性があるということです。

広告主への影響

このデフォルト設定変更は、経験豊富な広告主には一定の影響がある可能性があります。キャンペーン立ち上げ時には、以下の対策が必要不可欠と言えるでしょう。

  • マイナスキーワードの適切な設定
  • ブロードマッチ設定のダブルチェック
  • 入稿リストの綿密な確認

このように、キャンペーン立ち上げ前の準備作業における慎重な設定チェックが求められます。経験に基づいた適切な運用を行えば、ブロードマッチ機能を効果的に活用することも可能です。

その一方で、新規の広告主にとってはキャンペーン設定が手軽になる可能性があり、一長一短があると言えるでしょう。

ブロードマッチの利点

ブロードマッチは広範囲の検索クエリに広告を出稿できるGoogle Ads の機能です。ここでは、この機能の3つの主な利点について説明します。

キーワード選定の簡素化

ブロードマッチでは、キーワードに関連する様々な検索クエリに広告が配信されるため、入念なキーワード選定作業が不要になります。効率的に幅広い検索クエリをカバーできるのがメリットです。

広範な検索クエリにマッチ

キーワードとは異なる表現の検索クエリにも広告が配信されるため、新しい検索ニーズの発見が期待できます。これにより、広告配信の網羅性が高まります。

新規ユーザー発見の可能性

ブロードマッチの幅広い配信対象により、新規のユーザーグループを見つける機会が増えます。これは、ターゲット層の裾野を広げる好機となるでしょう。

このように、ブロードマッチを活用することで、キャンペーンの効率化やターゲット拡大が見込めます。同時に、関連性の低い検索クエリへの出稿リスクも高まるため、適切な運用が肝心です。

ブロードマッチの課題

ブロードマッチは広範囲の検索クエリへの広告配信が可能な一方で、いくつかの課題もあります。ここでは、主なポイントであるコスト管理の重要性ネガティブキーワードの設定検索クエリの最適化について説明します。

コスト管理の重要性

ブロードマッチでは、入力したキーワードに加えて関連する幅広い検索クエリに広告が出稿されます。つまり、広告の露出範囲が大きく広がるため、費用が増大するリスクがあります。そのため、適切な予算設定と入念なコスト管理が欠かせません。

例えば、小さな予算でキャンペーンを運用する場合、ブロードマッチによる広範な広告配信は予算を早期に消費してしまう可能性があります。この点を意識し、予算の上限設定と注意深い支出管理を行うことが重要です。

ネガティブキーワードの設定

ブロードマッチでは、キーワードに関連しない不要な検索クエリにも広告が表示されてしまう恐れがあります。このような無関係な検索クエリに広告を出さないよう、ネガティブキーワードの適切な設定が不可欠です。

例えば、「子供靴」に関するキャンペーンで「車の靴」といったクエリをブロックしたい場合、「車」をネガティブキーワードに指定することで、そのようなクエリへの広告配信を防ぐことができます。

検索クエリの最適化

ブロードマッチの恩恵を最大限に活かすには、実際の検索クエリのパフォーマンスデータを分析することが大切です。パフォーマンスの良いクエリには予算を集中し、コンバージョンに結びつきにくいクエリはネガティブキーワードとして除外するなど、継続的な検索クエリの最適化が求められます。

例えば、検索クエリレポートを活用し、コンバージョン率が高いクエリ群をフレーズマッチやエクスプレスなどのより厳密なマッチタイプに変更することで、配信効率の向上につなげることができます。

以上のように、ブロードマッチは柔軟な広告配信が可能な一方で、きめ細かな設定と継続的な運用対応が求められます。適切なコスト管理と最適化を怠らなければ、効率的かつ費用対効果の高いキャンペーン運用が期待できるでしょう。

ブロードマッチの活用方法

ブロードマッチは幅広い関連検索クエリに対して広告を配信できるGoogle Ads の機能です。このセクションでは、キャンペーン設計、運用、モニタリングなどの観点から、ブロードマッチの効果的な活用方法について解説します。

キャンペーン設計と戦略

ブロードマッチを活用するには、適切なキャンペーン設計と戦略が不可欠です。そのポイントは以下の3点です。

  • 予算とコスト管理の徹底:ブロードマッチは広範囲の検索クエリにマッチするため、コストが増大する恐れがあります。入念な予算設定と支出管理が重要です。
  • ネガティブキーワードの適切な設定:無関係な検索クエリに広告が配信されないよう、ネガティブキーワードの指定が不可欠です。
  • キャンペーン目的の明確化:ブロードマッチの特性を踏まえ、新規ユーザー獲得か既存顧客の購買喚起かなど、キャンペーンの目的を明確にすることが大切です。

このようなキャンペーン設計を行うことで、ブロードマッチの強みを生かしつつ、リスクを最小限に抑えることができます。

モニタリングと最適化

ブロードマッチのキャンペーンでは、継続的なモニタリングと最適化が欠かせません。そのポイントは以下の3点です。

  • 検索クエリレポートの活用:実際の検索クエリの状況を把握し、パフォーマンスに応じて対策を講じます。
  • マッチタイプの最適化:パフォーマンスが良い検索クエリはフレーズマッチなどに変更し、無効な検索クエリはネガティブに設定します。
  • 予算と入札価格の調整:獲得コストや費用対効果を見ながら、適宜予算と入札価格を調整します。

このように、細かなデータ分析とキャンペーン要素の定期的な最適化を行うことで、ブロードマッチの効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

スマートキャンペーンとの連携

Google は人工知能を活用したスマートキャンペーンの運用を推奨しています。ブロードマッチをスマートキャンペーンと組み合わせることで以下のメリットが期待できます。

  • AIによる検索クエリの最適化:機械学習によって、より適切なクエリへの最適化が可能になります。
  • 自動入札の精度向上:ブロードマッチのデータからAIが学習することで、自動入札の精度が高まります。
  • リソース効率化:手動での最適化作業が軽減され、広告運用に専念できるようになります。

このように、ブロードマッチとスマートキャンペーンの連携により、広告配信の自動化と高度化が実現できます。人工知能の力を最大限に活かしつつ、効果的なキャンペーン運用を行うことが肝心です。

まとめ

Google Adsでは新しい検索キャンペーンを作成する際、ブロードマッチ機能がデフォルトで有効化されるようになりました。ブロードマッチは、入力したキーワードに関連する幅広い検索クエリに広告を配信する機能です。この変更により、新規広告主はより簡便にキャンペーンを設定できる一方で、経験豊富な広告主には注意が必要です。関連性の低い検索クエリにも無駄な広告費が発生するリスクがあるためです。ブロードマッチを効果的に活用するためには、適切なネガティブキーワードの設定と継続的なモニタリング、最適化が不可欠です。検索クエリデータを分析し、パフォーマンスに応じて設定を調整することで、コスト効率を向上させることができます。また、人工知能を活用したスマートキャンペーンとの連携も有効な手段となるでしょう。

参考文献

Search Engine Land
Google Ads makes broad match default for new search campaigns Google Ads now defaults to broad match for new search campaigns, potentially impacting performance and spend if advertisers aren't vigilant.

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次