IT業界注目!独立系SIerランキングと選び方ガイド

  • URLをコピーしました!

10,000文字でも記事単価5,000円!AIが書くSEO記事で高コスパ集客をしませんか?

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字の記事を貴社向けに無料で1記事執筆)

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

1. 独立系SIerとは

1.1 独立系SIerの定義と特徴

独立系SIerとは、親会社やグループを持たずに独立した状態で営業を行っているシステムインテグレーターのことを指します。独立して活動しているため、企業全体としての自由度が高いのが特徴です。また、多様な業界と取引を行うため、幅広い業界知識と技術力を持っています。

多くのシステムエンジニアが独立系SIerに所属しており、顧客のニーズに合わせた自由な開発が可能であり、その結果、より技術力を持っています。

このように、自由度の高さと技術力の強さが独立系SIerの大きな特徴といえるでしょう。

1.2 独立系SIerの存在価値と需要

独立系SIerの存在価値は、その自由度の高さから来ています。親会社やグループ企業の方針に縛られず、多様なサービスを提供することが可能となっているからです。そのため、顧客企業の具体的なニーズに応じた柔軟な対応が可能となっています。

また、IT業界は日々進化し続けており、常に最新の技術を追求し続ける必要があります。このため、新たな技術を追求し続ける独立系SIerは常に高い需要がある存在となっています。

こうした存在価値と需要から、独立系SIerはIT業界において不可欠な役割を果たしています。

1.3 独立系SIerの選ばれる理由

独立系SIerが選ばれる理由の一つは、その自由度により、顧客の要求に対して最適な解決策を提供できるためです。それぞれの顧客が持つ問題や要求は多種多様であり、独立系SIerはそれらに対して柔軟に対応することが可能です。

また、独立系SIerは自身の技術力を強化するため、最新の技術を取り入れる努力を怠りません。そのため、最新の技術・知識を活用したシステム開発を期待する企業から支持される傾向にあります。

さらに、一部の独立系SIerでは、その独自の強みを活かした独自のサービスを展開することもあります。このような独自性も選ばれる理由の一つとなっています。

1.4 独立系SIerの労働条件

独立系SIerで働く技術者の平均年収は約453万円で、20代の平均は約385万円となっています。また、残業時間は月40〜60時間程度となっており、プロジェクトの納期により増加する傾向にあります。

独立系SIerでは、顧客先に常駐して作業することが多いため、その点を考慮した働き方が求められます。しかし、その反面、様々な現場での経験を積むことができ、技術力の向上につながります。

また、独立系SIerはプロジェクトのスケジュールが厳しくなる傾向にあるため、時間管理能力も求められます。しかし、これはその分、技術力の向上やスキルアップに繋がるため、大きな魅力ともなっています。

2. 独立系SIerランキングとその評価基準

業界を選ぶ際には、年収や売上高といった規模から評価されるランキングも重要な基準の一つです。さまざまな視点から高評価を得ている独立系SIerのランキングとその評価基準について見ていきましょう。

ランキングの作成においては、具体的な評価基準が設けられます。これにより、公正性が確保されるだけでなく、どの企業に魅力があるか一目瞭然になります。

しかし、ランキングの結果を鵜呑みにしてしまうと、自分自身のキャリアに合わない選択をしてしまうリスクもあります。そのため、ランキングだけではなく、自分自身の価値観や目指すキャリアを念頭に置くことも重要となります。

2.1 年収ランキング

まずは年収ランキングから見ていきましょう。年収は個々の生活を支えるための重要な指標です。高年収を提示する企業は、その分、社員のスキルや能力を高く評価しているといえます。

独立系SIerの平均年収ランキングとしては、オービックが年収933万円で首位に輝いており、次いで大塚商会が年収843万円で、ネットワンシステムズが年収825万円となっています。

しかし、あくまでこれは平均年収のランキングであり、個々の年収は業績や経験を含めた多様な要素により異なります。石の上にも3年という言葉がある通り、長期的な視点も忘れずに。

2.2 売上高ランキング

次に売上高ランキングを見てみましょう。売上高は企業の規模や安定性を示す指標になります。高い売上を上げている企業は、業績が好調であることを示します。

売上高ランキングとしては、大塚商会が売上高8,518億円でトップに立っているほか、エクシオグループが5,733億円、TISは4,483億円という結果となっています。

しかし、売上高が高いからといって必ずしも良いとは限りません。経営指標の一つである売上高ですが、利益率や負債の状況など、他の経営指標と一緒に見ることが重要です。

2.3 評価基準について

ランキングの評価基準について深掘りしてみましょう。明確な評価基準は、高評価を得ている要素が何かを明らかにし、自分自身のキャリア選びに役立てることができます。

ランキングは主に金額指標である年収や売上高などを基に作成されます。これらの数字はトップダウンの視点からみた企業の強さを示すものです。

ただ、これらの指標だけで判断すると見落とす部分も出てきます。従業員の満足度やキャリアアップの機会、社風など、企業の内側から見た情報も判断材料に含めるほうが良いでしょう。

2.4 ランキングの信用性

最後にランキングの信用性について考えてみます。ランキングは参考の一つであり、細部にわたる評価のすべてをカバーするものではありません。

ランキングは一定の基準に基づいて作成されますが、それらの基準は必ずしも全ての人に合うわけではありません。自分の価値観やキャリア目標に沿った情報を得るためには、さまざまな角度から情報を収集することが大切です。

また、ランキングはあくまでその時点での情報を反映しており、企業の状況や評価が常に同じであるわけではありません。現場の声やリアルな情報を得るためには、インターンシップや職場体験なども有効な手段となります。

3. 独立系SIerのメリットとデメリット

本章では、独立系SIerのメリットやデメリットについて深掘りしていきます。多様なサービス提供や技術力の向上のメリット、客先常駐や厳しいプロジェクトスケジュールのデメリットなどの様々な角度からお話しします。

3.1 多様なサービス提供のメリット

独立系SIerの最大のメリットの一つに、多様なサービス提供が可能であるという点があります。独立系SIerは親会社やグループ会社の方針に縛られることなく、様々な技術やソリューションを取り入れることが可能なため、顧客のニーズに対して柔軟に応えることができます。

また、これにより多岐にわたる現場経験を積むことが可能となり、工程管理やプロジェクトマネージメントのスキルも同時に身につけられるという点も大きなメリットと言えるでしょう。

新しい技術動向のキャッチアップも容易で、自己成長につながる絶好のフィールドとも言えます。

3.2 技術力の向上のメリット

独立系SIerでは、技術力の向上に大きなメリットがあります。様々な案件を手掛けることで、幅広い経験を得ることができます。これは新たな技術を学び、応用する絶好の機会と言えるでしょう。

また、各企業の要望に対して直接対応する機会が多いため、顧客とのコミュニケーションも重視されます。このスキルも同時に磨くことができます。

質の高い成果を出すためには、自ら主体的に技術情報をキャッチアップし、アップデートしていく必要があります。そのため、独立系SIerは自己啓発に非常に適した環境と言えます。

3.3 客先常駐のデメリット

一方で、独立系SIerのデメリットとしては、客先常駐が多いという点が挙げられます。これはクライアントとの密接なコミュニケーションを必要とする一方で、自社のオフィスでの勤務が少なくなるため、社内コミュニケーションが取りづらくなるというデメリットがあります。

また、自社の文化や社員同士の絆を深める機会が減るという点もデメリットと言えます。

クライアントのオフィスで働くことが多いため、その都度勤務地が変わる可能性もあるため、勤務地の不安定さという問題もあります。

3.4 厳しいプロジェクトスケジュールのデメリット

また、独立系SIerのもう一つのデメリットとしては、厳しいプロジェクトスケジュールが挙げられます。特に大規模な案件の場合、期日を守るためには長い時間を投じ、時には過酷な労働が求められることもあります。

これは一定のプロジェクトを安定して進行させるためには必要な一面でありますが、過重労働につながる可能性もあるため注意が必要です。

プロジェクトのスケジュール管理やリソース配分が求められ、精神的なプレッシャーを感じることもあるでしょう。

これらのメリット・デメリットを理解し、自身の価値観やキャリアビジョンに照らし合わせて、転職先の企業を選ぶことが重要です。

4. おすすめの独立系SIer5社とその特徴

今回は独立系SIerの中でも特におすすめの5社を取り上げ、その特徴についてご紹介します。これらの企業は、平均年収や売上高などの観点から優れた成績を収めています。また、多様な分野でサービスを提供し、技術力の向上にも力を注いでいる点も共通しています。

4.1 大塚商会の特徴

大塚商会は、平均年収843万円と高収入を実現している企業として注目されています。ITソリューションの提供だけでなく、オフィス環境の整備や通信環境の構築など、幅広い事業を展開しています。

その一方で、良好な労働環境も整っており、従業員の満足度が高いことで知られています。

大塚商会のもう一つの特徴は、顧客中心のビジネスモデルです。最適なITソリューションを提供することで、顧客のビジネス成長を支援しています。

4.2 BIPROGYの特徴

BIPROGYは、高い専門性と幅広いサービス提供で知られる企業です。平均年収は821万円と高く、優秀な技術者が多数在籍しています。

しかし、その最大の特徴は、「IT×ビジネス」の領域で新たなビジネスチャンスを創出している点です。BIPROGYのソリューションは、顧客のビジネスをデジタル化することで新たな価値を創造します。

更に、自社の技術力向上にも強く注力しており、最先端のIT技術を駆使して独自のソリューションを生み出しています。

4.3 オービックの特徴

オービックは、会計ソフトのパイオニアとして名高い企業で、その平均年収は933万円と最も高いところに位置しています。これまでに培ったノウハウを活かし、最適なサービスを提供しています。

その主力商品であるオービック7シリーズは、多くの中小企業に利用されており、その利便性と信頼性で高評価を得ています。

また、厳しくもありながらも豊かな研修制度と、幅広いキャリアパスが整っており、従業員がスキルアップできる環境も特徴です。

4.4 TISの特徴

TISは、ITインフラ構築からシステム開発、運用保守まで幅広いサービスを提供しており、平均年収は714万円です。

また、TISはグローバル展開を行っており、そのためのダイバーシティ&インクルージョンの推進も積極的に行っています。

独自の研修プログラム「TIS大学」では、従業員一人ひとりが自身のキャリアをデザインし、自主的にスキルアップを図ることができます。

4.5 ユニアデックスの特徴

ユニアデックスは、情報セキュリティとITインフラが得意な企業で、平均年収は818万円です。

また、働きやすい環境の整備にも力を入れており、育児支援や研修制度など、働き方改革を進めています。

ユニアデックスのサービスは、リモートワークやテレワーキングの普及に貢献し、新たな働き方を可能にするITソリューションを提供しています。

5. 独立系SIerを選ぶポイント

独立系SIerを選ぶ際のポイントは主に4つ: 年収や福利厚生の比較、業績や事業成長性の確認、社風や働きやすさの評価、技術力と教育体制の有無です。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

5.1 年収や福利厚生の比較

まず最初に考慮するべき点は、年収や福利厚生です。企業により、提供される待遇に大きな差があるので、しっかりと比較することが重要です。年収は平均的に400万円~900万円と幅広く、福利厚生も昇給や賞与、保険など様々な形で提供されています。

また、企業間で差が出る項目として、病気やアクシデントに備えた保険設定や、労働時間外の待遇改善が考えられます。自身のライフスタイルや価値観に合った企業を選ぶことがポイントとなります。

福利厚生が充実している企業は、従業員を大切にし、長期的な成長を重視している優良企業とも言えます。詳細については、各社の就職・転職情報サイトで確認することが可能です。

5.2 業績や事業成長性の確認

次に、企業の業績や事業成長性を確認しましょう。ここで評価を行うことで、企業の将来性を見極めることが可能です。利益率や営業利益、売上高などを見ることで、企業の安定した経営基盤や成長性を把握できます。

また、企業の事業戦略や投資計画、ビジョンなどを確認し、自分が参画したいプロジェクトや市場が拡大しているかどうかを確かめることも重要です。

さらに、業績や成長性を左右する要素として、企業の経営陣のビジョンや戦略性、経験やスキル、リーダーシップなども確認することをおすすめします。

5.3 社風や働きやすさの評価

社風や働きやすさは、働く上で非常に重要な要素です。企業文化や働く環境、上司や同僚との人間関係などが良好であれば、仕事に対する満足度やモチベーションが上がります。

具体的には、社員同士のコミュニケーション、仕事の進め方、労働時間、休日、休暇などを確認すると良いでしょう。各企業の働きやすさは、各社のホームページや就職・転職情報サイトで詳しく確認できます。

企業の社風や働きやすさについては、一度現場を見て、直感や感じた雰囲気も大切にすると良いでしょう。ここでの評価が、長期的な働き続ける上での一つの決定要素となるからです。

5.4 技術力と教育体制の有無

独立系SIerとして働くなら、やはり技術力は重要なポイントです。その企業が持っている技術力や、新しい技術を学べる環境があるかどうかを確認しましょう。

また、教育体制も企業選びの大切なポイントです。新人教育や研修制度、スキルアップのためのフォローアップ体制など、自身が技術を習得し、成長できる環境が整っている企業を選びましょう。

特に、早くから高度なスキルを身につけたい、キャリアアップを目指している方にとっては、独立系SIerの技術力と教育体制は一度確認しておくべきポイントとなります。

参考文献

就活の教科書 | 新卒大学生向け就...
【年収/売上】独立系SIer企業ランキング一覧 | 就くメリット,優良企業も   なので、この記事では、独立系SIerについて徹底解説していきます。 合わせて、「独立系SIerの企業ランキング一覧」や「独立系SIerに入社するメリット」についても紹介し...

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次