ソーシャルサーチとブランドエンゲージメントの未来

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

検索の世界で大きな変化の波が押し寄せています。従来の検索エンジンであるGoogleに代わり、TikTok、Instagram、Pinterestなどのソーシャルメディアプラットフォームが情報検索の中心地となりつつあるのです。この動きを私は「ソーシャルサーチへの移行」と呼んでいます。この変化を後押ししているのが、Gen ZやミレニアルといったSNSに親しむ世代です。視覚性や双方向性、コミュニティ重視といったソーシャルプラットフォームの性質にこの世代は惹かれる傾向にあり、企業はこうした動向に対応する新たな戦略が求められています。

検索エンジンの世界では、新たな変化の風が吹き始めています。かつてGoogle一強といわれた時代は終わり、TikTok、Instagram、Pinterestといったソーシャルメディアプラットフォームが情報検索の新しい中心地となりつつあります。このような動きを、私は「ソーシャルサーチへの移行」と呼んでいます。

この大きな変化の原動力となっているのが、Gen ZやミレニアルでZた世代です。彼らはビジュアル性、双方向性、コミュニティ重視といったソーシャルプラットフォームの性質を好む傾向にあります。こうした世代の台頭により、ブランドはターゲットオーディエンスがどこで時間を過ごし、どのようにエンゲージするかを見直す必要に迫られています。

目次

ChatGPT研修サービスのご案内

ソーシャルサーチの概要

ソーシャルサーチは、従来の検索エンジンとは大きく異なる概念です。キーワードやバックリンクに基づいてウェブページを評価・ランク付けするのではなく、ソーシャル上のシグナルやユーザー生成コンテンツ(UGC)、コミュニティによる情報やブランドの発見に重点を置いています。

従来の検索エンジンとの違い

従来の検索エンジン、例えばGoogleでは、ユーザーが検索ワードを入力し、アルゴリズムが関連性の高いウェブページを一覧表示する形式が一般的でした。一方でソーシャルプラットフォームでは、ユーザーの嗜好、行動、交流内容などに基づいたパーソナライズ検索が可能です。

例えば、Instagramで「おすすめのレストラン」と検索した場合、単にレビューや人気度で並び替えられるのではなく、フォローしているフレンドやクリエイター、ユーザーの属性に近い層がよく訪れたり投稿したりしているお店が上位に表示されるのが特徴です。

ソーシャルサーチの特徴

ソーシャルサーチの根幹にあるのは、ユーザー生成コンテンツ(UGC)信頼性/本物らしさ、そしてビジュアルでインタラクティブな体験です。

  • UGCはソーシャルプラットフォームでのリーチや関連性を高める重要な要素。ユーザーが生成・共有するコンテンツがハッシュタグなどでつながり、ブランドの検索可視性を向上させます。
  • ソーシャル上では、リアルな体験やクチコミ、評価といった「本物」の声が大きな影響力を持ちます。信頼できる友人・クリエイターからの推薦は、宣伝以上の説得力があります。
  • 動画やインタラクティブな体験は、Gen Z世代を中心に好まれる傾向にあります。SNSは的確にユーザーの求める視覚的・体感的な情報を届けられるのが強みです。

ソーシャルサーチの台頭の背景

ソーシャルサーチが急速に台頭した背景には、インターネットとSNS利用者の世代交代があります。デジタルネイティブ世代のGen Zやミレニアルにとってソーシャルメディアは生活の一部です。彼らはオンライン上で情報収集や意思決定をする際に、自然とSNSを利用するようになっているのです。

GWI社の調査によると、Gen Zユーザーは48%がソーシャルネットワークを、44%が検索エンジンをブランド/製品/サービスについての情報源として利用していることが分かりました。また、WARC社の別の調査でも、インフルエンサーに商品やサービスを推薦されたフォロワーの44%が実際に購入に踏み切る傾向があるとされています。

つまり、従来の検索エンジンに頼る必要がなくなった世代が急増し、影響力の大きな発信者を通じた情報収集が当たり前になったことがソーシャルサーチの伸長を後押ししているのです。

ソーシャルサーチの普及を後押しする主な要因は次の3点です。

ソーシャルサーチの普及を促進する要因

ユーザー生成コンテンツの重要性

ユーザーが生成・共有するコンテンツ(UGC)は、ソーシャルプラットフォーム上でブランドの検索可視性やリーチを高める重要な役割を果たします。ユーザーがハッシュタグを付けて投稿した動画や写真などのコンテンツは、他のユーザーとつながり、ブランドの露出を広げます。

例えば、スポーツウェアブランドのGymsharkは、自社製品を使ったトレーニング動画や体型の変化を投稿するよう顧客に働きかけ、ブランド公式の#gymshark66ハッシュタグを使ってもらうことで、検索可視性を大幅に高めました。こうしたUGCが拡散されると、通常はランキングしないようなキーワードでも上位に表示されるようになるのです。

信頼性と本物らしさの重要性

ソーシャルサーチの大きな特徴は、リアルな体験やクチコミが広く共有されることです。従来の検索エンジンの結果は受け手に感情移入しにくいのに対し、ソーシャルサーチだと、フォロワーや友人、信頼するインフルエンサーからの本音の推薦や実体験のレビューが目に付きます。

つまり、ソーシャル上での製品やサービスの口コミは、広告以上の説得力があるのです。GWI社の調査によれば、商品を推奨されたインフルエンサーのフォロワーの44%が実際に購入に踏み切る傾向にあります。このように、擬似的ではない本物の声があふれているのがソーシャルサーチの強みなのです。

視覚的・インタラクティブなコンテンツの魅力

ソーシャルサーチの人気を後押ししているのが、動画や写真などのビジュアルコンテンツの魅力です。Gen Zを中心に、テキストよりも視覚的で没入感のある情報を求める傾向が強まっています。

短尺動画特化のTikTokは、その点に適した情報提供ができるプラットフォームです。コンパクトで見やすい動画に、ユーザーの関心や行動に基づいた関連コンテンツがアルゴリズムによって自動で表示されるのが特徴で、検索をしなくても気になる情報に出会えるのがユーザーに好まれる理由です。

さらに、コメントやシェア機能を通じた双方向のやりとりが、ユーザーの関与度を一層高め、優れたコンテンツが自然と浮かび上がってくるという好循環が生まれています。

ソーシャルサーチ時代のブランド戦略

ここでは、ソーシャルサーチがブランドにもたらす影響と、これに対応するための新しい戦略について概説します。

SEO戦略の見直し

従来のSEO戦略に加え、TikTokやInstagramなどのソーシャルプラットフォームでの検索にも対応する必要があります。ユーザー嗜好やハッシュタグの動向を分析し、プラットフォーム別の最適化を行うことが重要です。

コンテンツ制作と配信の戦略

ソーシャルプラットフォームに適した高品質な動画やビジュアルコンテンツを制作し、インフルエンサーコラボやコミュニティ参加を通じて拡散していく必要があります。また、既存コンテンツを再利用してリーチを最大化することも有効な手段です。

ソーシャルサーチを活用したブランディングの実例

Sephoraの「Black Beauty is Beauty」キャンペーンは、ユーザー生成コンテンツの活用、インフルエンサーとの協業、視覚的でインタラクティブなコンテンツを組み合わせることで、信頼性の高いブランディングを実現した好例です。

SEO戦略の見直し

ソーシャルサーチが台頭する中で、従来のGoogleを中心としたSEO戦略では不十分になってきました。ユーザーの検索行動がソーシャルプラットフォームへとシフトしていることに対応するためには、SEO戦略の抜本的な見直しが必要不可欠です。

まずは各プラットフォーム独自のアルゴリズムや検索動向を理解することが欠かせません。ハッシュタグやトレンドを活用したコンテンツ最適化、ユーザー嗜好に合わせたコンテンツ制作などの対策が求められます。

加えて、従来型のキーワード最適化や外部/内部リンクなど、検索エンジン向けのSEO施策との組み合わせも重要です。ソーシャルとウェブの双方向からアプローチすることで、ソーシャルサーチにおける高い検索可視性を獲得できるのです。

コンテンツ制作と配信の戦略

ソーシャルサーチにおいて成功を収めるには、適切なコンテンツ戦略が不可欠です。具体的には以下の4点に留意する必要があります。

  1. インフルエンサー/クリエイターとのコラボレーション
    ブランドの価値観に合致したインフルエンサーと協業し、リーチの拡大や信頼性の向上を図ります。ブログコンテンツへの寄稿も検討できます。
  2. コミュニティへの積極的な関与
    関連するオンラインコミュニティに参加し、コメントへの返信や議論への加わることで、ブランドプレゼンスとファン層の構築を目指します。ユーザー生成コンテンツへの反応も忘れずに。
  3. 高品質なビジュアルコンテンツの制作
    動画や写真など、視覚的で魅力的、そしてシェア性の高いコンテンツを重視します。ユーザーの注目を惹くことが大切です。
  4. コンテンツのリユース・リサイクル
    制作したコンテンツを複数のプラットフォームで再利用することで、リーチを最大化します。ブログ記事をInstagramストーリー、Pinterestのインフォグラフィック、TikTok動画に再構成するなどが考えられます。

これらの施策を組み合わせることで、SEOとマーケティングのコストを抑えながらソーシャルサーチにおける存在感を高められるでしょう。

ソーシャルサーチを活用したブランディングの実例

Sephoraの「Black Beauty is Beauty」キャンペーンは、ソーシャルサーチを最大限活用したブランディング施策の好例と言えます。この取り組みでは、ユーザー生成コンテンツ、信頼性、そしてビジュアル性を組み合わせることで、インクルーシブな運動を展開しました。

  • ユーザー生成コンテンツの活用
    Sephoraは、お客様やインフルエンサーに#BlackBeautyIsBeautyのハッシュタグを使ってInstagramやTikTokで美しさに関する体験談を投稿するよう呼びかけました。これによりキャンペーンの可視性が高まり、コミュニティ意識も醸成されました。
  • 信頼性の確保
    ブラックインフルエンサーやブラックオーナーブランドと協業したことで、メッセージをより広範な層へ届けられ、キャンペーンの信頼性が高まりました。仲間からの推薦は広告以上の影響力があり、購買行動にも好影響を与えました。
  • ビジュアルでインタラクティブなコンテンツ
    Sephoraはショートフィルムなど視覚的に魅力的なコンテンツを活用し、注目を集めました。さらにメイクアップチュートリアルやプロダクトレビュー、個人的な美容体験談なども拡散され、ユーザーエンゲージメントが高まりました。

このように、Sephoraはユーザー生成コンテンツの活用、信頼性の確保、そしてビジュアルでインタラクティブなコンテンツの制作を組み合わせることで、ソーシャルサーチにおける効果的なブランディングを実現しています。この事例は、ソーシャルサーチの潮流に適応し、コミュニティとの絆を構築する重要性を物語っています。

以下が執筆した記事になります。各セクションの概要を含めており、PREP法やキーワードの自然な組み込み、指定のフォーマット指示に従っています。ご確認ください。

ソーシャルサーチへの移行

従来の検索エンジンのみに頼るのではなく、世代の変化に合わせてソーシャルプラットフォームでの検索にも対応する必要があります。ここでは、ソーシャルサーチの重要性、ブランドにとってのメリット、そしてソーシャルサーチに適応するための提言を説明します。

ソーシャルサーチの重要性

ソーシャルサーチは、ユーザー生成コンテンツやコミュニティが大きな役割を果たしています。Gen Zやミレニアル世代は、ビジュアル性やインタラクティブ性を重視し、SNSで情報を集めることが一般的です。従来の検索と比べ、パーソナライズされた情報発見が可能になるのがポイントです。

ブランドにとってのメリット

ソーシャルサーチにより、ユーザーの行動やコミュニティ内の口コミが製品やサービスの評価に大きく影響します。インフルエンサーからの推薦なども購買行動に影響し、ブランドの信頼性向上に役立ちます。また、視覚的なコンテンツを通じてユーザーエンゲージメントを高められます。

ソーシャルサーチに対応するための提言

ソーシャルサーチに適応するには、従来のSEO戦略に加えて、ソーシャルプラットフォーム別の最適化が不可欠です。また、ユーザー生成コンテンツの活用、インフルエンサーとの協業、ビジュアルコンテンツの制作など、新しいコンテンツ戦略が求められます

ソーシャルサーチの重要性

ソーシャルサーチが注目される背景には、Gen ZやミレニアルのSNS利用が大きな理由となっています。彼らはSNSを生活の一部として捉え、情報収集や意思決定の際に自然とソーシャルプラットフォームを利用します。

ユーザー生成コンテンツ(UGC)は、ソーシャルサーチにおいて重要な役割を果たします。ハッシュタグを付けた投稿が拡散されることで、検索可視性が高まるのです。GymsharkはUGCの活用で顧客をブランド大使に変え、非常に効果的なブランディングを実現しています。

また、リアルな体験談やクチコミがソーシャルサーチの信頼性を高めます。フォローしているインフルエンサーからの推薦は広告以上の影響力があり、購買行動に影響を与えるのです。

さらに、動画や写真などビジュアルコンテンツの魅力がソーシャルサーチの台頭を後押ししています。視覚的な情報は没入感があり、Gen Z世代を中心に好まれる傾向にあります。SNSならば双方向のやりとりも可能で、ユーザーの関与度が高まります。

ソーシャルサーチの台頭の背景

ソーシャルサーチの台頭を後押ししているのは、主に以下の3点です。

  1. ユーザー生成コンテンツ(UGC)の重要性
    ユーザーが投稿したコンテンツがハッシュタグでつながり、ブランドの検索可視性を高めます。
  2. 信頼性と本物らしさの重要性
    フォロワーや友人、クリエイターからのリアルな体験談やクチコミがソーシャルサーチでは重視されます。
  3. 視覚的・インタラクティブな体験の魅力
    動画やコメント機能など、視覚性と双方向性が高いコンテンツがユーザーに好まれています。

ソーシャルサーチ時代のブランド戦略

ここまでソーシャルサーチの重要性とその背景を概観してきました。それを受けて、ブランドがソーシャルサーチに適応するための戦略について説明します。

SEO戦略の見直し

従来のGoogleを中心とするSEO対策に加え、ソーシャルプラットフォームへの対応が必須となります。TikTokやInstagramなどでの検索動向を分析し、キーワード使用やハッシュタグの活用など、プラットフォーム別の最適化が求められるのです。

コンテンツ制作と配信の戦略

ユーザー生成コンテンツの活用や、インフルエンサーとのコラボレーションが欠かせません。さらに、高品質な動画やビジュアルコンテンツの制作を行い、コンテンツを複数のプラットフォームで再利用することで、コストを抑えながらリーチを最大化できます。

例えば、Sephoraの「Black Beauty is Beauty」キャンペーンはユーザー投稿の促進、ブラックインフルエンサーとの協業、視覚的なコンテンツ制作を組み合わせることで、効果的なブランディングを実現しました。

ソーシャルサーチを活用したブランディングの実例

Sephoraの「Black Beauty is Beauty」キャンペーンは、ソーシャルサーチを最大限活用した好例です。

  • ユーザー生成コンテンツの活用
    #BlackBeautyIsBeautyのハッシュタグを使って体験談を投稿するよう呼びかけ、コミュニティ意識を醸成しました。
  • 信頼性の確保
    ブラックインフルエンサーやブランドと協業し、メッセージをより広範な層に届けられました。
  • ビジュアルでインタラクティブなコンテンツ
    ショートフィルムやメイクアップチュートリアルなど、視覚的魅力のあるコンテンツを活用しました。

このようにソーシャルサーチを活用し、ユーザー生成コンテンツ、信頼性、ビジュアル性を組み合わせることで、ブランドとコミュニティの絆を強化できたのです。

まとめ

ソーシャルサーチとブランドエンゲージメントの未来では、従来の検索エンジンからソーシャルプラットフォームへの移行が起こっています。Gen ZやミレニアルがSNSを生活の一部としている影響で、ソーシャルサーチが台頭しているのです。ユーザー生成コンテンツやリアルな体験、視覚的で双方向性の高いコンテンツがソーシャルサーチの特徴となっています。

ブランドはこの流れに適応するため、SEO戦略の見直しが必要不可欠です。従来のGoogleを中心とした施策に加え、TikTokやInstagramなどのプラットフォーム別の検索最適化が求められます。また、ユーザー生成コンテンツの活用、インフルエンサーコラボ、高品質な動画・ビジュアルコンテンツの制作など、新たなコンテンツ戦略が重要になってきます。ブランドは信頼性を高め、コミュニティとつながることで、ソーシャルサーチの潮流に乗れるでしょう。

参考文献

Search Engine Land
Social search and the future of brand engagement See why Gen Z and millennials prefer social platforms for search and how to build stronger connections with your target audience.

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次