アフィリエイトサイトがオーガニックトラフィックを失う理由

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

アフィリエイトサイトがオーガニックトラフィックを失う理由の1つは、ブランド検索の欠如にあります。Googleのコアアップデート以降、ブランド検索の少ないサイトは検索順位を下げる傾向にあるのです。一方で、ブランド検索の多いサイトは上位にランクインしています。

目次

ChatGPT研修サービスのご案内

ブランド検索の重要性

ブランド検索は、ユーザーがあるブランドについて知った後、詳しい情報を求めてGoogle検索する行動を指します。ブランド検索は、そのブランドの影響力や専門性、信頼性を表す指標となっています。ユーザーが共感したメッセージやコンテンツに対して、自然とブランド検索が生まれるのです。

アフィリエイトサイトの課題

アフィリエイトサイトは、Googleコアアップデートによりオーガニックトラフィックを大幅に失いました。一方で、ブランド検索数の多い大手サイトは上位表示されています。この問題の本質は、アフィリエイトサイトがブランド検索を生み出せていないことにあります。

アフィリエイトサイトの対策

アフィリエイトサイトは、統合されたPRとSEO対策を通じて、ユーザーの検索行動に影響を与え、自然なブランド検索を促進する必要があります。具体的には、プレスリリースやメディア露出でブランド認知を高め、コンテンツの発信でブランド検索を誘発することが有効でしょう。

オンラインマーケティングの世界で、ブランド検索の重要性が高まっています。多くのアフィリエイトサイトがオーガニックトラフィックを失っているのは、ブランド検索の欠如が一因となっているのです。

ブランド検索の重要性

ブランド検索は、ユーザーがあるブランドやサービスについて知った後、さらに詳しい情報を求めてGoogle検索する行動を指します。この記事では、ブランド検索が検索順位とユーザーの検索行動にどのように影響するかを解説します。

検索順位におけるブランド検索の影響

グーグルのコアアップデート以降、ブランド検索が多いサイトほど上位に表示される傾向にあります。例えば、空気清浄機のレビューサイト「HouseFresh」は検索流入が91%減少しましたが、他の総合的な家庭・庭先関連サイト「The Spruce」はブランド検索が多いため、上位に表示されています。

HouseFresh The Spruce
ブランド検索数 ほぼ0 多数
Google検索順位 下位 上位

ブランド検索が反映するもの

ブランド検索は、あるブランドの影響力や専門性、信頼性を表す指標といえます。ユーザーがそのブランドのコンテンツやメッセージに共感し、より詳しい情報を求めてブランド名で検索する行動に結びついているのです。

検索行動への影響

ブランド検索は、ユーザーが問題を解決したり、新しい機会を見つけたり、役立つ情報を得ようとする際の検索行動の1つです。ソーシャルメディアでブランドを知ったユーザーの70%がGoogleでさらに情報を探しており、45%のアメリカ人がメディアの影響力が高まっていると回答しています。つまり、ブランドがユーザーの検索行動に与える影響は無視できないのです。

まとめると、ブランド検索はSEOにおいて重要な指標となります。アフィリエイトサイトを含む多くのサイトは、統合された広報とSEO対策を通じてブランド検索を促進する必要があります。

アフィリエイトサイトが直面している最大の課題の1つは、Googleのコアアップデートによる影響です。このアップデートにより、ブランド検索数の少ないアフィリエイトサイトがオーガニックトラフィックを大幅に失っている傾向にあります。

アフィリエイトサイトの課題

上記の問題点について、以下の3点からさらに詳しく説明します。

Googleコアアップデートによる影響

Googleの2024年3月のコアアップデート以降、ブランド検索数が少ないアフィリエイトサイトの多くが検索順位を下げ、オーガニックトラフィックが大幅に減少しています。例えば、空気清浄機のレビューサイト「HouseFresh」は91%のトラフィック減少を経験しました。

アフィリエイトサイトのオーガニックトラフィック減少

一方で、ブランド検索数が多い総合的な家庭・庭先関連サイト「The Spruce」などは上位に表示されています。ブランド検索は、サイトの専門性や信頼性を表す重要な指標だからです。ユーザーがブランドに共感し、さらなる情報を求めてブランド名で検索する行動に結びついています。

大手サイトとの競争力の違い

この問題は、単に大手サイトとの権威の違いだけではありません。小規模アフィリエイトサイトがブランド検索を生み出せていないことが本質的な問題なのです。例えば、Googleで「ランニングマシンのレビュー」を検索すると、大手の「Garage Gym Reviews」がブランド検索の力で上位に表示されています。

アフィリエイトサイトを含む多くのサイトは、統合された広報とSEO対策を通じてブランド検索を促進する必要があります。ユーザーの検索行動に影響を与え、自然な形で自サイトへと誘導することが大切です。

アフィリエイトサイトの対策

アフィリエイトサイトがオーガニックトラフィックを失っている根本的な理由は、ブランド検索の欠如にあります。以下の3点から対策を説明します。

PRとSEOの統合戦略

アフィリエイトサイトは、統合されたPRとSEO対策を構築する必要があります。具体的には、

  • プレスリリース配信やメディア露出を通じて、ブランドの認知度を高める
  • 有益なコンテンツを発信し、ユーザーが自然とブランド名で検索するよう誘導する
  • 専門家としてメディアに取り上げられ、信頼性を高める

これらの施策を通じて、ユーザーのブランド検索行動を刺激し、オーガニックトラフィックの回復を図ることができます

ブランド検索増加に向けた取り組み

具体的な施策として、以下が有効です。

  1. PR活動でメディア露出を獲得し、ブランド認知を高める
  2. ユーザーの関心を惹く調査レポートやコンテンツを作成し、ブランド検索を促す
  3. Webサイトにブランドを知らしめる記事を掲載し、検索コンバージョンを高める

ブランド検索は、サイトの専門性や信頼性を表す重要な指標となります。アフィリエイトサイトは、こうした取り組みを通じてブランディングに注力する必要があります。

ユーザーの検索行動への影響力

ブランド検索は、ユーザーが問題を解決したり新たな機会を探したりする際の検索行動の1つです。70%のユーザーがソーシャルメディアでブランドを知った後にGoogleで追加情報を探しており、45%のユーザーがメディアの影響力が高まっていると感じています。

つまり、ブランディングによってユーザーの検索行動に影響を与え、自然なブランド検索を促進することが重要なのです。アフィリエイトサイトは、この点を十分に認識し、PR・マーケティング施策に取り組む必要があります。

ブランド検索獲得のヒント

この項では、アフィリエイトサイトがブランド検索を向上させるための3つの具体的なヒントを紹介します。

PRスタディの活用

メディアやユーザーの関心を惹く調査レポートを作成し配信することで、ブランド認知度を高めるとともにブランド検索を促進できます。PRスタディは記事の掲載を通じてブランド名の露出が期待でき、さらにそのコンテンツに共感したユーザーがブランド名で検索する行動につながるためです。

専門家としての露出

ジャーナリストは専門家の見解を求めています。あなたの専門分野で専門家としてメディアに取り上げられれば、ユーザーはあなたのブランドや情報について検索する可能性が高まります。メディアを通じた露出は、ブランドの信頼性や専門性の印象を高め、自然なブランド検索につながるのです。

テスト結果の事例紹介

実際にブランド検索を促進する小規模な施策を試し、その結果を公開することで、ユーザーにあなたのブランドの存在を示すチャンスが生まれます。たとえわずかな検索数であっても、ブランド検索が起こることの証左となり、さらなる取り組みへとつながります。

要するに、アフィリエイトサイトがブランド検索を促進するには、調査レポートやメディア露出、実証実験などを活用することが重要です。こうした施策を通じて、ユーザーとの関わりを深め、自然なブランド検索につなげていく必要があります。

新時代のSEOへの対応

近年のGoogleのコアアップデートにより、検索順位におけるブランド検索の重要性が高まっています。多くのアフィリエイトサイトがオーガニックトラフィックを失っているのは、ブランド検索の欠如が大きな要因となっているのです。

ブランド検索の重要性の高まり

ブランド検索とは、ユーザーがあるブランドやサービスについて知った後、より詳しい情報を求めてGoogleで検索する行動を指します。こうしたユーザーの検索行動は、検索順位に大きな影響を与えています。

アフィリエイトサイトの認識の転換

現状を打破するため、アフィリエイトサイトはブランド検索を促進する取り組みの重要性を認識し、認識を転換する必要があります。統合されたPR・SEO対策を通じて、ユーザーの検索行動に影響を与え、自然な形でサイトへの誘導を図ることが求められています。

統合戦略の必要性

アフィリエイトサイトは、PR・SEO・マーケティングを統合した戦略を立てる必要があります。具体的には、調査レポートの配信やメディア露出でブランド認知度を高め、ユーザーがブランド名で検索するよう働きかける施策が有効でしょう。

ブランド検索の重要性の高まり

ブランド検索は、あるブランドの影響力や専門性、信頼性を反映する重要な指標となっています。ユーザーが検索するブランド名には、そのブランドのコンテンツやメッセージへの共感が表れています。

例えば、空気清浄機のレビューサイト「HouseFresh」は検索流入が91%減少しましたが、ブランド検索数が多い家庭・庭先関連の総合サイト「The Spruce」は、Google検索の上位にランクインしています。

HouseFresh The Spruce
ブランド検索数 ほぼ0 多数
Google検索順位 下位 上位

このように、ブランド検索数は検索順位に大きく影響しています。アフィリエイトサイトを含む多くのサイトは、統合されたPR・SEO対策によってブランド検索を促進する必要があるのです。

アフィリエイトサイトの認識の転換

従来のアフィリエイトサイトでは、専門家としての実体験に基づくコンテンツを提供していれば「役立つコンテンツ」と捉えられがちでした。しかし、Googleのコアアップデート以降、ブランド検索の少ないアフィリエイトサイトが大幅な検索順位の低下とオーガニックトラフィックの減少に直面しています

この問題は単に大手サイトとの競争力の差だけではありません。ブランド検索を生み出せていないことが本質的な問題なのです。ランニングマシンのレビューサイト「TreadmillReviews.net」がGoogleトラフィックを失った一方、「Garage Gym Reviews」はブランド検索の力で上位に表示されているのがよい例です。

つまり、アフィリエイトサイトは、ブランド検索の欠如が検索順位低下の一因であることを認識し、PR・マーケティングを統合した対策を講じる必要があります

統合戦略の必要性

アフィリエイトサイトがオーガニックトラフィックを回復するには、統合されたPRとSEO対策が不可欠です。具体的には以下の施策が考えられます。

  • プレスリリース配信やメディア露出を通じて、ブランドの認知度を高める
  • 有益なコンテンツを発信し、ユーザーが自然とブランド名で検索するよう誘導する
  • 専門家としてメディアに取り上げられ、信頼性を高める

こうした施策を通じて、ユーザーのブランド検索行動を喚起し、オーガニックトラフィックの回復を図ることができます。ブランド検索はユーザーが問題解決や新たな機会を探す際の重要な検索行動の1つだからです。

実際、70%のユーザーはソーシャルメディアでブランドを知った後にGoogleで追加情報を探しており、45%のユーザーがメディアの影響力が高まっていると感じています。アフィリエイトサイトはこの点を認識し、PR・マーケティング施策に取り組む必要があります。

まとめると、新時代のSEOではブランド検索が重要な指標となっており、アフィリエイトサイトを含む多くのサイトが、統合された広報とSEO対策を通じてブランド検索を促進することが求められています。

まとめ

なぜ多くのアフィリエイトサイトがオーガニックトラフィックを失っているのでしょうか。その最大の理由は、ブランド検索の欠如にあります。Googleのコアアップデートにより、ブランド検索の多いサイトほど検索順位が上位になる傾向が強まっています。一方、ブランド検索の少ないアフィリエイトサイトは大幅な検索順位の下落とオーガニックトラフィックの減少に直面しています。

この問題を解決するには、アフィリエイトサイトはPRとSEOを統合した戦略を立て、ブランド検索を促進する取り組みが欠かせません。プレスリリースやメディア露出でブランド認知を高め、有益なコンテンツ発信によってユーザーをブランド検索へと誘導することが重要です。ブランド検索は、サイトの専門性や信頼性を反映する指標であり、ユーザーの検索行動に大きな影響を及ぼすからです。新時代のSEOにおいて、アフィリエイトサイトを含む全てのサイトが、統合戦略を通じてブランド検索の重要性を認識し、対策を講じていく必要があります。

参考文献

Search Engine Land
Why are so many affiliate sites losing organic traffic? Here’s why smaller affiliate sites are losing rankings after Google's core update and how brand search can turn the tide.

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次