TikTok、ティーン向け広告ターゲティングを強化しAI透明性を向上 

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

TikTokは最近、ティーン層のユーザープライバシー保護と広告の透明性向上を目的に、大きな変更を発表しました。ユーザー、特にティーン層への広告ターゲティングを制限し、AI生成コンテンツへの開示要件を導入したのです。これらの変更は、広告主が同プラットフォームのユーザー層に広告をアプローチする方法に影響を及ぼす可能性があります。

TikTokは最近、ティーン向け広告ターゲティングを制限し、AIによる広告コンテンツの透明性を高める取り組みを発表しました。

目次

ChatGPT研修サービスのご案内

TikTokの広告ターゲティングの変更

TikTokはユーザープライバシーの保護と広告の透明性向上を目的に、ティーン向け広告ターゲティングの制限およびAI生成コンテンツの開示要件を導入しました。これらの変更は、広告主がTikTokのユーザー層にアプローチする方法に影響を与える可能性があります。

ティーン向け広告ターゲティングの制限

米国の広告主は、今後、場所、言語、デバイス情報などの広範囲な選択肢のみを使用して、ティーンをターゲットにすることができます。ユーザーは広告に関する関心事項や、TikTok以外のデータ共有について、より多くの制御権を持つようになります。

ユーザープライバシー保護の取り組み

TikTokは、ユーザー、特に若年層のプライバシー保護に重点を置いています。個人データの取り扱いについて、ユーザーに透明性と選択肢を提供することを目指しています。

  • ユーザーは、広告に関する関心事項を管理できるようになります。
  • TikTok外でのデータ共有について、より多くの制御権が与えられます。

広告の透明性向上のための施策

TikTokは、広告の透明性を高める取り組みも行っています。AIによって生成された広告コンテンツには、新しくラベル表示が義務付けられます。これにより、ユーザーはAIが関与したコンテンツを識別できるようになります。

以上のように、TikTokは他のプラットフォームに続き、ユーザープライバシーと透明性の向上に取り組んでいます。ただし、ティーン向け広告の制限は、この年齢層を重視する一部のブランドにとって課題となる可能性があります。

広告主への影響

TikTokの新しい施策は、広告主の戦略に大きな影響を与える可能性があります。以下の3つの側面から、その影響について概観します。

ティーンをターゲットにした広告戦略の見直し

広告主は、ティーンユーザーへのアプローチ方法を見直す必要があります。主要な対象層としていた企業は、場所や言語などの広範囲の選択肢のみを使って広告をターゲティングすることになります。そのため、ユーザーニーズにマッチした魅力的なコンテンツを用意することが、より一層重要になるでしょう。

AI生成コンテンツの利用における影響

AIを使った広告コンテンツ制作にも変化が生じます。AIによって生成されたコンテンツには、新たにラベル表示が義務付けられます。これにより、ユーザーはAIの関与を簡単に識別できるようになります。つまり、広告主はAI活用の是非や、コンテンツのオーセンティシティなどを慎重に検討する必要があるでしょう。

ユーザーエンゲージメントへの影響

一方で、これらの取り組みはユーザーの信頼を高め、プラットフォームとのエンゲージメントを促進する可能性があります。プライバシーと透明性が重視されることで、ユーザーは安心して広告を視聴できるようになるためです。広告主は、そうした安心感の醸成に貢献するコンテンツを作成することが求められます。

要するに、この変更はマーケティング戦略の大幅な見直しを広告主に迫るものの、一方でTikTokユーザーとの良好な関係構築の好機ともなり得るのです。

TikTokの新しい広告ポリシー

TikTokは、ユーザープライバシーの保護と広告の透明性向上のため、いくつかの新しい施策を導入しました。

ティーン向け広告の制限内容

米国の広告主は、今後ティーン層に対して、場所、言語、デバイス情報などの広範囲な選択肢のみを使って広告をターゲティングできるようになります。ユーザーは、広告に関する関心事項や、TikTok以外のデータ共有について、より多くの制御権を持つことになります。

ユーザーデータ管理の透明化

TikTokは、特に若年層を中心に、ユーザーのプライバシー保護に重点を置いています。個人データの取り扱いについて、透明性を高め、ユーザーに選択肢を提供することを目指しています。

  • ユーザーは、広告に関する関心事項を管理できるようになります。
  • TikTok外でのデータ共有について、より多くの制御権が与えられます。

AI生成コンテンツの表示ルール

AIによって生成された広告コンテンツには、新しくラベル表示が義務付けられます。これにより、ユーザーはAIが関与したコンテンツを識別できるようになります。TikTokは、このようにして広告の透明性向上にも取り組んでいます。

広告主への影響

TikTokの新しい施策は、企業の広告戦略に大きな影響を与えるでしょう。主な影響点は以下の3つです。

ティーンをターゲットにした広告戦略の見直し

ティーンユーザーを主要な対象層としていた企業は、場所や言語などの広範囲の選択肢のみを使って広告をターゲティングすることになります。そのため、ユーザーのニーズに合ったコンテンツ作りが一層重要になってきます。

AI生成コンテンツの利用における影響

AIによって生成されたコンテンツには、新たにラベル表示が義務付けられます。つまり、広告主はAI活用の是非やオーセンティシティについて、より慎重に検討する必要があります。

ユーザーエンゲージメントへの影響

一方で、こうした取り組みはユーザーの信頼を高め、プラットフォームとのエンゲージメントを促進する可能性があります。プライバシーと透明性が重視されることで、ユーザーは安心して広告を視聴できるようになるためです。広告主には、そうした安心感の醸成に貢献するコンテンツ作りが求められます。

このように、TikTokの新しい施策は、広告戦略の大幅な見直しを広告主に迫る一方で、ユーザーとの良好な関係構築の好機ともなり得ます。

TikTokの広告戦略の見直し

TikTokは最近、ユーザープライバシーの保護と広告の透明性向上を目的とした大きな変更を発表しました。以下では、その変更点とそれが広告主の戦略に与える影響について説明します。

ターゲットオーディエンスの再検討

これまでTikTokでは、興味関心やアクティビティデータなどを使って、ティーンをはじめとする特定の年齢層をターゲットにした広告配信が可能でした。しかし新しいルールでは、米国の広告主がティーンに向けて広告を配信する際は、場所や言語、デバイス情報などの広範囲な選択肢のみを使うことになります。ユーザー個人に密着したターゲティングが制限されるため、ターゲットオーディエンスの設定方法を見直す必要があります。

コンテンツ制作プロセスの変更

TikTokはこれまで、広告主がAI生成コンテンツを自由に活用できるようにしてきました。しかし新しい施策により、AIによって生成された広告コンテンツにはラベル表示が義務付けられることになります。これを踏まえ、広告主はAIを活用するコンテンツの表現方法やオーセンティシティについて、より慎重に検討することが求められます。

広告効果測定の新しい指標

TikTokはユーザー、特に若年層のプライバシー保護に力を入れています。新ルールでは、ユーザーが広告に関する関心事項やTikTok外でのデータ共有について、より多くの制御権を持てるようになります。こうした環境下では、従来の指標だけでなく、ユーザーの信頼やエンゲージメントといった新しい観点から広告効果を測る必要があるでしょう。

TikTokの取り組みは、広告主にとってはターゲティングや制作の面で大きな変更を迫るものです。一方で、こうした変化はユーザーの信頼を高め、プラットフォームへのエンゲージメント向上にもつながる可能性があります。広告主は、新たな制約に適応しつつ、ユーザーとの良好な関係を構築することが求められています。

まとめ

TikTokは最近、ティーン向け広告ターゲティングの制限やAI生成コンテンツの開示要件を導入しました。これらの施策は、ユーザープライバシーの保護と広告の透明性向上を目的としています。広告主は、この変更に伴い、広告戦略の見直しを余儀なくされる可能性があります。

まず、米国の広告主は今後、ティーン層に対して場所や言語、デバイス情報などの広範囲な選択肢のみを使って広告をターゲティングできます。ユーザーには広告に関する関心事項の管理や、TikTok外でのデータ共有に関する選択権が与えられます。このため、企業はターゲットオーディエンスの設定方法を再検討する必要があるでしょう。

また、AIによって生成された広告コンテンツには新たにラベル表示が義務付けられます。つまり、広告主はAI活用の是非やコンテンツのオーセンティシティについて慎重に検討しなければなりません。さらに、ユーザーの信頼やエンゲージメントといった新しい指標から広告効果を測ることも求められるかもしれません。

一方で、こうした取り組みはユーザーの信頼を高め、TikTokとのエンゲージメントを促進する可能性があります。プライバシーと透明性が重視されることで、ユーザーは安心して広告を視聴できるようになるためです。広告主には、そうした安心感の醸成に貢献するコンテンツが求められています。

参考文献

Search Engine Land
TikTok tightens teen ad targeting and boosts AI transparency TikTok now has stricter teen ad targeting rules and AI disclosure requirements, aiming to enhance user privacy and ad transparency.

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次