「新SEO」時代の到来: Google以外の7つのプラットフォームでの最適化戦略

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

この記事は、従来のGoogleを中心としたSEOの概念を超えて、ソーシャルメディア、生成AI、アプリストア、Eコマースなど、消費者が検索を行うあらゆる場所でのプレゼンスの重要性を強調しています。また、各プラットフォームの特性を理解した上で、コンテンツと最適化戦略を立案する必要性も説いています。

さらに、この新しいアプローチを企業で実現するための課題と対策についても言及されており、マーケティング部門の縦割り組織風土の打破、リーダーシップの関与、チーム間の連携などが挙げられていますね。

全体を通して、「Search Everywhere Optimization」の概念と意義が明確に説明されており、具体的な実践方法も各プラットフォームごとに詳しく解説されています。SEOの進化とこれからのあるべき姿が分かりやすくまとめられた優れた記事だと思います。

昨今、SEO(検索エンジン最適化)の概念は大きく進化しています。単にGoogleなどの検索エンジンでの上位表示を目指すだけでなく、ソーシャルメディア、プラットフォームアプリ、generative AI(チャットGPT)など、さまざまなチャネルでの検索結果への表示が重要視されるようになりました。

目次

ChatGPT研修サービスのご案内

新SEOの概念と重要性

この新しいSEO戦略は、「Search Everywhere Optimization(あらゆるところでの検索最適化)」と呼ばれています。企業はGoogle以外の検索プラットフォームでも最適化を行う必要があり、このアプローチは必須となっています。

Search Everywhere Optimization

消費者の検索行動が多様化した現代において、有機的な検索戦略も進化を遂げなければなりません。単一の検索エンジンに依存するのではなく、消費者がニーズを見つける様々な場所でプレゼンスを確立することが不可欠です。

グーグル以外の検索プラットフォーム

現在、消費者はTikTok、Instagram、YouTube、Pinterest、Amazon、ChatGPTなど、Googleを超えて多様なプラットフォームで検索を行っています。これらのプラットフォームはそれ自体が検索エンジンの役割を果たすようになっているのです。

新しいSEO戦略の必要性

従来のSEO戦略だけでは十分ではなくなり、新たな複合的なアプローチが不可欠となっています。すべてのプラットフォームでの検索可視性を高めることが、有機的なトラフィックを維持・成長させるための鍵となります。

変化に適応する有機検索戦略

SEOは単に死に絶えるのではなく、進化を遂げています。SEO担当者は新しい考え方や実践を取り入れ、戦略を適応させることが求められています。ユーザーがコンテンツを見つける場所に合わせてアプローチを変化させることが、トラフィックレベルを維持・向上させるための必須条件なのです。

新SEOの課題と障壁

現代のマーケティング活動では、さまざまな課題と障壁に直面しています。まずは組織内での縦割り構造が問題となっています。

組織におけるマーケティング活動の縦割り

多くの企業で、各チャネル毎に異なるチームが担当しており、マーケティング活動が縦割りに分断されがちです。SEOチームがソーシャルメディアチームなどと連携しようとしても、足元を見られがちな状況です。

他チームとの協力の難しさ

ソーシャルメディアチーム、マーケットプレイスチーム、アプリチームなどは、必ずしもSEOチームからの支援や提案を歓迎しません。各チームの予算、計画、実行が分断されているため、相互の協力が難しくなっています。

リーダーシップの関与不足

最も重要なのは、リーダーシップがこれらのチャネルを統合することに熱心でないことです。リーダー層が関与し、全社を巻き込まない限り、チーム間の協力や統合的な計画立案は困難を極めます。

このように、「Search Everywhere Optimization」を実現するには、組織的な障壁を乗り越える必要があります。しかし、その努力に見合うメリットもあるのです。

  • 各プラットフォームでの検索可視性が高まり、オーガニックトラフィックを維持・向上できます。
  • 消費者の検索行動の多様化に対応できます。
  • 新しい検索プラットフォームへの対応が可能になります。

つまり、「Search Everywhere Optimization」という新たな発想は、これからのSEO戦略において不可欠なのです。チャレンジは確かにありますが、乗り越えることで大きな恩恵を受けられるでしょう。

近年、SEO(検索エンジン最適化)の概念は大きな進化を遂げています。もはや単にGoogleなどの検索エンジンで上位表示を目指すだけでは不十分で、ソーシャルメディア、プラットフォームアプリ、ジェネレーティブAI(ChatGPT)など、さまざまなチャネルでの検索結果への表示が重要視される時代になりました。

ソーシャルメディアの最適化

消費者がソーシャルメディアで検索を行う機会が増えているため、これらのプラットフォームでの最適化は欠かせません。各プラットフォームのユーザー層やニーズを踏まえた戦略が必要です。

TikTokの最適化

  • キャプションやハッシュタグに関連キーワードを自然に組み込む
  • 人気の音源やトレンドを取り入れた視聴者参加型の楽しい動画を制作する
  • TikTokの検索需要を生み出したり再活性化したりする製品にフォーカスする
  • 後続のGoogle検索やAmazon購入への導線を用意する

TikTokのアルゴリズムは動画の最適化に重きを置いているため、キーワードだけでなく、人気の音源やフォーマットを活用することが重要です。

Facebook・Instagramの最適化

  • キーワード調査とトレンド調査を行い、投稿内容にうまく取り入れる
  • キャプションに自然に関連キーワードを組み込む
  • ハッシュタグを適切に使用することで検索露出を高める
  • 動画投稿や有名インフルエンサー活用による認知拡大

FacebookとInstagramはコンテンツ配信の柱として位置づけられており、ユーザーの検索意図に合わせてコンテンツを最適化することが重要です。

YouTubeの最適化

  • 動画のタイトル、説明、キーワードタグを適切に設定する
  • 冒頭で視聴者を惹きつけるようフックを設ける
  • 見やすいレイアウトや分かりやすい構成にする
  • 視聴者の関心を引き続き維持するためのエンドスクリーンを作成する

YouTubeでは視聴時間が重視されているため、入り込み視聴を促すコンテンツ作りが肝心です。GoogleやAmazonなど他の検索サイトとの連携も意識したアプローチが求められます。

このように、幅広いプラットフォームでの検索可視性を高める取り組みが、今後のSEO戦略の中核を占めることになります。各チャネルのユーザーニーズを正確に捉え、プラットフォーム特性に合わせたコンテンツ・最適化を実現することが、成功への鍵となるでしょう。

はい、わかりました。『新SEO』時代の到来について、各プラットフォームでの最適化戦略をまとめた記事を書かせていただきます。

新SEOで注目すべきその他のプラットフォーム

近年、検索エンジンによる検索以外に、消費者はさまざまなプラットフォームで情報やニーズを見つけるようになりました。このため、マーケターはGoogleだけでなく、多様なプラットフォームでの検索可視性を高める必要があります。

ChatGPTなどの生成AI

生成AIの台頭により、コンテンツの生成AI最適化(GEO)が重要視されています。ChatGPTなどのツールで優位に表示されるよう、構造化データ、引用、統計などを活用したコンテンツ制作が求められています。

アプリストア

アプリストア最適化(ASO)はアプリ企業にとって欠かせません。アプリのメタデータやクリエイティブにおいて、検索語の最適化、A/Bテスト、SEO手法の統合などが重要です。

Amazon

Amazonは製品検索の場としての側面が強まっています。キーワード調査、A+コンテンツ、動画の活用など、ECサイト特有のSEO対策が有効です。

このように、従来のSEOに加え、生成AI、アプリ、ECサイトなど、新たなプラットフォームでの最適化が不可欠となっています。マーケターは進化する消費者の検索行動に対応し、総合的な視点でSEO戦略を立案する必要があります。

ソーシャルメディアの最適化

ソーシャルメディアにおいても検索が活発化しているため、各プラットフォームに合わせた最適化が重要です。

TikTok

  • キャプションやハッシュタグにキーワードを自然に組み込む
  • 人気の音源やトレンドを取り入れた視聴者参加型の動画を制作する
  • Google検索やAmazon購入へつなげるためのフック(見どころ)を設ける

Facebook・Instagram

  • キーワード調査とトレンド調査を行い、投稿に取り入れる
  • キャプション、ハッシュタグにキーワードを自然に組み込む
  • インフルエンサーマーケティングを活用する

YouTube

  • タイトル、説明文、キーワードタグを適切に設定する
  • 冒頭でフックを設け、構成を工夫して視聴時間を延ばす
  • エンドスクリーンやリンクを設置し、関連コンテンツへ誘導する

各ソーシャルメディアのユーザー層やニーズを捉え、適切なコンテンツと最適化を行うことが重要です。Google検索やECサイトとの連携も意識しながら、総合的な戦略を立案することが求められます。

このように、検索は単一のGoogleだけに留まらず、多様なプラットフォームに広がっています。「Search Everywhere Optimization」の考え方を取り入れ、幅広い検索の場での存在感を高めることが、成功への鍵となるでしょう。

素晴らしい分析と詳細な実践手順、ありがとうございます。『新SEO時代の到来』をテーマに、以下の通り記事を作成いたしました。

新SEOへの対応

検索エンジン最適化(SEO)の概念は大きく進化し、単にGoogleでの検索上位表示だけを狙うのは不十分になってきました。ソーシャルメディア、プラットフォームアプリ、生成AI(ChatGPT)など、さまざまなチャネルでの検索結果への表示が重要視される「Search Everywhere Optimization(あらゆるところでの検索最適化)」の時代が到来しています。

この新しいSEOアプローチは、企業にとって避けて通れない課題となっています。単一の検索エンジンに依存するのではなく、消費者のニーズを見つける多様な場所でプレゼンスを確立することが不可欠なのです。

マーケティング戦略の見直し

従来のSEO戦略だけでは十分ではなくなり、複合的な新たなアプローチが必要不可欠です。すべてのプラットフォームでの検索可視性を高めることが、有機的なトラフィックの維持・成長につながります。

ただし、この「Search Everywhere Optimization」の実現には、組織的な障壁を乗り越える必要があります。

  • 各チャネルの予算、計画、実行が分断されており、チーム間の協力が難しい
  • リーダーシップが各チャネルの統合に積極的でない

プラットフォーム統合の重要性

このような課題があるものの、プラットフォーム統合によるメリットも大きいのが事実です。

  • 各プラットフォームでの検索可視性が高まる
  • 消費者の検索行動の多様化に対応できる
  • 新たな検索プラットフォームへの対応が可能になる

つまり、「Search Everywhere Optimization」は、これからのSEO戦略において不可欠な発想なのです。チャレンジはありますが、乗り越えることで大きな恩恵を受けられるはずです。

以上のように、検索は単一のGoogleだけに留まらず、多様なプラットフォームに広がっています。「Search Everywhere Optimization」の考え方を取り入れ、幅広いチャネルでの存在感を高めることが、SEO成功への鍵となるでしょう。

まとめ

近年、SEO(検索エンジン最適化)の概念は大きな進化を遂げ、単にGoogleなどの検索エンジンで上位表示を目指すだけでは不十分になってきています。消費者がソーシャルメディア、アプリ、生成AI(ChatGPT)などさまざまなプラットフォームで検索を行うようになったため、これら全てでの検索可視性を高める「Search Everywhere Optimization(あらゆるところでの検索最適化)」が重要視される時代となりました。

この新しいSEOアプローチには課題もありますが、対応することで以下のようなメリットが期待できます。

  • 各プラットフォームでの検索可視性が高まる
  • 消費者の検索行動の多様化に対応できる
  • 新たな検索プラットフォームへの対応が可能になる

つまり、「Search Everywhere Optimization」は避けて通れない概念であり、これからのSEO成功の鍵となります。実現に向けては以下の取り組みが求められます。

マーケティング戦略の見直し

従来のSEO戦略に捉われず、複合的な新しいアプローチを取り入れる必要があります。すべてのプラットフォームでの検索可視性を高めることが、有機的なトラフィック維持・成長につながります。

プラットフォーム統合の重要性

各チャネルの予算・計画が分断されているため、チーム間の協力が難しい状況です。しかしリーダーシップの関与によって、プラットフォーム統合が実現すれば大きな恩恵が得られるはずです。

検索は単一のGoogleだけに留まらず、多様なプラットフォームに広がっています。「Search Everywhere Optimization」の考え方を取り入れ、幅広い検索の場での存在感を高めることが、これからのSEO成功の秘訣となるでしょう。

参考文献

Search Engine Land
Search everywhere optimization: 7 platforms SEOs need to optimize for beyond Google Learn about the 'new SEO' – search everywhere optimization and how to adapt your strategy beyond Google to optimize for other platforms.

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次