FORTRANとは?基礎からわかりやすく10分で解説!

  • URLをコピーしました!

プログラミング世界の老舗、FORTRANについて短時間で学びたいビジネスパーソンの皆さん、必見です。FORTRANの世界は、単なる古典ではありません。その誕生から現代に至るまでの歴史と特徴、基本的なコーディング技術から実践応用まで、この言語の全貌を端的に理解することは、科学技術計算のフィールドにおける競争力を高める基盤となります。さらには、継続的な学習とコミュニティでの活動を通じてエキスパートへの道を切り開くためのアドバイスも紹介。10分で掴むこのガイドが、FORTRANという貴重なスキルを身につけ、ビジネスシーンでの新たな一歩を踏み出すためのきっかけになれば幸いです。

目次

1. FORTRANとは? – プログラミング言語の起源から理解する

FORTRANは、現代の多くのプログラミング言語に先鞭をつけた、数値計算や科学技術計算に特化したプログラミング言語です。その歴史は1950年代まで遡り、プログラミング言語の開発において画期的な役割を果たしました。この言語は、特に計算が複雑な工学や物理学の分野で利用されてきました。

FORTRAN(Formula Translationの略)という名前は、数式の翻訳という意味を持ち、数学的表記をコンピュータが理解できる形に変換することを目的としています。この言語の普及により、計算機科学は飛躍的な発展を遂げ、以降の多くのプログラミング言語の設計にも大きな影響を与えました。

FORTRANの誕生以来、様々なバージョンが発表され、今日に至ってもその新しい派生形が使用され続けています。この言語は、高性能な計算機能と、研究者やエンジニアにとって読みやすい文法を兼ね備えているため、特定の専門分野での人気を保っています。

1.1 FORTRANの誕生と歴史

FORTRANは1957年、IBMによって開発された世界初の高水準プログラミング言語です。当時のプログラムは主にアセンブリ言語で記述されており、非常に複雑で時間がかかる作業でした。FORTRANの登場により、より抽象的な記法でプログラムを作成することが可能になり、コンピュータの利用が拡大しました。

以降、FORTRANは多くのバージョンアップを経て、FORTRAN 77、FORTRAN 90、FORTRAN 95、FORTRAN 2003、FORTRAN 2008など、さまざまな改善と機能追加が行われました。各バージョンでは、ユーザビリティの向上、新しい機能の実装、言語標準の整備などが焦点になっています。

その後もFORTRANは進化を続け、計算機のアーキテクチャに合わせて最適化され、パラレルコンピューティングや大規模な数値計算にも対応していきました。現在でも、既存のライブラリやコードの蓄積が豊富であるため、科学技術計算では根強い支持を得ています。

1.2 FORTRANの特徴とは何か

FORTRANの最大の特徴は、数値計算と配列操作に特化している点です。その構文は数学的な記述に近く、計算機科学以外の専門家でも扱いやすいとされています。また、効率的なコード生成を可能にする優れた最適化機能を持っていることも、長きにわたって支持される理由です。

FORTRANは、コンパクトなコードで高速な実行を実現します。これは、大規模な数値解析やシミュレーションを必要とする分野で重宝され、研究開発や産業界での地位を確立しています。

また、FORTRANは卓越した互換性を誇ります。新たな標準が取り入れられても以前のバージョンのコードを維持しやすく、長期間にわたるプロジェクトにおいてもコードの再利用とメンテナンスが容易になります。この柔軟性が、さまざまな領域においてFORTRANの使用を後押ししているのです。

1.3 FORTRANにおけるプログラムの基本構造

FORTRANのプログラムは、特定の構造を持っています。プログラムの基本的な構成要素は、プログラムステートメント、変数宣言、実行文、そしてサブルーチンから成り立っています。これらの要素を適切に配置し、定義することで機能的なプログラムを作成することができます。

実行文には、算術操作、分岐、ループなどが含まれており、複雑な数値計算やデータ処理を実現することが可能です。また、サブルーチンや関数を利用することで、コードの再利用性とモジュール性が高まります。

FORTRANのプログラムは、多くの場合、BEGINとENDステートメントで囲まれたブロック形式で書かれます。これにより、プログラムの開始と終了が明確になり、読みやすさと管理の容易さが提供されます。SIMPLE、DO-LOOP、GOTOステートメントなどは、プログラムの制御フローを構成するための重要な要素です。

1.4 FORTRANと他のプログラミング言語との比較

FORTRANは、特に数値計算に強いプログラミング言語として知られていますが、他の言語と比較すると、その特化性が際立ちます。例えば、C言語やJavaはより汎用的な用途に使われることが多く、様々なアプリケーション開発に適していますが、FORTRANは科学計算と数値シミュレーションの分野での利用が中心です。

PythonやMATLABは数値計算の分野でも人気がありますが、FORTRANと比べると実行速度で劣ることがあります。FORTRANはコンパイラによる最適化が進んでおり、大規模な計算タスクにおいては高速な処理が可能です。

さらに、FORTRANは他の言語にはない優れた配列操作能力を持っています。このため、気象予測や物理シミュレーション、工学設計など、大量のデータを扱う専門的な分野で引き続き重宝されます。他言語に慣れたプログラマにとっては、構文が直感的でないと感じられることもありますが、FORTRANはその特定の領域においては非常に強力なツールです。

2. FORTRANの基礎知識 – はじめの一歩

FORTRAN(フォートラン)は、科学技術計算を得意とするプログラミング言語の一つです。その効率的な数値計算能力は、今日でも多くの研究者や技術者に利用されています。

本記事では、FORTRANのプログラミングの基本に焦点を当てて解説します。この言語の魅力と共に、初心者がその基本を学ぶためのヒントを提供します。

FORTRANプログラミングの旅に出る前に、まずは基本的な概念を理解しましょう。これから、データ型の定義方法から始め、基本的な演算、制御構造、そして配列の操作について説明します。

2.1 データ型と変数の定義方法

FORTRANでは、プログラム内で使用する変数について、データ型を明示的に宣言することが推奨されます。こうすることで、コンパイラは効率的にコードを処理でき、またプログラムの読みやすさも向上します。

主要なデータ型には、INTEGER、REAL、COMPLEX、CHARACTER、およびLOGICALがあります。例えば、整数を格納する変数はINTEGER型を使用し、実数はREAL型で宣言されます。

変数の宣言は、通常、プログラムの最初の部分で行います。以下は、いくつかの変数を宣言する例です:「INTEGER :: count」「REAL :: temperature」「CHARACTER(len=10) :: name」です。

2.2 基本的な算術演算と関数の利用

FORTRANでは、基本的な四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)が直感的に使えます。算術演算子は、他の多くのプログラミング言語と同様に、+ (加算)、- (減算)、* (乗算)、/ (除算) を使用します。

また、標準的な数学関数も豊富に用意されています。例えば、「SQRT」は平方根を計算し、「SIN」と「COS」はそれぞれ正弦と余弦を求めます。関数の利用は簡単で、例えば変数xの平方根を計算するには「y = SQRT(x)」のように書きます。

これらの演算と関数は、科学技術計算において頻繁に使われるもので、FORTRANが強力なツールである理由の一つです。

2.3 制御構造:条件分岐とループ

プログラムの流れをコントロールするためには、条件分岐とループが必須です。FORTRANにおける基本的な条件分岐には「IF」ステートメントがあり、複雑な条件を「ELSEIF」や「ELSE」を使って表現できます。

ループに関しては、「DO」ループが広く使われます。このループを使うと、特定の条件が満たされるまで、あるいは指定した繰り返し回数に達するまで、同じセットの命令を実行できます。

例えば、「DO i = 1, 10」は、変数iが1から10まで変化する間、ループ内の命令を10回実行することを意味します。ループは数値計算で繰り返し処理をする際に非常に有効です。

2.4 配列とその操作方法

配列は数値やデータの集合を管理するのに役立ちます。FORTRANにおける配列は、一次元から多次元まで扱うことができ、その柔軟性は高度な数値解析において特に重宝されます。

配列を定義するには、型宣言時に次元を指定します。例えば、10個の要素を持つ一次元配列は「REAL :: array(10)」と宣言できます。そして、配列の各要素へはインデックスを使ってアクセスします。

配列の処理を行う際には、しばしば「DO」ループが用いられます。これによって各要素に対して計算や操作を繰り返すことができ、効率的なプログラミングが実現します。

3. FORTRANのコーディング – 実践編

3.1 FORTRANにおける手続き型プログラミングとは

手続き型プログラミングとは、プログラムを一連の計算手順として構築するアプローチを指します。FORTRANでは、この方法は長年の基盤となっており、プログラマが明確なステップを記述して問題を解決できるようにします。

FORTRANプログラムは、通常、データの宣言、計算手順、そして結果の出力といった具体的な手順のシーケンスに従います。この流れに沿って、科学計算や工学的な問題が効率的にコード化されます。

このプログラミング様式は、アルゴリズムを単純化しやすく、特に数学的モデルや反復計算を多用するアプリケーションで優れたパフォーマンスを提供します。

3.2 モジュールとサブルーチンの使い方

モジュールはFORTRANにおいて重要な概念で、関連するデータと手続きをカプセル化するために用いられます。それぞれのモジュールはプログラムの一部分を独立して扱い、再利用性と可読性を向上させます。

サブルーチンは、特定のタスクを実行するコードのブロックです。これらは必要に応じてプログラム内の任意の箇所から呼び出すことが出来るため、コードの重複を避ける上で非常に役立ちます。

モジュールとサブルーチンを適切に使用することで、大規模で複雑なコードでも管理がしやすく、エラーのリスクを最小限に抑えることができます。

3.3 FORTRANでのファイル入出力

信頼性の高いファイル入出力はFORTRANの強みの1つです。ファイルからデータを読み込むことや、計算結果をファイルに書き出すことが容易に行えます。

入出力には様々なフォーマットが存在し、固定フォーマットや自由フォーマットといった形式を適宜利用することが可能です。読み書きの際にも、直感的に理解しやすいコマンドで操作を行うことができます。

エラー処理やファイル状態のチェックを含めた堅牢な入出力処理を実装することで、データの整合性を保ちながら、プログラムの信頼性を高めることができます。

3.4 デバッグとエラー処理の基本

デバッグはプログラムのエラーを検出し修正する過程です。FORTRANでは、デバッグのための様々なツールとテクニックが利用可能です。

エラー処理は、プログラムが予期せぬ状況に遭遇した時に、適切に対応する仕組みを構築することです。FORTRANには、エラーが発生した際に情報を収集し、対処するための内蔵された機能が備わっています。

確実なエラー処理と効率的なデバッグは、プログラムの安定性に直結し、特に膨大なデータを扱う場合や長時間稼働させる場合においては不可欠です。

4. 現代におけるFORTRAN – 使われるシーンとは

FORTRANは、年代を経てもなお、科学計算や工学分野で信頼されるプログラミング言語です。長い歴史を持つこの言語は、最適化された数値計算能力と、処理速度の速さから、特に物理学や気象学、エンジニアリングなどの分野で現在でも重宝されています。

初期の設計目的は科学技術計算であったため、この用途での実績が豊富にあります。また、既存のコードベースやライブラリが充実していることから、新たなシステムにおいてもFORTRANが選ばれることが多いのです。

さらにFORTRANはその単純さから、プログラムの可読性や修正性においても優れており、現在のプログラミング現場においても有用性を発揮しています。以下では、具体的な使用例やコミュニティの現状などに焦点を当てて解説していきます。

4.1 科学技術計算におけるFORTRANの役割

現代においてもFORTRANは、科学技術分野での高性能計算(HPC)に広く使用されています。精度が要求される数値解析や、膨大な計算処理を必要とするシミュレーションプログラムに対して、そのパフォーマンスは定評があります。

計算物理学をはじめとする理論研究では、複雑な数学モデルを扱うため、FORTRANの提供する豊富な数値計算ライブラリが頼りにされています。また、既に多くのレガシーコードがFORTRANで書かれているため、互換性を保ちながらの発展が可能です。

天文学や気候モデルの作成においても、現在でもFORTRANのコードが積極的に利用されており、新旧の技術が共存し、未来へとつながっているのが見て取れます。

4.2 FORTRANの現代的な利用例

FORTRANは従来の分野だけでなく、金融モデリングや生物統計学など、新しい領域においても採用されています。計算速度の速さと精度を要する業界で、FORTRANは新たな解決策として登場しているのです。

たとえば、大型のデータセットを用いた統計分析では、FORTRANが生み出す高速な結果は、リアルタイムでの意思決定を規定するビジネスシーンで利点となっています。また、計算コストを削減するため、既存のFORTRANコードを再利用する動きも見られます。

さらにはエネルギー分野において、リソースの最適化や環境シミュレーションにFORTRANが使用されるなど、世界の持続可能な発展に貢献している実例もあります。

4.3 FORTRANのコミュニティとサポート

長きにわたって根強い人気を誇るFORTRANは、全世界にわたる献身的なコミュニティに支えられています。ユーザー間での情報交換、新しい機能の提案などが活発に行われており、プログラミングの経験が浅い人でも質問や疑問を投げかけやすい環境が整っています。

各種フォーラムやメーリングリストを通じて、新旧のプログラマーが交流し、知識共有がなされているほか、トラブルシューティングも助け合うことができます。このようなコミュニティの存在が、未だFORTRANを生き長らえさせています。

プログラミング言語として、現代の流行に左右されずに定評のある希少性も、FORTRANのコミュニティが成り立つ一因です。アクティブなユーザーは、プログラムの改善やバグの修正、さらには新規開発に至るまで幅広く貢献しています。

4.4 FORTRANに関する資料とリソース

FORTRANを学びたい新しいプログラマーや、実務での知識を深めたい経験者にとって有用な多くの資料が、書籍やオンラインリソースを通じて提供されています。古典となる教科書から新しいチュートリアルまで、レベルや用途に応じた学習材料が充実しています。

また、Open SourceのFORTRANコンパイラや開発環境もいくつか存在し、これらは無料でアクセスすることができます。GNU Fortran (gfortran) は、特に人気が高く、多くのFORTRANプログラマーに利用されています。

オンラインフォーラムやソーシャルメディアでは、FORTRANに関する最新の情報交換が行われており、グローバルな観点からの最新の動向をつかむことが可能です。このようにして、FORTRANは今日もなお、技術の先駆けとしてその地位を確固たるものとしています。

FORTRANを学ぶためのリソース – 学環境や目標に応じた適切な学習リソースを見つけることが成功への鍵です。以下のガイドでは、FORTRANのロードマップからコミュニティへの参加方法まで、学習を効率的に進めるための情報を提供します。

5. FORTRANを学ぶためのリソース – 学習ガイド

5.1 FORTRAN学習のロードマップ

プログラミング言語FORTRANを習得するには、明確な学習ロードマップが必要です。まず、基本的なプログラムの構造と構文を理解しましょう。それには、変数の宣言、算術演算子、コントロール構造などの基本的な概念が含まれます。

次に、配列やサブルーチンなどの中級レベルの概念を学び、プログラムのモジュール性を高める方法を把握します。この段階では、繰り返し要素や条件分岐にも精通していくことが求められます。

上級レベルに進むと、最適化や並列計算などの高度な技術が登場します。この段階で、FORTRANを使用した科学計算や工学計算のプロジェクトに挑戦して、学んだスキルを実践で磨きましょう。

5.2 初心者向けの学習チュートリアルと教材

FORTRANを学び始める初心者は、基本から段階的に学べるチュートリアルや教材が重要です。簡単なプログラムから始めて、入出力の操作や基本的な計算を行いましょう。インタラクティブな教育プラットフォームを利用すると、実際のコードを書きながらその場でフィードバックを得ることができます。

初心者向けの本や、簡単な例を交えて説明しているウェブサイトも多くあります。これらのリソースを使用して、自分のペースで基礎から学ぶことができます。また、ビデオやオンラインコースも有効な学習手段です。

チュートリアルでは、プログラムのデバッグやエラーの読み解き方も学ぶことが大切です。これらのスキルは、独学で学んでいる際に直面する問題を解決するのに役立ちます。

5.3 FORTRANに関する書籍とオンライン資源

FORTRANのスキルを深めるためには、専門的な書籍の読み込みがおすすめです。歴史あるプログラミング言語であるFORTRANには、豊富な文献が存在します。多くの書籍で基本概念から高度なテクニックまで網羅的に説明されています。

また、オンラインではフォーラムや専門家によるブログ記事、ソースコードのリポジトリなど、多様な資料が無料でまたは低コストで入手できます。これらの資源は、最新のプログラミング環境に合わせて更新されることもあり、時代に左右されないFORTRANの学習に役立ちます。

オンラインで提供されるコースも非常に有益です。初心者から上級者まで対応したプログラムがあり、自分のレベルに応じた学び方を選ぶことができます。

5.4 積極的に参加すべきFORTRANコミュニティ

独学だけではなく、FORTRANのコミュニティに参加することも学習には重要です。ユーザーグループやオンラインフォーラムでは、初心者から熟練したプログラマーまで幅広いレベルのメンバーがアドバイスや情報交換を行っています。

オープンソースプロジェクトに参加することで、実際のコードに貢献したり、他のプログラマーのコードをレビューしたりすることができます。また、定期的に開催されるコンファレンスやミートアップに出席して、最新の知識を得たり、同じ関心を持つ人々とネットワーキングしたりするチャンスもあります。

さらに、教育機関や研究所が主催するワークショップやセミナーに参加することで、より専門的な知識を深めることができます。これらのイベントはしばしば著名なFORTRANの専門家を招いており、一流の知識を直接学ぶ絶好の機会を提供しています。

『FORTRAN入門の次のステップ – 前進するためのアドバイス』では、プログラミング言語FORTRANをより深く理解し、その知識を実践的に使用していく方法について解説します。この記事は、FORTRANの教科書や基本的な知識を学んだ方が、さらなるステップへと進むためのアドバイスを提供します。

6. FORTRAN入門の次のステップ – 前進するためのアドバイス

6.1 実践を通じてFORTRANのスキルアップを図る

FORTRANを学ぶには実践が不可欠です。単に理論や構文を覚えるだけでは、深い理解や効果的な使用法を身につけることはできません。実際の課題を解決しながらFORTRANでプログラムを書くことで、習得したスキルが実戦で如何に役立つかを体感することができます。

始めに、小さなプロジェクトから取り組むことをお勧めします。たとえば、数学的な問題を解くプログラムの作成や、科学的なデータ解析を行う簡単なアプリケーションを開発してみましょう。このプロセスを通じて、FORTRANの基本的な入出力、変数の扱い、ループや条件分岐といった概念が身に付きます。

さらに、コードの最適化やデバッグ技術の向上も重要です。FORTRANは科学計算や高性能計算での使用が多いため、効率良くプログラムを書くことは重要な要件となります。この能力は実践を通じて徐々に獲得されるものであり、エラーを修正するプロセスやパフォーマンス向上のための改善作業が、そのスキルを磨く機会となるでしょう。

6.2 FORTRANのエキスパートになるための戦略

FORTRANのエキスパートになるためには、常に学習し続ける姿勢が求められます。最新の技術動向を追いかけることは言わずもがな、FORTRAN自体の深い理解が不可欠です。専門書を読むだけでなく、実際のソースコードを読み解くことで、経験豊かな開発者の知識やノウハウを吸収していきましょう。

コミュニティへの参加も、非常に有効な戦略です。FORTRANを使用する研究者や開発者と交流を持つことで、さまざまなユースケースを知ることができます。また、問題解決のヒントを得たり、コードのレビューをお願いするなどの協力体制を築く事ができます。

最終的には、自らが知識を共有し、コミュニティに貢献する立場になることも、エキスパートへの近道です。ブログを書いたり、講演やセミナー、ワークショップで発表を行うことで、自分自身の知識を整理する機会にもなりますし、他の人々と知見を共有することでさらなる成長が促されます。

6.3 プロジェクトでFORTRANを活かすヒント

FORTRANをプロジェクトで活かすためには、その特徴をしっかりと理解して利用シーンを選ぶことが大切です。FORTRANは数値計算や科学技術計算に強みを持つ言語であるため、このような領域のプロジェクトにおいて、その能力を最大限に発揮できます。

例えば、物理シミュレーションや気象予測、化学反応の計算といった、数値の精度が要求されるアプリケーションの開発には、FORTRANを選択することが非常に有利です。また、レガシーコードの改修や拡張においても、FORTRANでの作業が必要になるケースがあります。

プロジェクト内でのコードの再利用も鍵となります。過去に書いたルーチンやライブラリを標準化し、新たなプロジェクト内でも使用することで、効率的な開発を進めることができるでしょう。さらに、他言語との連携も考慮に入れることで、FORTRANが持つ機能を異なる環境で活用する道も開けます。

6.4 継続的な学習とアップデートへの適応

テクノロジーの進歩は止まることを知りません。FORTRANも例外ではなく、新しい機能や改良が進んでいます。そのため、継続的な学習はプログラミングスキルを維持する上で欠かせない要素です。

公式のドキュメントやチュートリアル、そしてオンラインフォーラムや学術誌に目を通し、FORTRANに関する最新の情報をキャッチアップすることが大切です。また、バージョンアップデートがあれば、その変更内容を確認し、自身の知識をアップデートすることが重要です。

実務での課題解決だけでなく、個人的な興味に基づく小さなプロジェクトを通して新しい技術やアイデアを試すのも良いでしょう。新しい言語機能の実験やライブラリの利用を試みることで、柔軟な思考を持続させ、より深い理解へと導かれます。

7. まとめ

FORTRANは数値計算に強い歴史あるプログラミング言語です。1957年に誕生し、科学技術計算の分野で長年にわたり活用されてきました。ビジネスの世界でも精度が求められる分野で重宝されます。独特な文法構造を持ち、一度基礎を理解することで他の言語への理解も深まります。データ型や変数定義、算術演算や制御構造等、基本的な概念を押さえれば、モジュールやサブルーチンの効果的な使用方法も学べます。文献やオンラインリソース、コミュニティのサポートや学習チュートリアルを利用することで、初心者からエキスパートへの道を歩むことができます。現代では高性能計算領域においても依然としてその価値を発揮し、新しい技術動向に対応しながら進化しています。

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事4,000円で作成可能です。

このブログは月間30,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると3,000記事を超える実績がございます。(2024年2月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次