XMLとHTMLの違い:両者の性質と使い分けを解説

  • URLをコピーしました!

「バクヤスAI SEO対策」でコスパ最強の集客を実現します。

本記事は弊社サービス「バクヤスAI」を活用して執筆しております。サービスに興味のある方は下記より日程調整をお願いします(今なら最大10,000文字記事を貴社のために1記事執筆)

➡︎【資料ダウンロード】新規事業立上げポイントについて

目次

バクヤスAI SEO対策の無料相談はこちらから

1. XMLとHTMLの基本知識

ウェブ開発において、XMLとHTMLは重要な役割を果たすものです。
しかし、それぞれが具体的に何を指し、どのように使い分けるべきなのかを理解するためには、それぞれの基本知識を押さえておく必要があります。

この章では、XMLとHTMLの基本的な理解を深めるため、それぞれの概念について、基本的な構造、そしてそれぞれで使われる一般的な用語について解説します。

これを理解することで、XMLとHTMLの違いが明確になり、それぞれどのような場面で使い分けるべきかが理解できるでしょう。

1.1 XMLとは何か

XML(eXtensible Markup Language)は、データを構造化し交換するためのマークアップ言語です。XMLはタグを用いてデータを階層的に構造化する特徴を持っています。

XMLは人間も機械も理解しやすい形で情報を整理、保存、転送することができます。そのため、データベースからウェブページへのデータの遷移、あるいは異なるシステム間でのデータ交換に適しています。

XMLを使用することで、データの構造を独自に定義することが可能で、その自由度の高さが大きな特徴となっています。

1.2 HTMLとは何か

HTML(Hyper Text Markup Language)はウェブページを作成するためのマークアップ言語です。HTMLでは、ウェブページに表示されるテキストや画像などのコンテンツと、それらの配置を指定します。

HTMLは一般的にはXMLやXHTMLといったマークアップ言語の一種で、その主な目的はウェブブラウザで表示されるウェブページの構造を指定することです。要素(タグ)を使用してマークアップを行い、これによりブラウザはコンテンツを適切に表示することができます。

ウェブページの本文やヘッダー、リンク、画像など、表示したい要素の種類と位置を定義するためにHTMLタグが使用されます。

1.3 XMLとHTMLの基本的な構造

XMLとHTMLの基本的な構造は似ていますが、それぞれの目的と使用方法が異なります。XMLではデータの転送と保存に焦点を当てており、HTMLはウェブページの表示に重点を置いています。

XMLでは、情報を構造化するために少なくとも1つ、またはそれ以上のエレメント(タグ)を備えた親エレメント(root
element)から始まる一貫した構造が必要です。これにより、XML文書はツリー構造を持つことになります。

一方、HTMLでは文書の最も基本的な部分となる<html>タグの中に、<head>タグと<body>タグの2つの主要な部分を含みます。ページ上に表示される主要なコンテンツは大部分が<body>タグ内に配置されます。

1.4 XMLとHTMLで使われる一般的な用語

XMLとHTMLを理解するためには、それぞれで使われる一般的な用語を理解することが重要です。以下にそれぞれの用語を解説します。

XMLでよく使われる用語にはエレメントアトリビュートエンティティなどがあります。エレメントはタグで囲まれた情報のことを指し、アトリビュートはエレメントの特性を表し、エンティティは一部の文字を表します。

HTMLでよく使われる用語にはタグエレメント属性などがあります。タグはエレメントを作成するために使われ、エレメントはウェブページのさまざまな部分を示し、属性は特定のエレメントの追加情報を提供します。

2. XMLとHTMLの明確な違い

XMLとHTML、この2つの技術は近くも遠くもある、と言えるかもしれません。一見すると似たような枠組みをもっていますが、実際にはそれぞれ独特な性質と役割を持っています。それでは、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。下記の項目でその明確な違いを理解していただきましょう。

➡︎【資料ダウンロード】新規事業立上げポイントについて

2.1 構文の違い

まず初めに、構文の違いについて解説します。HTMLは表示を重視したマークアップ言語で、特定のタグは特定の挙動を持つといった具体的な役割が定められています。一方、XMLはデータの構造や意味を記述するためのマークアップ言語で、任意のタグを作ることができます。

そのため、HTMLはブラウザ上での表示を中心に考えられた言語で、「見た目」が重視されます。反対に、XMLは「情報の中身」を重視し、その構造を柔軟に指定できます。

具体的には、HTMLでは<h1>タグは見出しを表し、<a>タグはリンクを表します。しかし、XMLではタグ自体に固定的な意味はありません。そのタグが何を示すのかは、そのXML文書の定義によります。

2.2 データ表現の違い

次に、データ表現の違いについて解説します。HTMLは主にWebページの構造を表すために使われます。しかし、XMLはより広範なデータの表現に対応しています。

XMLで記述されたデータは、そのまま人間が読むことも、機械が解析することも可能です。一方、HTMLは人間がブラウザを通じて情報を取得するためのもので、原則として機械が解析することを目的としていません。

これらの違いから、XMLとHTMLは共にマークアップ言語でありながら、それぞれが持つデータの扱い方、表現方法に大きな違いがあることが見て取れます。

2.3 用途と用途の違い

さらに、用途の違いも明らかです。HTMLはWebページの作成に特化している一方で、XMLはデータの表現・交換を行うためにより広く用いられます。

XMLはデータの輸送と保存を効率的に管理するために、さまざまな場面で利用されます。特にDBからのデータ抽出や、複数のプログラム間でのデータ共有などに便利です。

一方、HTMLはWebページの骨格を形成する役割があります。CSSやJavaScriptを組み合わせることで華やかなデザインやインタラクティブな機能をWebページに導入することができます。

2.4 その他の特徴的な違い

最後に、その他の特徴的な違いについて解説します。例えば、XMLは文書がより厳密に規定され、エラートレラントな特性を有しています。

HTMLでは閉じタグを省略することが許される場合がありますが、XMLでは開始タグと終了タグの組が必ず必要です。また、XMLではタグの入れ子構造が厳密に守られていなければならないため、より厳格な記述が求められます。

こうした特性から、XMLは機械が処理しやすい設計になっていると言えます。一方、HTMLは人間が直接閲覧するWebページを作成するのに適した設計になっています。

3. XMLとHTMLの応用例

さまざまな分野で使用されるXMLとHTMLですが、それぞれに典型的な応用例が存在します。今回は、それらの利用例と二つが共存し、ハーモニーを奏でる場面について具体的に解説します。また、どちらを選択すべきか判断するためのポイントについても考察していきましょう。

3.1 XMLの共通利用例

XML(eXtensible Markup
Language)は、データを構造化し、保存・転送するために用いられます。各種ソフトウェアやシステム間でのデータ交換に多く使われています。たとえば、データベースシステム間でのデータ移行や、Webサービス間でのAPI通信などで活用されています。

また、XMLは自己記述的な性質を持っているため、データそのものが何を意味するのか情報を内包することが可能です。これが他のプログラムや人間がデータを理解する手助けとなります。

さらに、XMLは設定ファイルの作成にもよく用いられます。人間が読み書きでき、プログラムからも容易に読み込みが可能なためです。

3.2 HTMLの主な利用例

HTML(Hyper Text Markup
Language)の最も一般的な利用例は、もちろんWebページの作成です。Webページの基本的な構造を作り、テキストや画像などのコンテンツを埋め込んだり、リンクを作成するために使用されます。

加えて、フォームの作成にもHTMLが利用されます。ユーザーからの入力を受け付け、その情報をサーバーに送信する際に不可欠です。

その他、HTMLはメールの本文作成など、Web以外の領域でも利用されます。

➡︎【資料ダウンロード】新規事業立上げポイントについて

3.3 XMLとHTMLの共存場面

XMLとHTMLが頻繁に共存する場面は、Web技術の領域です。Webページのコンテンツを動的に生成するためにHTMLと併せてXMLを活用します。XMLがデータを提供し、HTMLがそのデータをもとにページを構築します。

また、Ajaxという技術においてもXMLとHTMLが共存します。Ajaxとは、ページをリロードせずにサーバーとデータのやり取りを行う技術です。

もちろんXMLとHTMLが共存する領域はこれらだけに限りません。必要に応じて適切に使い分けられます。

3.4 XMLとHTMLを適切に選択するポイント

XMLとHTMLの適切な選択をするためのポイントは、それぞれの特性目的を理解することです。

例えば、ウェブページを作成し、情報を視覚化する目的であればHTMLを選びます。一方で、システム間でのデータ交換を行いたい場合、読みやすさと自己記述性が求められるので、XMLが適しています。

状況に応じて、適切なマークアップ言語を選択することが大切です。目的を明確にし、XMLとHTMLの特性と使用場面を理解することで、正確な選択が可能となります。

4. XMLとHTMLの操作方法

これからは、XMLとHTMLの基本的な書き方と操作方法を解説します。インターネットの世界でどちらも不可欠な存在である、それぞれの特性を理解しながら、適切な使い方を身につけていきましょう。

4.1 XMLの基本的な書き方とルール

XMLは、データを以前よりも効率的に届けるように設計されたマークアップ言語です。XMLは自己記述的で、そのタグは自動的に作成されます。
タグが自分で作成できるため、具体的な情報内容を正確に説明することが可能です。

しかし、その一方でXMLは正確さを要求する言語でもあります。XMLでは、全ての開始タグには終了タグが必要であり、大文字と小文字は区別されます。また、文書がよく設計されていることを確認するために、特定の文法を使用する必要があります。

また、XML文書は根要素(ルートエレメント)を持つ必要があります。これは、すべてのタグが閉じられ、全て一つのタグ(根要素)に含まれることを意味します。これらのルールに従うことで、データの交換が円滑になり、タグの意味を正しく理解することができます。

4.2 HTMLの基本的な作成法

一方、HTMLは主にウェブページの作成に使用される言語です。基本的なHTML文書は、ヘッドとボディから成り立っており、それぞれには特定の情報が含まれます。

HTMLは特定の場所にタグを配置することで、テキストを強調したり、画像を追加したり、リンクを作成したりします。HTMLは視覚的な表示が重視され、そのレイアウトやデザインに一役買っています。

HTMLで重要なのは、よく使われるいくつかのタグ(見出し、段落、画像等)を理解し、それらをどのように使うかを学ぶことです。そして、いずれのタグも開始タグと終了タグで囲まれた範囲に適用されます。

4.3 XMLからHTMLへの変換

XMLからHTMLへの変換は、Webで情報を効果的に表示するために行われます。なぜなら、XMLはインターネット上での情報の保存と構造化に適している一方で、HTMLは情報の表示とフォーマットに優れているからです。

これは、XMLドキュメント自体をHTMLに変換するか、あるいはXMLデータをHTMLページ内に動的にレンダリングする技術、例えばXSLTを使用します。XSLTは、XMLデータをHTMLに変換したり、任意の文書フォーマットに変換するための強力なツールです。

XMLからHTMLへの変換は、特定のXMLデータが必要に応じて異なるHTML形式で表示される可能性があるため、情報のカスタマイズと再利用に非常に役立ちます。

4.4 HTMLからXMLへの変換

一方、HTMLからXMLへの変換も可能です。この場合は、HTMLのコンテンツをXMLに変換し、データとして操作することが可能となります。

この変換にはHTMLパーサと呼ばれるツールが使用され、HTMLドキュメントを解析し、それをXMLドキュメントの形式に書き換えます。このXMLは後で他のアプリケーションで使用される可能性があります。

HTMLからXMLへの変換は、HTMLファイル内のデータを抽出して他の目的のために最適化するための手段として広く利用されています。これにより、同じデータを異なるプラットフォーム間で継続的に共有・再利用することが可能となります。

5. XMLとHTMLの将来性

現代のウェブ開発において、XMLとHTMLはそれぞれ重要な役割を果たしております。しかし、それぞれが進化し続ける中で、両者の関係性や将来性についても広く議論されています。以下にその詳細を解説します。

それぞれの歴史と開発、そして今後の可能性をこれから深く掘り下げて参ります。

ウェブ開発者はその進化やトレンドを洞察し、最善の選択を行うための知識を持つことが求められます。

➡︎【資料ダウンロード】新規事業立上げポイントについて

5.1 XMLのトレンド

XMLは元々、データの構造化に重点を置いて設計されました。特にAPIの連携においてその力を発揮し、現在もその必要性は変わっておりません。

最近では、JSONとの競争が注目されています。しかし、XMLはその特徴である厳密性と汎用性を活かし、特定の場面で依然として求められます。

そのため、いくつかの業界や特定のプロジェクトでは、XMLが絶えず利用され続けているのです。

5.2 HTMLの進化

一方、HTMLもまた進化を続けています。最新のHTML5は、マルチメディアを特に強化し、革新的なウェブ開発を可能にしました。

加えて、革新的なセマンティック要素やAPIが導入され、ウェブ開発者はより効率的なコーディングを行うことができます。

その結果、開発者は優れたユーザーエクスペリエンスの提供により集中することが可能となり、ブラウザ間の互換性も飛躍的に改善されました。

5.3 XMLとHTMLの並存に対する業界の見解

XMLとHTMLの並存については、業界によって様々な意見があります。一部の開発者からすると、XMLとHTMLは異なる目的を持ち、特定のシチュエーションに最適化されたツールといえます。

一方で、XMLとHTMLが同時に使用されるケースも現実には存在します。これはデータの構造化と表現力という、各々の強みを組み合わせた結果です。

最終的にはシチュエーションにより適応し、必要なツールを使用することが最善というのが一般的な見解となります。

5.4 XMLとHTMLの今後の課題と展望

XMLとHTMLは既に長い歴史を持つ技術ですが、まだまだ進化と改良の余地はあります。リアルタイム通信、アクセシビリティ、パフォーマンス等、今後のウェブ開発に欠かせない要素に対応するための新たなスタンダードを作り出すことが求められます。

また、機械学習やAIの発展により、XMLやHTMLの解釈と使用方法にも大きな影響が出ています。これにより、これらの技術の進化がさらに加速する可能性があります。

最後に、両者の明確な区別と役割分担がブラウザ、ユーザーエクスペリエンス、開発者の生産性を向上させ、インターネットの未来を形成する重要な鍵となります。

この記事は弊社サービス「バクヤスAI記事代行」で作成しました。

バクヤスAI記事代行では、AIを活用してSEO記事を1記事最大10,000文字を5,000円で作成可能です。

このブログは月間50,000PV以上を獲得しており、他社事例を含めると10,000記事を超える実績がございます。(2024年4月現在)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次